« 小1女児切り付け容疑 横浜の37歳女逮捕 (4日)産経 | トップページ | 長谷寺と岡寺に油まかれる 文化財保護法違反で捜査(4日)共同 »

2015年4月 4日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(4、5日単位レベル)
ひったくりが減少
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010691_2 知人から借りたバイクでひったくりを繰り返していた28歳の男が警視庁に逮捕された。広域ひったくりの検挙もあってひったくりは減少傾向にある。
 警視庁はこのほど東京・歌舞伎町の路上で38歳の女性から現金7万円が入ったバッグをひったくった容疑で28歳の男を逮捕した。この男が犯行に使用していたバイクは2人の知人から借りたものだった。
 ひったくりと言えば、土地鑑があり、広い道で逃走しやすい場所が多いと見られていたが、この男は、新宿や渋谷の繁華街で犯行を繰り返していた。同地域では57件のひったくり事犯が発生しており、警視庁は防犯カメラの映像などからこの男の犯行と見ている。
 設置数が多い繁華街の防犯カメラに墓穴を掘ったことになるが、今や防犯カメラは犯罪抑止だけでなく検挙効果は大きい。
 警察庁によると今年2月までの全国のひったくりは749件で前年同期に比べて330件も減少した。発生が多いのは大阪や東京近郊の都県。今回もワースト1は大阪の192件。以下東京の112件、神奈川の66件、兵庫の60件、千葉の58件とつづく。
 しかし、中には埼玉のように前年同期より96件も減らし、神奈川も92件も減らしている。検挙率も岩手の200%など宮城や神奈川など100%代で3県もある。やはり、こうした街頭犯罪を減らしてこそ、安全安心の信頼が得られるものだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 小1女児切り付け容疑 横浜の37歳女逮捕 (4日)産経 | トップページ | 長谷寺と岡寺に油まかれる 文化財保護法違反で捜査(4日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小1女児切り付け容疑 横浜の37歳女逮捕 (4日)産経 | トップページ | 長谷寺と岡寺に油まかれる 文化財保護法違反で捜査(4日)共同 »