« 携帯GPS、捜査に活用 本人通知せず居場所特定(18日)産経 | トップページ | 中国人中傷の落書き、日中住民で友好に塗り替え 大学生が対策提案(18日)共同 »

2015年4月18日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日単位・レベル)
名は体を表す
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010707 今年2月までの被害が既に57億円を突破した振り込め詐欺-なにか妙案はないものかと官民あげて被害防止に取り組んでいる。
 先日、新聞社の警視庁キャップと話しをしていたら、「振り込め詐欺という言葉がインパクトになって、受け取りに行くと言われたり、呼び出されて手渡しするのに馴染まなくなっている。『振り込めって言われなかったので…』と被害に遭ってから述懐するお年寄りが多い」と言うのだ。そのために「にせ電話詐欺」と呼称しているマスコミさえあるという。
 確かに、「振り込め」だけでなく「受け取りに行く」「●●駅まで持って来い」と騙す手口も全ては電話によるもの。だから「にせ電話詐欺」の呼称が効果があるというのは納得できる。
 鹿児島県警は「うそ電話詐欺」として諸対策に乗り出したという。「うそ電話詐欺」の被害を防ごうと、全国の犯人グループから押収した名簿に住所や電話番号が記されていた県内の約5000人に注意喚起のはがきを送付するというのだ。
 その意味では警察庁の言う「特殊詐欺」や警視庁が使っている「母さん助けて詐欺」などは馴染まないのかも知れない。
 今、多くの自治体が知恵を絞っているのが防災行政無線の活用だ。北海道厚岸町では 各家庭に防災行政無線の放送を聞くための受信機が付けられ、災害時の緊急放送ばかりでなく普段は町のお知らせをしたりするというのだ。
 新潟県村上市でも各家庭に戸別受信機を設置しているほか、大分県国東市や岐阜県川辺町でも各家庭には屋内個別受信機を設置しているなど全国的な広がりを見せている。
 かつて警視庁管内の某署で1カ月の振り込め詐欺の被害額が16億円になった際に、防災無線で注意を呼びかけたことがあった。結果は住民の「うるさい」という苦情で使えなくなつた。こんなのはエゴイスティック以外に何ものでもない。
 それにしても問題なのは防災無線だ。昨年のゲリラ豪雨の時に何も聞こえなかった。スピーカー付近の住民は恩恵に授かるが、離れた住民はどうでも良い-それが日本国の首都・東京の政治なのか?
 そう言う意味では、特にお年寄りの家庭に応答式の無線受信機があれば、孤独死も振り込め詐欺も防げるだろう。行政というのはパブリックサーバントだ。65歳以上のお年寄りが14歳以下の若者の倍になったという高齢化社会。時代に合った住民の立場になって仕事をしてほしい。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 携帯GPS、捜査に活用 本人通知せず居場所特定(18日)産経 | トップページ | 中国人中傷の落書き、日中住民で友好に塗り替え 大学生が対策提案(18日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯GPS、捜査に活用 本人通知せず居場所特定(18日)産経 | トップページ | 中国人中傷の落書き、日中住民で友好に塗り替え 大学生が対策提案(18日)共同 »