« はさみ突きつけ「お前なんか殺せる」 大学生を脅した容疑で組員を逮捕(16日)産経 | トップページ | 文化財は削れぬ…二条城のシミ、成分特定できず(16日)読売 »

2015年4月16日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日単位・レベル)
クロスボウに規制の網をかけろ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010765_21337年から始まった英仏戦争で、イギリス軍が使用してフランス軍を破ったと言い伝えられている武器はクロスボウと言われる弓の一種だった。
 そのクロスボウが15日未明、茨城県取手市で、犯罪に使われた。
 自転車で帰宅途中の男性が右足を撃たれケガをしたもので、目撃情報などから別の傷害事件で同市内の36歳の男が警察に逮捕された。自宅を捜索したところ、クロスボウと事件に使用されたものと同じ赤色で長さなど特徴が似た矢が6本も見つかったという。
 剣道やフェンシング、弓道などと同じようにクロスボウの世界大会もあるなど「スポーツの競技用品」。それを犯罪に使うのはクロスボウの問題ではなく、人間に問題があるという意見もある。
 ちょっと待て!今、日本では、刃渡り8㌢以上のハサミやくだものナイフなどを所持して歩けば銃砲刀剣類所持等取締法で逮捕される。極端な話しになるが、刃渡り10㌢の折りたたみナイフやくだものナイフとクロスボウを比べてどちらが怖い?ヨーロッパでは戦争に使われたクロスボウが怖いのは当たり前だ。
 それがなんの制限なく入手・所持できるとすれば問題だ。インターネットでは18歳以上なら誰でも買える。使い方によっては殺人も可能な凶器がだ。
 人の命を奪っても報道のカメラに向かってガッツポーズをするような人間がいる社会。「使用する人間の問題だ」なんて呑気な事を言っている状況ではない。平和ボケも甚だしい。即刻、購入には本人確認など厳しい網をかけるべきである。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 写真は皇居外苑で16日撮影

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« はさみ突きつけ「お前なんか殺せる」 大学生を脅した容疑で組員を逮捕(16日)産経 | トップページ | 文化財は削れぬ…二条城のシミ、成分特定できず(16日)読売 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はさみ突きつけ「お前なんか殺せる」 大学生を脅した容疑で組員を逮捕(16日)産経 | トップページ | 文化財は削れぬ…二条城のシミ、成分特定できず(16日)読売 »