« 2015年4月13日 | トップページ | 2015年4月15日 »

2015年4月14日

2015年4月14日 (火)

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】「誓約書を出してもらえないか」 一本の電話が流れを変えた 司法関係者“対話”の成立は評価(14日)産経

【ソウル=藤本欣也】産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置の解除に向けて、動きがあったのは13日午前。ソウル中央地検側から弁護人に電話がかかってきた。「公判への出廷を誓約する文書を産経新聞社と加藤氏から出してもらえないか-」。
 同日、地検では、15日に期限を迎える加藤前支局長の出国禁止措置に関し、法務省に延長を要請するか否かを決める会議が行われることになっていた。
 そして14日午前10時、地検側から弁護人に「解除」の連絡が入った。
 次回公判は20日に行われる予定。「朴(パク)槿恵(クネ)大統領と元側近の男性が会っていたという噂」は虚偽との司法判断が下され、今後は加藤前支局長のコラムは公益目的で書かれたのかが争点となる。司法関係者は「一連の問題で初めて“対話”が成立したのは評価できる」との見方を示している。

関連ニュース

【本紙前ソウル支局長出国禁止解除】加藤前支局長が羽田空港に到着写真あり

| コメント (0)

着陸で滑走路外れ乗客23人軽傷 広島空港でアシアナ機(14日)共同

14日午後8時すぎ、広島県三原市の広島空港で、ソウル発のアシアナ航空162便エアバスA320が着陸直後に滑走路から外れて停止した。乗客乗員は全員、脱出シューターを使って機外に出た。三原市消防本部によると乗客23人が負傷したが、いずれも軽傷とみられる。広島県警によると乗客は74人で、うち50人が韓国人。24人は日本人などとみられる。
 国土交通省によると、アシアナ機は空港の東側から着陸し、滑走路の進行方向左側にそれて停止した。
 東側の滑走路端から約300メートル離れた場所にある高さ約6・4メートルの無線設備が損傷。アシアナ機は機体左側主翼などが損傷した。

2010_0123_11120247newslogo1_4http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041401002191.html

| コメント (0)

広島空港 旅客機が滑走路それて停止 乗客3人けが(14日)NHK

広島空港事務所に入った連絡によりますと、14日夜8時すぎアシアナ航空の航空機が着陸した際、航空機が滑走路をそれて停止したということです。
消防によりますと乗客3人がけがをしているということです。
3人はいずれも意識はあるということです。航空機はアシアナ航空162便で韓国のインチョン空港を出発して午後8時に広島空港に到着する予定だったということです。
空港事務所によりますと、この影響で滑走路は午後8時20分ごろから閉鎖されているということです。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150414/k10010048381000.html

| コメント (0)

産経新聞前ソウル支局長 羽田空港に到着(14日)NHK

韓国政府が、パク・クネ(朴槿恵)大統領の名誉を傷つけたとして裁判が進められている産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の出国を禁止する措置をきょう解除したことを受け、前支局長は14日夕方、韓国を出国し先ほど羽田空港に到着しました。
産経新聞の加藤前ソウル支局長は、自社のウェブサイトに掲載したコラムで、去年4月に起きた旅客船沈没事故の当日、パク・クネ大統領が一時、所在不明になっていたと伝えた韓国紙を引用するとともに、大統領が元秘書の男性と一緒にいた可能性を示唆して、大統領の名誉を毀損した罪に問われています。
加藤前支局長は去年8月から韓国政府によって出国禁止の措置を受けており、東京本社への異動が発令されたあとも帰国できない状態が続いていましたが、14日、ソウル中央地方検察庁が出国禁止措置の解除を決めたことを受けて、前支局長は14日夕方、ソウル近郊のキンポ空港を出発し、羽田空港に到着しました。
加藤前支局長への出国禁止措置はこれまで8回にわたって延長され、日本政府が重ねて懸念を示していたほか、先週には韓国に駐在する外国人記者で作る団体もパク大統領に書簡を送って憂慮を表明していました。
加藤前支局長は羽田空港で各社の取材に応じ、「ほっとした気持ちです。
自分の身を案じてくれた人たちに感謝しています」と述べました。
また、今後も裁判が続くことについては、「これからの闘いも頑張らなければいけないと思っています」と話していました。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150414/k10010048311000.html

| コメント (0)

寺社の被害、液体2種以上…模倣犯いる可能性(14日)読売

各地の寺社などで油のような液体がかけられた跡が相次いで見つかっている事件で、奈良県内で被害が確認された19寺社では、少なくとも2種類以上の液体が使われていたことが、奈良県警の捜査関係者への取材でわかった。
 県警は、模倣犯がいる可能性もあるとみて調べている。

 県警は、採取した液体の成分を分析し、長谷寺(桜井市)や当麻寺

(葛城市)など7寺社について「液体は同種とみられる」と10日に発表。同一犯の可能性が高いとしていたが、11日に被害が確認された春日大社と唐招提寺(いずれも奈良市)の液体を分析したところ、7寺社のものと異なる成分が検出されたという。

2015年04月14日 14時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

北海道・高校立てこもり:18歳少年を傷害容疑などで逮捕(14日)毎日

北海道日高地方で2月、当時高校3年だった少年(18)=無職=が教室で同級生を金づちで殴り、包丁を持って立てこもった事件で、道警浦河署は14日、この少年を傷害と銃刀法違反(所持)の疑いなどで逮捕した。
 容疑は2月27日午後0時40分〜同2時40分、校舎2階の教室で同級生(18)の頭を金づちで殴打して軽傷を負わせ教室の窓ガラスを割るなどし、その際、文化包丁(刃渡り約18センチ)など刃物2本を所持したとしている。
 道警によると、少年は1人で教室に立てこもったが、浦河署員らの説得に応じて身柄を確保された。「間違いない」と容疑を認めているという。【酒井祥宏】http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040079000c.html

Logo_mainichi_s1_2

| コメント (0)

「気分が高まって」卑わいな落書き、男逮捕(14日)日本テレビ

埼玉・久喜市で、車に相次いで卑わいな絵などが落書きされた事件で、警察は、46歳の男を逮捕した。
 この事件は、今月3日、久喜市吉羽の住宅街で、付近にとまっていた車23台がとがったもので傷つけられ、卑わいな絵などが描かれていたもの。このうち1件の落書きについて警察は、別の公然わいせつ事件で逮捕していた無職の秋庭輝夫容疑者(46)が関与したとして、器物損壊の疑いで再逮捕した。
 秋庭容疑者は調べに対し、「気分が高まってしまった」と容疑を認めており、警察は、他の落書きについても秋庭容疑者の犯行とみて捜査している。

2010_0318_173406banner011_4http://www.news24.jp/articles/2015/04/14/07272974.html

| コメント (0)

19万円入りバッグ奪って逃走→妹追跡30km→逮捕(14日)テレビ朝日

パチンコ店から出てきた女性から19万円が入ったバッグを奪いました。
 NHKの受信料回収会社の契約社員・三浦情容疑者(22)は13日深夜、東京・瑞穂町のパチンコ店の駐車場で、51歳の女性に車で後ろから近付き、バッグを奪ってけがをさせた疑いが持たれています。閉店間際に店を出てきた女性のバッグには19万円が入っていました。一方で、三浦容疑者も直前まで2時間にわたってパチンコをしていましたが、「金が欲しくてやった」と供述しています。車で逃げた三浦容疑者を被害者の妹が車で追い掛け、現場から約30km先で駆け付けた警察官が逮捕しました。

2009_1229_211958annlogo1_5http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048416.html

| コメント (0)

医療観察中に覚せい剤=譲り受け容疑、男逮捕-近畿厚生局(14日)時事

過去の重大事件で心神喪失を理由に不起訴となり、心神喪失者等医療観察法に基づき入院している間に、覚せい剤を譲り受けたとして、近畿厚生局麻薬取締部が覚せい剤取締法違反容疑で、無職畑中俊人容疑者(36)を逮捕したことが14日、同部への取材で分かった。同部は譲り渡した疑いで、知人の無職吉田歩容疑者(35)=兵庫県伊丹市=も逮捕。いずれも既に起訴されている。
 逮捕容疑によると、畑中容疑者は3月3日、奈良県大和郡山市の国立病院機構「やまと精神医療センター」に入院中、吉田容疑者から覚せい剤約0.95グラムを3万5000円で譲り受けた疑い。(2015/04/14-18:21)

2015/04/14-18:21

| コメント (0)

尼崎脱線事故 「組織罰」創設すべき6割 本紙アンケート (14日)共同

乗客106人が亡くなった尼崎JR脱線事故から25日で10年になるのを前に、神戸新聞社は事故の遺族にアンケートを実施した。家族を失った悲しみは深く、4割弱が事故直後と気持ちは変わっていないと回答。また、重大な事故を起こした企業や法人の刑事責任を問う「組織罰」について尋ねると、「創設すべき」が6割弱に上った。
 アンケートは事故1年後からほぼ毎年実施しており、今回は遺族44人から回答を得た。
 これまでJR西日本の歴代社長4人が業務上過失致死傷罪に問われてきたが、3度無罪判決が続いている。遺族の間には「多くの犠牲者を出した重大な事故なのに、だれも刑事責任を問われないのか」といった憤りが広がり、現行法にない組織罰に関心が集まっている。
 アンケートで組織罰の必要性を問うたところ、「創設すべき」が最も多く、「必要ない」は44人中1人だけ。「分からない」が3割強だった。
 創設を望む理由は「安全徹底、再発防止につなげるため」の意見が大半。「加害者が、企業という理由で刑事罰を受けないのは納得がいかない」との声もあった。
 また、今の気持ちを尋ねると、「区切りがついた」「前向きな気持ちになれた」「少し落ち着いた」といった肯定的な意見は5割強に達したが、事故のショックで「精神科医の治療やカウンセリングを受けている」と答えた人も2割強いた。(宮本万里子)

2010_0123_11120247newslogo1_3
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201504/0007917786.shtml

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
長谷川平蔵だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010732 前日に続いて刑法犯認知件数。都道府県別ではワースト1は東京の3万3948件。以下、大阪の3万1516件、愛知の1万8358件、埼玉の1万6427件、千葉の1万4284件と続いた。
 全国の認知件数が2万件も減少したが増加した県は山梨の112件を筆頭に埼玉の84件、富山の80件、群馬の77件、高知の52件の順。
 例によって人口1000人当たりの犯罪発生率の格付けランキング(都道府県格付研究所)では平成23年の数字になるがワースト1は大阪の17.51件。以下、愛知の16.05件、福岡の14.48件、京都の14.34件、東京の14.17件の順となっている。最も低い47位は秋田の4.08件だった。
 ちなみに、窃盗犯の発生率では大阪が13.66件、愛知が12.30件、福岡が11.37件、京都の10.94件と続き、全刑法犯5位の東京は6位で10.58件だった。
 このランキングを見るとやはり人口ではなく、窃盗犯の認知件数が全刑法犯認知件数に大きな影響を与えていることが伺える。日本古来の盗賊は、いつの世にもはびこるものである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

警察官希望者UP… ふなっしーに千葉県警が感謝状(14日)テレビ朝日

000048393_6401警察官の採用試験を大いにアピールしたとして、千葉県警が「ふなっしー」に感謝状を贈りました。
 ふなっしーは去年4月、千葉県警の警察官採用試験をアピールする特別リクルーターとして様々なイベントに参加してきました。ふなっしーは千葉県船橋市の非公認キャラクターで、無償で活動を続けています。
 ふなっしー:「地域を守る警察の皆さんにご協力できて、うれしく思ってるなっしー。警察になりたいという方が増えて、千葉がより良い町になっていくことを望むなっしー」
 去年の千葉県警の警察官採用試験の倍率は5.6倍で、前の年に比べて0.3ポイント上昇しています。千葉県警は「ふなっしーの力を借りて優秀な人材を採用したい」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048393.html

| コメント (0)

警視庁の過失、二審も認定 テロ情報流出、賠償命令(14日)共同

 警視庁の国際テロ捜査に関する文書がインターネット上に流出し、プライバシーを侵害されたとして、イスラム教徒の男女17人が、東京都と国に計1億8700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京高裁は14日、一審東京地裁判決と同様、都に計9020万円の支払いを命じた。
 高野伸裁判長は「警視庁の職員によってデータが持ち出されたと考えられ、警視庁には情報管理を怠った過失がある。原告に与えたプライバシー侵害や名誉毀損の程度は甚大だ」と指摘した。
 原告側は「信教の自由を侵害」と情報収集の捜査自体が違法と主張したが、判決は「テロ防止のためやむを得なかった」と判断した。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041401001662.html

| コメント (0)

不正ネット送金事件、国内サーバー悪用か 韓国で被害(14日)朝日

インターネットバンキングの不正送金事件で、警視庁が押収した「プロキシ(代理)」と呼ばれる国内の中継サーバーから、韓国のネットバンキング利用者約300人のIDとパスワードが見つかった。捜査関係者への取材でわかった。サーバーは中国から利用されていたといい、警視庁は3月、韓国の捜査当局にこれらの情報を提供した。
 捜査関係者によると、中継サーバーは、警視庁が昨年11月に不正アクセス禁止法違反などの疑いで摘発した東京都内のサーバー管理会社にあった。約300人は韓国の銀行など九つの金融機関の利用者だった。
 これらの金融機関を装って利用者にIDやパスワードを入力させて盗み取るように仕組まれた偽サイトのデータもサーバーに残されていた。接続記録から、中国のグループが関与していた可能性が高いという。
 こうした中継サーバーを経由してネットに接続すると、発信者が素性を隠すことができる。警視庁は接続記録から、このサーバー管理会社など2社の中継サーバーを通じて、国内の金融機関のネットバンキングの口座から少なくとも4億5千万円が犯人側の口座に不正に送金されたとみている。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASH4F65HKH4FUTIL030.html

| コメント (0)

北海道警:マタニティー制服導入 女性採用促進狙い(14日)毎日

妊娠中も働く女性警察官の要望に応えようと、北海道警は「マタニティー制服」を導入した。男性社会の警察組織で女性が働きやすい環境を作り、女性の採用を促進するのが狙い。職員からは、腹部が締め付けられず業務を続けられると好評だ。
 道警装備課によると、マタニティー用は腹部を覆えるように通常より丈が長いベストと腹部を締め付けないように股上を浅くし、ジャージー素材を採用したズボンのセット。基本的な素材や色合いは通常の制服と変わらず、夏・冬・合服の3種類各3サイズを用意した。この制服を着る小池章子巡査部長(30)は「おなかが楽の一言に尽きる」と語る。
 警察官の制服は全て貸与制で、以前は妊娠するとサイズ変更して対応してきた。2010年に双子を出産した伊藤友美巡査部長(40)は「腹囲は最大で100センチを超え、同じ警察官で体格のよい夫の制服を借りた」。周囲からは妊婦用の私服勤務を勧められたが、「毅然(きぜん)とした対応をするためにも、制服を着る必要があった」と振り返る。
 道警によると、マタニティー制服の導入は警視庁に続いて全国2例目。道警の女性警察官は全職員約1万500人のうち8.2%(2014年4月現在)で、22年までに10%を目標に採用活動を展開している。13年には女性職員のプロジェクトチームも設立し、女性用に軽量化した耐刃防護服などが生まれた。道警警務部は「女性の新規採用を増やすとともに、現在働く女性職員が働き続けることができる職場作りを目指したい」と話している。【三股智子】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150414k0000e040156000c.html

| コメント (0)

刺殺女性とトラブル?焼身自殺図る 堺市(14日)日本テレビ

大阪府堺市の民家で13日、女性が刺され死亡した事件で14日朝、現場近くで男性が焼身自殺を図ったことがわかった。一命を取り留めた男性は女性との間にトラブルがあったと話していて、警察が関連を調べている。  13日午後6時40分ごろ、堺市東区の民家で木村千寿子さん(89)が何者かに刺され倒れているのが見つかり、その後死亡した。木村さんの首や胸には十数か所の刺し傷があったということで、警察は、犯人が強い殺意をもって犯行に及んだとみて殺人事件として捜査している。また、14日午前5時半ごろ、現場近くの家のそばで80代くらいの男性が焼身自殺を図っているのを警戒中の警察官が発見した。男性は病院に搬送され命に別条はないという。  男性は「木村さんとトラブルになっていた」と話しているということで、警察は男性の回復を待って、殺人事件への関与についても詳しく調べる方針。

2010_0318_173406banner011_3
http://www.news24.jp/articles/2015/04/14/07272941.html

| コメント (0)

住宅に強盗 金庫奪う 男性大けが(14日)NHK 茨城

14日未明、茨城県阿見町の住宅に複数の男が押し入り、この家に住む男性を殴って大けがをさせたうえ、現金およそ10万円などが入った金庫を奪って逃げ、警察は強盗傷害事件として逃げた男たちの行方を捜査しています。
14日午前2時半ごろ、阿見町住吉の住宅に複数の男が押し入りました。男らは、寝室で寝ていた75歳の不動産業の男性と73歳の妻の手足や口を粘着テープで縛り、現金およそ10万円や土地の権利証などが入った小型の金庫合わせて4個を奪って逃げました。この際、男性は押し入ってきた男に殴られ、顔の骨を折る大けがをしましたが、自分で粘着テープを外して警察に通報したということです。男性の妻にけがはありませんでした。
警察によりますと、押し入った男は少なくとも2人で、このうちの1人は身長が1メートル70センチから80センチくらいのがっちりとした体型で、黒っぽい服装に目出し帽をかぶっていたということです。警察では強盗傷害事件として逃げた男たちの行方を捜査しています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150414/k10010047641000.html

| コメント (0)

【本紙前ソウル支局長公判】韓国政府、加藤前支局長の出国禁止措置を解除 8カ月ぶり(14日)産経

Wor1504140017n11【ソウル=藤本欣也】韓国政府は14日、朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対する出国禁止措置を同日付で解除した。ソウル中央地検から弁護士に連絡が入った。出国禁止措置は昨年8月から8カ月間続いていた。
 出国禁止措置は、これまで8回延長され、現在の禁止措置の期限を迎える15日を前に、ソウル中央地検は13日、さらなる延長措置を法務省に要請しないことを決めた。
 加藤前支局長の出国禁止措置に対しては、国際社会から人道的問題として批判が出ていた。また、産経新聞社は今月7日付の朝刊に、起訴の取り下げと出国禁止の解除を求める小林毅東京編集局長のコメントを掲載。加藤前支局長の公判への出廷を産経新聞社が保証するとしていた。
 韓国に拠点を置く外国メディアで構成する「ソウル外信記者クラブ」も9日、朴大統領あての書簡を大統領府に送り、加藤前支局長の出国禁止措置が長期化している状況に憂慮を表明。期限の15日を前に、ソウル中央地検がさらなる延長措置を黄教安(ファン・ギョアン)法相に要請するか否か注目されていた。
 次回公判は20日に行われる予定。http://www.sankei.com/world/news/150414/wor1504140017-n1.html

| コメント (0)

「方向音痴なので」忍び込む家、携帯ナビで確認(14日)読売

民家に忍び込んで、現金を盗むなどしたとして、兵庫県警捜査3課と網干署は13日、住所不定、無職堂薗正被告(54)(公判中)を窃盗容疑などで逮捕、送検したと発表した。
 堂薗被告は昨年11月までの約2年間に、同様の手口で計53件(被害総額約446万円)の盗みに関与したと供述。地図を表示できる携帯端末「ポータブルナビ」を悪用して現場へのルートを確認していたといい、「方向音痴なので欠かせなかった」と話しているという。
 発表では、堂薗被告は昨年9月、姫路市網干区の会社員宅に窓から侵入し、現金約9500円などを盗んだ疑いで逮捕。その後の調べに、新潟や岡山県など11県で計53件の窃盗に関与したと自供し、逮捕容疑を含めた2件(約5万円)の窃盗罪などで起訴された。
 堂薗被告は、ポータブルナビに表示された地図で住宅街を探してから下見。狙いを定めた民家などを登録し、深夜から未明にかけて、端末を頼りに現場へ向かっていたという。

2015年04月14日 08時01分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

同じコンビニでまた強盗…女を逮捕 横浜市(14日)日本テレビ

13日、横浜市のコンビニエンスストアで、包丁のようなものを店員に突きつけ現金を奪ったとして、39歳の女が逮捕された。女は、3年前にも同じコンビニで現金を奪い逮捕されていたという。
 強盗の疑いで逮捕されたのは、横浜市に住む無職・山本あすか容疑者。警察によると、山本容疑者は13日午後3時半頃、横浜市南区のコンビニに押し入り、店員に包丁のようなものを突きつけ、「金を出せ」と脅し、現金約7万円を奪った疑いがもたれている。山本容疑者は3年前の7月にもこのコンビニで現金を奪い、逮捕されていたという。
 警察の調べに対し、山本容疑者は「お金がほしくてやった」と容疑を認めているという。

2010_0318_173406banner011_2
http://www.news24.jp/articles/2015/04/14/07272934.html

| コメント (0)

胸に複数刺し傷、89歳女性が死亡 堺の民家 (14日)日経

13日午後6時半ごろ、堺市東区引野町3の無職、木村千寿子さん(89)方で、木村さんが血を流して倒れているのを、帰宅した三男(53)が見つけ119番した。胸に複数の刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。大阪府警黒山署は殺人事件の可能性もあるとみて捜査している。
 同署によると、木村さんは2階建て住宅一階の和室に、部屋着姿であおむけに倒れており、近くに刃物などは見当たらなかった。室内に目立った物色の跡はなく、玄関は施錠されていなかった。http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC13HDM_T10C15A4AC8000/

| コメント (0)

上京してくれ詐欺、急増 不慣れな地方高齢者狙う(14日)朝日

「息子」を名乗って地方で暮らす高齢者を東京に呼び寄せ、現金をだまし取る「上京型詐欺」に警察が警戒を強めている。新手の「特殊詐欺」といい、金融機関や郵便・宅配業者との連携にとどまらず、公共交通機関への働きかけを始めた。
 日没が迫る羽田空港。飛行機を降りた70代女性がきょろきょろとまわりを見回していた。日本航空の旅客サービス業務などを担うJALスカイの阿部碧(みどり)さん(27)が声をかけた。
 「熊本から来て夫とはぐれた。息子から1千万円を持ってくるよう言われた」
 女性は夫ではない誰かと携帯電話で連絡を取り合っていた。阿部さんが電話に出て「息子さんですか」と尋ねると、「はい」と答えが返ってきた。近くのターミナル駅で落ち合うという。
 だが、どうも不審に思えた。女性と夫を上司が交番に案内。上京型詐欺に巻き込まれていることがわかった。今年2月の話だ。「道案内をしていて話を打ち明けられた。詐欺がこれほど身近にあるとは思わなかった」。阿部さんは振り返る。
 JR東海の車掌長宮本直幸さん(28)も、乗務する東京行きの新幹線で「息子に現金を届けに行く」というお年寄りから相談を受け、被害を防いだ。「新幹線に乗ってまでお金を届けに行き、被害に遭う人がいるとは。高齢者の切符を点検するときには注意したい」
 上京型は非対面で相手をだます「特殊詐欺」の一つだ。現金を金融機関の口座に振り込ませる「振り込み型」、宅配便やレターパックで送らせる「送付型」といった手口別の分類では、被害者宅などで現金を直接受け取る「手渡し型」にあたる。
 全国の警察や警察庁はこれまで、振り込み型、送付型についてはそれぞれ金融機関、郵便・宅配業者に対策を要請。手渡し型は、被害者にだまされたふりをしてもらう作戦で、現金を被害者宅まで受け取りに来る犯行グループを封じ込めようとしてきた。
 そんななか、上京型が「今年に入って増えている」(警視庁幹部)という。警視庁が今年確認した被害(未遂を含む)は14件で、うち6件で計2510万円がだまし取られた。被害者は70~80代がほとんどで、いずれも東京に飛行機で呼び出されていた。
 なぜ今、上京型なのか。
 警察は「不慣れな土地で被害者が冷静に判断することができないため、だましやすい」(岩手県警)、「『だまされたふり作戦』が広がり、被害者宅で現金を受け取りにくくなった」(山梨県警)、「首都圏まで呼びよせることで詐欺話に真実味を持たせる」(大分県警)などと犯行グループの狙いを分析する。
■警察、交通機関と対策
 被害者は北海道から九州まで広がる。警察は被害の拡大を防ごうと躍起だ。
 警視庁は昨年秋、車内や駅構内の電光掲示板や放送で注意を呼びかけるよう、JRや私鉄各社に要請した。日本航空は独自の取り組みとして、今年2月、空港ロビーなどで不安な様子の人に積極的に声をかけるよう従業員に指示した。
 昨年以降、被害相談や届け出を受けた総額が約1億2千万円に上る岩手県警。防犯団体と一緒にポスター700枚を作製した。新幹線の駅に加えて、高齢者の目に付きやすいよう寺に掲示。「『父さん母さん 東京までお金を持って来て!!』 詐欺です」と呼びかける。
 熊本県警は今年になって計6件、約2200万円の被害を確認した。熊本空港に依頼して、保安検査で高額の現金を見つけた際に通報してもらう「水際作戦」を3月から始めた。「詐欺を防ぐためには何重にも施策を打ち出したい」と県警の担当者。大分県警は、大分空港に向かうバスの車内で注意を呼びかける予定だ。
 犯行グループがお年寄りらを呼び出す先は、東京だけに限らないという。昨年、約1億3千万円の被害を把握した岐阜県警によると、県内在住者が名古屋市静岡県内に呼び出された事例があったという。
 一方、富山県警は先月までに約2900万円の被害を確認したが、いずれも東京都内でだまし取られていた。先月14日に北陸新幹線が開業して東京へのアクセスが格段によくなるなか、県警はJRと連携した新たな防止策を検討している。(高田正幸、中野浩至)
特殊詐欺の被害額減少、でも73億円 1~2月
 今年1~2月の全国の特殊詐欺の被害額は昨年の同時期より約2千万円少ない約73億4千万円で、統計のある2011年以降、初めて1~2月の累計が前年同期を下回ったことが警察庁のまとめでわかった。
 これまで年間被害額は年々増加し、昨年は過去最悪の約559億4千万円を記録していた。減少に向かうかについて、警察庁の担当者は「被害件数自体は増えており、予断を許さない情勢だ」とみる。
 現金受け渡しの手口別では、手渡し型が約31億4千万円(前年同期比約4億2千万円減)、送付型が約24億7千万円(同約1億2千万円増)、振り込み型が約16億円(同約2億3千万円増)と続いた。いずれも昨年後半の月別被害額と比べても減っている。
 一方、被害件数は全体で2155件で、昨年の同じ時期より636件増えた。このうち手渡し型が716件(同102件増)、送付型が403件(同100件増)、振り込み型が987件(同407件増)。担当者は「民間の力を借りてさらに対策を強化したい」と話している。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH4674NKH46UTIL04N.html

| コメント (0)

ICPOのサイバー捜査拠点 本格運用開始(14日)NHK

国境を越えて巧妙になるサイバー犯罪に連携して対処しようと、ICPO=国際刑事警察機構が、日本を含む50か国以上から捜査員や民間のセキュリティー企業の技術者などを集めた捜査拠点をシンガポールに設置し、13日に本格的に運用を始めました。
サイバー犯罪を巡っては、第3国を経由してパソコンを遠隔操作するなど、手口の巧妙化と国際化が進み、一つの国の警察だけでは実態の解明や捜査がますます難しくなっています。
このためICPOは、サイバー犯罪に対処する専門部局をシンガポールに設置し、13日にその拠点の運用を本格的に始めました。
この拠点には、日本を含む50か国以上から捜査員や民間のセキュリティー企業の技術者などが派遣され、サイバー犯罪に関する情報の集約や分析などに当たります。
また、施設の中枢となるシステムは日本企業が提供していて、国際的な連携と民間企業との協力をともに深めることで、サイバー犯罪に対抗することをねらっています。
さらに、「ダーク・ウェブ」と呼ばれる、インターネット上の通常の検索では見つからないサイトでの武器や麻薬などの取り引きを監視するために、各国の捜査員への研修なども行われます。
警察庁から出向して、この拠点の代表を務める中谷昇総局長は「サイバー犯罪については警察だけではどうしようもないのが現状で、官民協力が重要だ。また国境を越えた捜査協力が必要で、その枠組みを提供したい」と話しています。

NEC社長 ICPOと協力の意義を協調

ICPOの捜査拠点に、中枢となるシステムの提供や技術者の派遣で協力しているNECの遠藤信博社長は「われわれがセキュリティーを作り上げるためには、さまざまなテクノロジーとリアルタイムでの情報の共有が重要です。今回のサポートで、サイバー空間を守ることに貢献できるのではと思います」と話し、サイバー犯罪対策でICPOと民間企業が協力する意義を強調しました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150413/k10010047151000.html

| コメント (0)

「性欲満たすため」少女にわいせつ 高校教師逮捕(14日)テレビ朝日

小学生の女の子をホテルに連れ込み、わいせつな行為をしようとしたとして、愛知県の県立高校の教師の男が逮捕されました。
 強姦未遂の疑いで逮捕された愛知県立東郷高校の教師・小島栄治容疑者(48)は去年11月、ホテルで当時11歳の小学生の女の子にわいせつな行為をしようとした疑いが持たれています。警察によりますと、通信アプリ「LINE」を通じて小学生と知り合い、「お小遣いをあげる」などと誘い出したとみられています。
 東郷高校・近藤博靖校長:「教科は数学で1年生の副担任をしていた。部活動は野球部を担当して、とても熱心に指導してくれていた」
 警察の調べに対し、小島容疑者は「性欲を満たすためにやった」と容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1_3http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048365.html

| コメント (0)

男子高校生を買春 35歳巡査を懲戒免職 大分(14日)テレビ朝日

大分県警は、35歳の男性巡査がインターネットで知り合った男子高校生にわいせつな行為をしたとして懲戒免職処分にしました。
 大分県警によりますと、別府警察署留置管理課の男性巡査は今年1月、17歳の男子高校生に現金を渡し、2度にわたってわいせつな行為をした疑いなどが持たれています。巡査は今月10日、書類送検され、13日付けで懲戒免職となりました。調べに対し、巡査は「警察官としてこのような犯罪を犯し、大変、申し訳ない」と話しています。大分県警は「業務管理の徹底で再発防止に努める」とコメントしています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048377.html

| コメント (0)

「死んだ夫をビニール袋で…」住宅にミイラ化遺体(14日)テレビ朝日

富山県氷見市の住宅で、ビニール袋にくるまれた遺体が発見されました。住人の女性が「夫が亡くなったのでビニール袋でくるんだ」と話しています。
 遺体が見つかったのは、氷見市の酒井久雄さんの自宅です。周辺の住民から「最近、酒井さんの姿が見えない」と通報があり、警察が訪ねたところ、1階に死後数カ月が経ち、ミイラ化した遺体がありました。酒井さんの妻に話を聞いたところ、「夫が亡くなったのでビニール袋にくるんで、そのままにした」と話しているということです。遺体に目立った外傷はありませんでした。警察は死体遺棄事件として捜査を始め、遺体の身元を確認するとともに、引き続き酒井さんの妻から事情を聴く方針です。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048360.html

| コメント (0)

缶ビール大量窃盗 防犯カメラの画像公開(14日)日本テレビ

20150414_0003_188x1061
北海道札幌市やその近郊のスーパーで、缶ビールが大量に盗まれる事件が相次いでいる。警察は同じグループが犯行を繰り返しているとみて、防犯カメラの画像を公開した。
 警察が公開した店の防犯カメラの画像には、何者かが缶ビールの箱を大量に盗み出す様子が映っている。今月4日、札幌市南区の「コープさっぽろソシア店」で営業時間外の未明に2人組が侵入し、24缶入りのビール45箱や日本酒などが盗まれた。
 札幌やその近郊では先月から同様の事件が7件起きていて、警察は防犯カメラの犯人の姿や、手口が似ていることから同じグループの犯行とみて行方を追っている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/04/14/07272933.html

| コメント (0)

« 2015年4月13日 | トップページ | 2015年4月15日 »