« 2015年4月9日 | トップページ | 2015年4月11日 »

2015年4月10日

2015年4月10日 (金)

埼玉の高校サッカー部員22人が韓国で集団万引 ソウル警察摘発 揃いのジャージが決め手に 「土産のつもりだった…」(10日)産経

【ソウル=加藤達也】韓国ソウルの大型ショッピングモールで「集団万引」を行ったとして、ソウル中部警察署は10日、窃盗容疑で埼玉県内にある高校のサッカー部所属の生徒22人を摘発したと発表した。
 警察によると、生徒22人は3月27日午前10時半ごろ、ソウル・東大門(トンデムン)のショッピングモールビル「ミリオレ」のアクセサリー売り場で、9店舗からベルトや財布など計約70点、総額約252万ウォン(約27万7千円)相当を盗んだ疑いが持たれている。
 当時、ミリオレは開館していたが、売り場には従業員が出勤前の店舗もあり、警察は、この点に目を付けた犯行とみている。
 生徒は全員、同じ高校の3年生で、サッカー部員。韓国の高校との親善試合のため訪韓し、日程を終えて帰国前の自由時間に現場を訪れたという。
 被害に気づいた店舗からの届け出で、警察が建物内の防犯カメラを確認したところ、そろいのジャージーを着て商品を持ち去る生徒らの姿があり、高校名を特定した。
 警察は、既に帰国していた生徒に高校を通じて連絡し、出頭を要請。再渡航して取り調べを受けた生徒は全員、容疑を認め、被害品を返却した。動機について「友人らへの韓国土産のつもりだった」と供述したという。その後、帰国した。
 警察は、集団による大胆な犯行で罪状は軽くないとして、起訴相当の意見を付けて送検する予定としている。ただ、少年による犯罪で海外から出頭していることから起訴猶予か、起訴されても罰金となる可能性が高い。http://www.sankei.com/affairs/news/150410/afr1504100035-n1.html

| コメント (0)

工藤会系組員ら7人を窃盗罪で起訴 太陽光パネル盗む(10日)産経

福岡地検小倉支部は10日までに、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設現場から太陽光パネル千枚を盗んだとして、窃盗罪で特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)系組幹部小西章二容疑者(47)=北九州市八幡西区=ら男7人を起訴した。起訴は3月30日付。
 盗んだパネルを買い取ったとして、盗品等有償譲り受けの疑いで逮捕された宮崎市の山口組系組幹部(42)ら5人は処分保留で釈放した。
 起訴状によると、7人は共謀し昨年10月、福岡県宗像市の建設現場から、約3千万円相当の太陽光パネル千枚を盗んだ、などとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/150410/afr1504100034-n1.html

| コメント (0)

父親を“馬乗りで殴る” 親子3人はねた運転男(10日)テレビ朝日

北海道函館市で10日正午前、3歳の女の子と1歳の男の子、そして23歳の父親が歩道に乗り上げて走ってきた軽乗用車にはねられました。運転していた男は、さらに父親に馬乗りになって殴ったということです。はねられた父親と長女は軽傷、長男は脳しんとうを起こし、顔などにけがをしています。車を運転していたのは市内に住む43歳の男で、「近所の人に嫌がらせをされていて、イライラしていた」「誰でもいいからひいてやろうと思った」と話しています。警察は、容疑が固まり次第、殺人未遂容疑で男を逮捕する方針です。

2009_1229_211958annlogo1_4http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048201.html

| コメント (0)

賃貸住宅の犯罪拠点化防止へ条例や協定(10日)NHK

賃貸住宅の部屋が、危険ドラッグの製造や振り込め詐欺の犯罪拠点として使われる事件が相次いでいることから、自治体や警察本部が不動産業者などに対し、犯罪などに使わないよう入居者に確約させることを求める内容の条例や協定を設けているケースが、全国で合わせて24に上ることが、NHKの調べで分かりました。
専門家は、空き部屋が増加するなか、犯罪に使われないよう、業者の責任を明確にする取り組みを広げることが必要だと指摘しています。
警察庁によりますと、去年、振り込め詐欺などの特殊詐欺グループの拠点として41か所、危険ドラッグの製造工場として13か所が摘発され、多くの事件で賃貸マンションが拠点として使われていました。
NHKが、全国の都道府県と政令市、それに東京23区の合わせて90の自治体と、警察本部を対象に調べた結果、不動産業者などに対し、犯罪などに使われないよう対応を求める内容の条例や協定を設けているケースが、全国で合わせて24に上ることが分かりました。
このうち、不動産業者などの責任を定めた、危険ドラッグなどの規制条例を施行した自治体は、去年12月から今月1日までに8つに上ります。
東京・豊島区や新宿区の条例は、不動産業者などに対し、住宅を危険ドラッグの販売などに使わないよう入居者に確約させることや、販売などに使われていないか定期的に確認すること、さらに、使われていた場合は契約解除することを求めています。
また、警察本部と不動産業の団体との間で、危険ドラッグの販売などを禁止事項として契約書に盛り込むことや、振り込め詐欺や危険ドラッグなどの犯罪に関する情報を、警察に通報することを求める協定などを結んでいると回答したところは、16に上りました。
こうした取り組みについて、不動産の問題に詳しい横浜市立大学の齊藤広子教授は、「増加する空き部屋を埋めるために、入居者の審査が甘くなっている可能性がある。不動産業者としては、貸すだけでなく、どのように使われるか目を届かせる管理の側面も重要だ」として、業者の責任を明確にする取り組みを広げることが必要だと指摘しています。

新宿区の取り組みは

東京・新宿区は、今月1日、不動産業者などの責任を明確に定めた危険ドラッグなどを規制する条例を施行し、10日、業者などが参加する大会を開いて、犯罪の防止に向けて協力を求めました。
新宿区によりますと、繁華街を抱える新宿区は、危険ドラッグの販売店の数が都内で最も多く、マンションの一室で危険ドラッグが製造された疑いのあるケースもあるということです。
今月1日に施行された条例では、賃貸住宅が犯罪拠点として使われるのを防ぐため、住宅を危険ドラッグの販売などに使わないよう入居者に確約させることや、販売などに使われていないか定期的に確認すること、さらに、使われていた場合は契約解除することを求めています。
条例の施行を受けて、新宿区内の不動産会社では、住宅の賃貸契約をする際、入居者に対し、危険ドラッグを所持したり、販売したりしないことを確約させたうえで、これに違反した場合は契約を解除することを説明しています。
また、所有するマンションを担当者が1戸ずつ見回って、1人暮らしなのに玄関の前に多くの傘があるなど、部屋の使われ方に不審な点がないか確認する取り組みを始めました。
新宿区安全・安心対策担当の嶼田道俊副参事は、「不動産業者には定期的に部屋の確認をしてもらうことになるが、入居者の人権などの問題も絡んでくるため、今後は弁護士を交えた勉強会などを開き、より効果的な見回りになるよう検討したうえで、賃貸住宅への犯罪者の流入を防いでいきたい」と話しています。

各地の条例・協定の内容は

8つの自治体の条例では、危険ドラッグや大麻などの薬物の製造や販売にマンションなどの建物が使われないよう、不動産業者などの責任を明確化しています。
このうち、東京・豊島区と新宿区、それに滋賀県、岡山県の条例では、不動産業者などに対し、住宅を薬物の販売や製造に使わないよう入居者に確約させることや、使われていた場合は契約解除することを求めています。さらに新宿区と豊島区では、薬物の販売や製造に使われていないか定期的に確認することも求めています。
また、16の警察本部では、危険ドラッグの製造や振り込め詐欺などの犯罪拠点として使われないよう、不動産業者に協力を求める協定などを結んでいます。
このうち、神奈川県警や高知県警などが不動産業の団体と結んだ協定では、各地の条例と同様に、危険ドラッグの製造や販売に使われていた場合は、住宅のオーナーに対し、契約を解除するよう要請することを求めています。
また、群馬県警や石川県警が結んだ協定などでは、不動産業者に対し、事件の前兆や発生、それに不審者や不審車両に関する情報を警察に通報することを求めています。
このほか、9つの自治体や警察本部でも、不動産業者などの責任を定めた条例や、不動産業者に協力を求める協定などを設けることを検討しているということです。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150410/k10010044201000.html

| コメント (0)

JR貨物幹部社員を逮捕=電気会社から接待、収賄容疑-警視庁(10日)時事

JR貨物(東京都渋谷区)の幹部社員が物流施設の工事をめぐり、電気機器販売会社「カナデン」(港区)側から接待を受けた見返りに、工事参入の便宜を図った疑いが強まり、警視庁は10日、JR会社法違反(収賄)の疑いで、JR貨物の幹部社員を逮捕した。
 捜査関係者によるとJR貨物の幹部社員は、品川区の貨物ターミナルにある物流施設の工事をめぐり数十万円相当の接待を受け、カナデン側に便宜を図った疑いが持たれている。(2015/04/10-20:35)

2015/04/10-20:35

| コメント (0)

韓国文化院を損壊容疑で男逮捕 警視庁、壁に火を付ける(10日)共同

警視庁捜査1課は10日、在日韓国大使館の文化交流施設「韓国文化院」(東京都新宿区)の壁に火を付けたとして、建造物損壊などの疑いで、住所不定、無職近藤利一容疑者(39)を逮捕した。
 逮捕容疑は、3月25日夜、同院の敷地内に侵入し、1階通用口前でライターオイルのようなものをまいて火を付け、壁や床を焦がした疑い。現場には、焼けたオイル缶が残っていた。
 捜査1課によると、近藤容疑者は「全く身に覚えのないことです」と容疑を否認している。
 現場周辺の防犯カメラの画像から近藤容疑者が浮上。10日午後、新宿区のマンション敷地内にいるところを捜査員が発見した。

2010_0123_11120247newslogo1_2
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041001001894.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
付盗賊改方の奮闘を
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010739 なぜ?この時期に放火事件がおきるのか…
 10日未明、埼玉県川越市の病院で、リネン室に置いてあった布団などが焼ける火災が2件相次ぎ、警察は放火とみて捜査している。
 同日朝には、東京・台東区のJR御徒町駅のガード下で自動販売機1台と外壁が焼ける火事があった。火の気がないという。
 さらに6日未明、文京区千石のマンションの駐輪場で、自転車4台などが燃える火災があったのをはじめ半径1.5㌔の間で3件の不審火が相次いだ。警視庁はいずれの現場も火の気がないことから放火事件とみて捜査している。
放火犯には蓄膿症が多いとか、一方で、花粉症で鼻ムズムズする季節に放火事件が起きると言われている。
イライラを解消するためだろうが、フランスには放火犯3人に1人が蓄膿症など鼻に疾患があるという統計があることから日本でもそう言われているのだろあう。
 病気でなくても「火をみると異常に興奮する」人物による放火もある。真っ赤な炎を上げて燃え、消防車のサイレンの音が近づき、近所が大騒ぎする光景を見て喜ぶという愉快犯だ。
 人間関係の不満が動機で腹いせや気まぐれのうさ晴らしもあるなど動機は様々だ。
 警察庁によると今年2月までの全国の放火事件の認知件数は180件で前年同期より5件の増。大阪が27件とワースト1で東京16件、千葉、福岡が13件、埼玉の11件と続く。
 例によって格付研究所によると人口100万人当たりの放火認知件数は①大阪の16.81件②愛知の16.07件③佐賀の15.30件④福岡の13.80件⑤千葉の13.35件と続く(平成26年)。2月までの認知件数2位の東京は格付では28位の7.37件だった。
 検挙率は京都の600%を筆頭に100%以上が9県あった。放火事件は江戸時代から重要犯罪で専門に捜査する火付盗賊改方が幅を利かせた。
 警察だけでなく住民の防犯意識の高揚も必要だ。拍子木を持って「火の用心」と町内を回っているころは、まだ地域住民は絆で繋がれていた。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

「恥をかかせやがって」ゴルフの誘い断られ“殴る”(10日)テレビ朝日

ゴルフの誘いを断られたことに腹を立て、スナック経営者の男性を殴ったなどとして、暴力団組長の男ら3人が逮捕されました。
 指定暴力団極東会系の組長・安東篤志容疑者(61)ら3人は2月、東京・中野区内のスナックで、経営者の男性(67)を殴ったうえ、「店を1週間、閉めろ」などと脅迫した疑いが持たれています。男性は全治1週間のけがです。警視庁によりますと、安東容疑者は店の常連客で、「ゴルフに行かないか」と男性を誘いましたが、断られたことに腹を立て、「俺に恥をかかせやがって」と怒鳴って店の椅子をひっくり返し、殴り掛かったということです。安東容疑者は「殴ったことは認める」と話しています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048171.html

| コメント (0)

オレオレ詐欺1000万円被害 (10日)NHK埼玉

埼玉県狭山市の90代と80代の夫婦が、次男を装った男からのうその電話を信用してあわせて現金1000万円をだまし取られ、警察はオレオレ詐欺事件として捜査しています。

8日、狭山市に住む90代と80代の夫婦の自宅に、次男を装った男から「会社のお金を使い込んでしまった。監査があるため600万円用意できないか」などと数回にわたって電話がありました。
夫婦は、その後、自宅を訪ねてきた次男の代理を名乗る男に現金600万円を手渡したということです。
さらに次男を装った男から「あと400万円用意できないか」という電話があり、ふたたび訪ねてきた男に現金400万円を手渡したということです。
不審に思った夫婦は、次男の妻に電話をしてだまされたことに気づいたということで、警察はオレオレ詐欺事件として捜査しています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150410/3915551.html

| コメント (0)

川越の病院火災相次ぐ 放火か (10日)NHK

埼玉県川越市の病院で、10日未明から朝にかけてリネン室に置いてあった布団などが焼ける火災が2件相次ぎ、警察は、いずれの現場も火の気がないことなどから放火の疑いもあるとみて捜査しています。
 10日午前1時ごろ、川越市脇田本町の赤心堂病院で、4階にあるリネン室の火災報知器が作動しました。
警察によりますと、火はスプリンクラーが作動してすぐに消し止められましたが、保管してあった布団や枕などの一部が焼けたということです。
また、およそ4時間後の10日午前5時過ぎには、同じ建物の5階のトイレにあるプラスチック製の汚物入れの箱から煙が出ているのを職員が見つけ、すぐに消し止めたということです。
病院は、地下1階、地上9階建てで当時およそ180人の入院患者がいて、火が出た当時、一部の患者が別のフロアに避難しましたが、けがをした人はいませんでした。
警察はいずれの現場も火の気がないことなどから、放火の疑いもあるとみて捜査しています。http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20150410/3914091.html

News_pic1_2

| コメント (0)

保育園前で子ども含む3人はねられる(10日)NHK函館

警察に入った連絡によりますと、10日昼前、函館市の保育園の前で、子どもを含む3人が車にはねられました。
目撃者によりますと、車を運転していた男は3人をはねたあと車を降りて、大人の女性に殴るなどの暴行も加えたということです。
3人のけがの程度などは分かっていないということです。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150410/k10010043811000.html

           

| コメント (0)

ふかわりょうさんに「殺してやる」 女逮捕(10日)日本テレビ

タレントのふかわりょうさんのフェイスブックに、「殺してやる」などと書き込み脅したとして、警視庁は女を逮捕した。
 脅迫の疑いで逮捕されたのは、神奈川県川崎市に住む無職の女(32)。警視庁によると、女は去年3月から4月にかけて14回にわたり、タレントのふかわりょうさんのフェイスブックに「殺してやる」などと書き込み、脅した疑いがもたれている。女は調べに対し「やったことは間違いない。ふかわさんがウソをつくので許せなかった」と話し、容疑を認めているという。
 女は「ふかわさんのファンだ」と話す一方、意味不明な供述をしているということで、警視庁は刑事責任能力についても調べることにしている。

2010_0318_173406banner011_2http://www.news24.jp/articles/2015/04/10/07272723.html

| コメント (0)

“大麻栽培”雨漏りの通報で発覚 練馬のマンション(10日)テレビ朝日

東京都内のマンションで大麻1kgを所持していたとして、47歳の男が現行犯逮捕されました。部屋からは大麻とみられる苗木が71本見つかりました。
 栗原一浩容疑者は8日、練馬区のマンションの部屋で、大麻約1kg、600万円相当を所持した疑いが持たれています。警視庁によりますと、栗原容疑者は10万円ほどの家賃の部屋を借り、去年11月以降、大麻を種から栽培していました。マンションの下の階に住む人から「雨漏りがする」と消防に通報があり、発覚しました。栗原容疑者は病気で会社を休職していて、「販売して利益を得ようと思った」と容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1_2http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048172.html

| コメント (0)

感染PC、国内外8万2千台=被害防止でウイルス無力化-ネット銀不正送金・警視庁(10日)時事

警視庁は10日、インターネットバンキングの不正送金の原因となるウイルスに、国内外の約8万2000台(うち国内約4万4000台)のパソコン(PC)が感染したと発表した。同庁は民間のセキュリティー会社と連携し、感染PCのウイルス無力化も始めた。捜査機関が直接、ウイルス無力化に当たるのは世界でも極めて異例という。
【図解・社会】インターネットバンキングの不正送金被害

 警視庁サイバー犯罪対策課は昨年8月、不正送金被害にあった石川県の30代女性のPCからウイルスを見つけ、不正送金を指示していた国外に設置されたサーバーを複数把握。サーバーへの接続記録から、ウイルス感染のPCを確認した。
 同庁はサーバーの1台を監視し、サーバーが有害なデータを感染PCに送る代わりに、無害なデータを送ってウイルスの機能を無力化するシステムを情報セキュリティー会社「セキュアブレイン」(東京都千代田区)と開発。4月から感染PCの無力化を開始した。
 また、全国のプロバイダー約300社を通じて、感染PCの利用者にウイルス駆除を注意喚起。国外分は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、数十カ国の捜査機関への情報提供を始めた。
 同庁によると、ウイルスはウェブブラウザー(ネット閲覧ソフト)を乗っ取り、ネットバンキングの偽画面を表示する「MITB(マンインザブラウザー)」と呼ばれる手口で攻撃していた。
 感染PCで利用者がネット銀行のサイトに接続すると、ワンタイムパスワードなどの入力を求める偽画面を表示。パスワードを入力すると待機画面を表示しながら、裏で自動的に振込先を変更し、不正送金される仕組みとなっている。(2015/04/10-12:15)

2015/04/10-12:15

| コメント (0)

詐欺の振込口座カード買い取った疑い、男を逮捕 (10日)TBS

還付金詐欺の振り込み先となっている銀行口座のキャッシュカードを買い取ったとして、33歳の男が警視庁に逮捕されました。
 犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕されたのは、東京・東大和市の職業不詳、山田清貴容疑者(33)です。
 山田容疑者は去年9月から10月にかけて、すでに逮捕されている25歳の男から架空名義で開設されたインターネット銀行の口座のキャッシュカード37枚を1枚6万円で買い取った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、これらの口座のうち12の口座は医療費の還付金詐欺の振り込み先に指定されていて、およそ1600万円が振り込まれていたということです。山田容疑者は中国残留孤児2世を中心とした不良グループ「チャイニーズドラゴン」の関係者とみられ、警視庁が詳しい経緯を調べています。(09日22:32)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2465369.html

| コメント (0)

なたで切り付け傷害の疑い 山梨県警、男を逮捕(10日)産経

山梨県警韮崎署は9日、なたで切り付け男性にけがを負わせたとして傷害の疑いで、同県甲斐市、無職後藤忠一容疑者(56)を逮捕した。
 逮捕容疑は8日午後1時50分ごろ、同市大下条のスーパーの駐車場で、持っていたなた(刃渡り約16センチ)で買い物客の男性(32)に切り付け、右頬に軽傷を負わせた疑い。
 署によると「けがをさせていない」と供述している。面識のない男性と店内で口論になり、駐車場に出て切り付けたとみられる。
 直後に乗用車で逃走、目撃情報などから後藤容疑者が浮上した。署はなたを所持していた経緯や動機を調べる。http://www.sankei.com/affairs/news/150410/afr1504100001-n1.html

| コメント (0)

文化財に“油” 文化庁が防犯対策呼びかけ(10日)日本テレビ

奈良や京都の国宝級の建物などに油のようなものがかけられる事件が全国で相次ぐ中、文化庁は寺や神社などの文化財に対する防犯対策の徹底を呼び掛ける通知を行った。
 文化財に油のようなものがかけられる被害は、今月4日、奈良県桜井市の長谷寺で、国宝の本堂の柱や重要文化財の観音菩薩立像で見つかったのを端緒に、世界遺産の京都・二条城や東寺などで次々と明らかになっている。
 また、9日は千葉県の香取神宮で重要文化財の柱など10数か所に、茨城県の鹿島神宮でも重要文化財の拝殿や社など10か所に液体がまかれていた。
 文化庁によると、こうした被害は今年2月以降、少なくとも1府3県で計20件に上っている。さらに香川県の金刀比羅宮・旭社の拝殿でも確認され、被害は全国に拡大している。
 このため文化庁は、全国の教育委員会に通知を出し、寺社や仏像彫刻などの管理所有者らと連携して防犯対策を徹底するよう求めた。また、防犯設備が不十分な場合は、補助金を活用することも呼び掛けている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/04/10/07272709.html

| コメント (0)

青信号の交差点でダンプにはねられ…7歳男児死亡(10日)テレビ朝日

埼玉県東松山市で、横断歩道を渡っていた7歳の男の子がダンプカーにはねられ、死亡しました。
 9日午後5時ごろ、東松山市西本宿の交差点で、青信号の横断歩道を渡っていた小学2年生の高橋翼君が後ろから左折してきたダンプカーにはねられました。翼君は胸などを強く打ち、死亡しました。翼君は、祖母や姉と自転車3台で連なって姉の学習塾に行く途中でした。警察は、ダンプの運転手・大山孝容疑者(34)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。取り調べに対し、大山容疑者は「子どもがいるとは気付かなかった」と供述しています。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048141.html

| コメント (0)

都内で不審火相次ぐ 駐輪場で自転車など燃える(10日)テレビ朝日

東京都内で、自転車などが燃える不審火が3件相次ぎ、警視庁は連続放火事件の可能性があるとみて調べています。
 9日未明、文京区千石のマンションの駐輪場で、自転車4台などが燃えたのを始め、半径1.5kmの範囲で不審火が3件相次ぎました。いずれの現場も火の気がないことから、警視庁は連続放火事件の可能性があるとみて調べています。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000048142.html

| コメント (0)

両陛下が帰国=戦後70年のパラオ訪問終え(10日)時事

 戦後70年の戦没者慰霊のためパラオを公式訪問していた天皇、皇后両陛下は9日夜、1泊2日の日程を終え、チャーター機で帰国された。両陛下はタラップを降りると、皇太子さまや秋篠宮さま、安倍晋三首相夫妻らの出迎えを受け、車に乗り込んだ。
 パラオ国際空港では、レメンゲサウ大統領夫妻が両陛下にお別れのあいさつをした。
 これに先立ち、ペリリュー島での島民との懇談では、「ペリリューに来ていただいて名誉なことです」と話す男性に、天皇陛下は「戦争はありましたが、平和なペリリューはきれいなところですね」と話した。(2015/04/09-21:39)

| コメント (0)

JOC役員が冨田選手特定 アジア大会窃盗、警察官が証言(10日)共同

【仁川共同】昨年9月の韓国・仁川アジア大会でカメラを盗んだとして窃盗罪で略式起訴され、帰国後に無実を訴えた競泳の冨田尚弥選手(25)の公判が9日、仁川地裁で開かれた。証人として出廷した警察官は、現場などを捉えた監視カメラの映像を見た日本オリンピック委員会(JOC)役員が「冨田選手だ」と述べたと証言した。
 検察側は法廷で犯行現場だとする監視カメラの映像を上映。プールサイドを歩いてきた人物が約8分間、写真記者席に座り、体をひねって後ろにあった黒い物体をつかみ、持っていたバッグに入れる様子が映っていた。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040901001338.html

| コメント (0)

パチンコ店2000万円強奪、容疑者5人逮捕(10日)読売

北九州市若松区のパチンコ店で2013年4月、約2000万円が奪われた事件で、福岡県警は9日、住所、職業不詳の下曽山

弘樹被告(39)(別の強盗致傷罪などで起訴)ら5人を強盗致傷容疑で逮捕した。ほかに逮捕されたのは、いずれも無職の同県飯塚市弁分、重田

親徳

(49)、同市宮町、塩山高広(46)両容疑者ら4人。
 発表によると、5人は13年4月6日夜、若松区のパチンコ店で、売上金の回収をしていた従業員男性に刃物を突きつけるなどし、約2000万円入りのバッグを奪った疑い。従業員は手に約2週間のけがを負った。県警は5人の認否を明らかにしていない。
 下曽山被告は、昨年5月に鹿児島県出水市のパチンコ店で約1360万円が奪われた事件で、知人ら10人とともに同7月、鹿児島県警に逮捕された。その後、昨年2月に宇都宮市のパチンコ店で約2830万円、同4月に横浜市のパチンコ店で約2160万円がそれぞれ奪われるなどした事件でも逮捕、起訴された。
 捜査関係者によると、防犯カメラの映像などから5人の関与が浮上した。下曽山被告らは知人らを集めて犯行グループをつくり、現場の下見役や実行役など、役割を分担していたとみられる。

2015年04月09日 23時55分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

小6蹴ったボールよけ死亡、両親の監督責任なし(10日)読売

子供が起こした事故が原因で死亡したお年寄りの遺族が子供の両親に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は9日、「通常は危険がない行為で偶然損害を生じさせた場合、原則として親の監督責任は問われない」との初判断を示した。
 そして1、2審の賠償命令を破棄し、遺族側の請求を棄却する判決を言い渡した。両親側の逆転勝訴が確定した。ほとんどの事故で親の監督責任を認めてきた司法判断の流れが変わることになる。
 裁判官4人全員一致の判断。判決によると、2004年2月、愛媛県今治市の市立小学校の校庭で、放課後に子供たちがサッカーで遊んでいた際、小6男児(当時11歳)がフリーキックの練習で蹴ったボールがゴールと高さ1・3メートルの門扉を越えて道路に転がった。これをよけようとしたオートバイの男性(同85歳)が転倒し、足の骨折などで入院して約1年4か月後に肺炎で死亡した。
 1審・大阪地裁、2審・大阪高裁はともに、男児に過失があったと認める一方、11歳だったことから責任能力はないと判断。上告審ではこれを前提に、親の監督責任の有無が争点となった。
 判決はまず、男児の行為について「開放された校庭で、設置されたゴールに向けてボールを蹴ったのは、校庭の日常的な使用方法だ」と指摘。「門とフェンス、側溝があり、ボールが道路に出るのが常態だったとも言えない」とした。
 そして、親の責任について、「人身に危険が及ばないように注意して行動するよう、子供に日頃から指導監督する義務がある」と言及。ただ、今回の男児の行為について「通常は人身に危険を及ぼす行為ではなかった」とした上で、「両親は日頃から通常のしつけをしており、今回のような事故を具体的に予想できるような特別な事情もなかった」と監督責任を否定した。
 2審判決は、親の監督責任について「校庭ならどう遊んでもいいわけではなく、それを男児に理解させなかった点で両親は義務を尽くしていない」と判断、両親に約1180万円の賠償を命じていた。
 遺族側は、今治市には賠償を請求しておらず、訴訟では学校側の安全管理の当否は争点にならなかった。
 ◆親の監督責任=民法714条は、責任能力のない子供が事故などを起こした場合、「監督義務者」の親が賠償責任を負うと定めている。親がいない場合は、親代わりの未成年後見人や児童福祉施設の施設長が責任を負う。監督義務を怠らなければ責任を免れるが、免責を認めた判決はほとんどなかった。
 ◆最高裁判決の骨子◆
▽親は、子供が人身に危険が及ばないよう注意して行動するよう、日頃から指導監督する義務がある
▽通常は危険が及ばない行為で、たまたま損害を生じさせた場合は、具体的に予見可能だったなどの特別な事情が認められない限り、監督義務を尽くさなかったとすべきではない

2015年04月09日 22時52分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

NPO法人代表の女性、刺され死亡 沖縄(10日)朝日

 9日午後0時50分ごろ、沖縄県沖縄市高原7丁目の住宅で女性が倒れているのを家族が見つけ、119番通報した。県警によると、女性はこの家に住むNPO法人代表の上江田静江さん(63)で、背中を刺されて死亡していた。県警は沖縄署に捜査本部を設け、殺人事件として捜査している。
 県警によると、上江田さんは自宅兼事務所の2階の居間でうつぶせに倒れていた。普段着で、背中に刺された傷があったが、凶器は見つかっていない。上江田さんは不登校の子どもを支援する活動をしていた。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH495VT3H49TPOB006.html

| コメント (0)

« 2015年4月9日 | トップページ | 2015年4月11日 »