« 2015年4月1日 | トップページ | 2015年4月3日 »

2015年4月2日

2015年4月 2日 (木)

振り込め詐欺容疑の男逮捕 警視庁、3700万円詐取か (2日)NHK

息子を装って高齢者に電話をかけて金をだまし取ったなどとして、警視庁捜査2課は2日までに、無職、米井典幸容疑者(33)=千葉県船橋市=を詐欺と詐欺未遂の疑いで逮捕した。
 同課によると、米井容疑者はATMから詐取金を引き出す「出し子」役で、容疑を認めている。同容疑者らのグループは、少なくとも13人から計3700万円を詐取した疑いがあるという。
 逮捕容疑は昨年9~10月、詐欺グループの仲間と共謀し、東京都内の女性(72)に長男を装って電話し、「夫がいる女性と付き合い、妊娠させてしまった」などと嘘を言って200万円を詐取したほか、さらに100万円を銀行口座に振り込ませようとした疑い。
 同課によると、女性が最初の200万円を振り込んだ後、不審に思った銀行が口座を凍結し、被害の拡大を防いだ。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H7D_S5A400C1CC0000/

| コメント (0)

温泉街の旅館従業員寮全焼、焼け跡から2遺体(2日)読売

2日午前4時50分頃、愛知県新城市能登瀬の旅館「翠明」従業員寮から出火し、木造平屋約60平方メートルと、隣接する同旅館経営者の松下美代子さん(65)方木造3階住宅約180平方メートルを全焼した。
 この火事で、従業員寮から2人の遺体が見つかり、同県警新城署が身元の特定を急ぐとともに、出火原因を調べている。
 同署によると、寮には70歳代の従業員男性と60歳代の元従業員女性が住んでおり、2人の所在が確認できなくなっている。松下さん方は4人暮らしで、火事に気付いて逃げ出し、全員無事だった。
 現場はJR飯田線湯谷温泉駅の南東約200メートルの温泉街。

2015年04月02日 15時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

「事態打開を」「今年こそ」=拉致被害者家族ら集会-東京(2日)時事

北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援団体「救う会」は2日夜、拉致問題の早期解決を訴える集会を東京都内で開いた。家族会の飯塚繁雄代表(76)は「何とかこの事態を打開しなければならない。政府はどんな状況下でも、拉致問題を最優先に取り組んでもらいたい」と訴えた。
 飯塚代表は集会の冒頭で「家族や被害者は肉体的にも精神的にも限界に来ている。『生きている被害者を即刻帰せ』と要求しないと、解決はずるずると先延ばしになる」と指摘。家族会メンバーは3日に安倍晋三首相と面会する予定で、飯塚代表は「具体的な動きが即出るよう、総理にお願いをしたい」と述べた。
 横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(79)は「子供の生命が危険にさらされ、家族はものすごく胸の痛い思いをしている。本当に『今年こそ』という思いだ」と訴え、支援を呼び掛けた。(2015/04/02-21:28)

2015/04/02-21:28

| コメント (0)

サイバー捜査強化で初の民間採用 兵庫県警(2日)NHK

兵庫県警察本部は多様化するサイバー犯罪を捜査する専門の部署を発足させ、全国の警察で初めて情報セキュリティ会社の社員を採用して取締りを強化することにしました。
今月から新たに設置されたのは、兵庫県警察本部の「サイバーセキュリティセンター」です。スマートフォンやSNS=ソーシャルネットワーキングサービスの普及で多様化するサイバー犯罪の捜査や、被害対策として巧妙化する手口を市民に知らせる活動に当たります。
2日の発足式で、井上剛志本部長は「サイバー犯罪の捜査の司令塔として機能してほしい」と訓示しました。
センターの人員は7人で、兵庫県警では全国の警察で初めてインターネットに詳しい情報セキュリティ会社の社員1人を任期つきの職員として採用しました。この職員は、これまでの経験や知識を生かしてサイバー犯罪の捜査に当たるとともに、ITやセキュリティの専門知識を持った警察官の育成などにも当たるということです。
サイバーセキュリティセンターの古川武秀センター長は「サイバー犯罪に関連する最新の知識を学びつつ、対策を強化したい」と話しています。

News_pic1_5http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010036731000.html

| コメント (0)

余罪50件? 知人から借りたバイクで“ひったくり”(2日)テレビ朝日

知人から借りたバイクでひったくりを繰り返したとみられています。
 大西勇介容疑者(28)は2月17日未明、東京・歌舞伎町の路上で、38歳の女性をバイクで追い抜きざまに現金7万円などが入ったバッグをひったくった疑いが持たれています。警視庁によりますと、去年10月以降、大西容疑者は2人の知人からバイクを度々借りていました。防犯カメラの解析から、この2台によるひったくり事件が新宿や渋谷などの繁華街を中心に都内で合わせて57件起きていて、警視庁が余罪を調べています。大西容疑者は容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000047649.html

| コメント (0)

交通捜査で活用、新型LED投光車や検索システム導入 (2日)TBS

警視庁は、交通事故の現場で利用する新型のLED投光車や新たな検索システムを導入しました。
 LED照明を搭載した新型の投光車は、これまでより、短時間で点灯できるのが特徴で、夜間の事故現場で効率的で的確な証拠の採取ができるということです。
 また、ひき逃げなど交通事故の捜査に利用する新たな検索システムも全国で初めて導入しました。このシステムはタイヤ痕や車両のパターンをデータ化し一元的に管理するもので、これまで手作業で長時間かけて行っていた検索作業を、わずか1時間に短縮できるということです。(02日18:42)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2460010.html

| コメント (0)

コンビニに刃物男 防犯カメラ映像公開(2日)日本テレビ

2日未明、茨城県ひたちなか市のコンビニエンスストアに、刃物を持った男が押し入った。男は何もとらずに逃走しており、警察は防犯カメラの映像を公開した。
 警察によると2日午前4時前、ひたちなか市のコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入った。男は、男性店員に刃物をつきつけて「金を出せ」と脅したが、男性店員が「警察を呼ぶ」と話したところ、何もとらず走って逃げた。
 男は、身長165センチから170センチくらいだという。警察は男の行方を追っている。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/04/02/07272237.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(2、3日単位・レベル)
横暴な自転車なんて…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010697 先月末、北海道岩見沢市の道道で、68歳の男性が運転する乗用車が道路脇の案内板に衝突。この事故を見ようとして近づいた71歳の男性が、突然動いた車にはねられ、男性2人が死亡する事故があった。
 警察庁によると平成26年に全国で発生した交通事故は57万3842件で前年に比べて5万5179件の減少。死者数は4113人で260人減った。
 発生の年間推移を見ると、昭和23年の統計開始以来では平成16年が最も多く95万2709件。昨年は過去10年間で最低の数字となった。
 死者数は昭和45年には1万6765人だったが、26年の4113人は平成に入って最も低かった。人口10万人当たりの死者数を年齢別でみると30代が最も少なくなっている。
 最近、特に問題となっているのは自転車による死亡事故。保険に入っている場合が少なく、相手に対する保証金に苦慮する人が多くなっているという。
 その自転車による死傷者数は10万8538人。どんな時に事故が起きているのかを見ると、違反がなくても死亡したり不詳したのは3万8551人もいる。
 違反の内容では安全不確認による死傷者は2万4816人もあった。動静不注視などの法令違反も含めて減少傾向にあるがなぜか徐行違反だけが多くなっている。
 交通量の少ない交差点では一時停止どころか、徐行もしないで走り抜ける御仁を見かける。腹が立つのはぶつかりそうになっても素知らぬ顔で去っていく横暴者だ。時には「あんな者は死んでしまえ」と思う時さえある。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

リベンジポルノ被害相談1カ月で110件 6割が20代以下 新法施行で初集計(2日)産経

復讐目的で元交際相手の裸の画像などを流出させる「リベンジポルノ」に絡む全国の警察への被害相談が昨年末の約1カ月で110件だったことが2日、警察庁のまとめで分かった。うち65件(59.1%)は20代以下だった。リベンジポルノを規制する私事性的画像被害防止法が昨年11月27日に施行されてから年末までを初集計した。
 インターネット社会を反映し、後を絶たない被害の一端が浮き彫りになった。警察は、プロバイダーなどに画像の削除を要請したり、被害者に被害拡大の防止について助言したりした。流出させた相手方に警告や注意を促したケースもある。
 相談内容は「画像を公表した(公表する)と言われた」が最多の42件。続いて「画像を送りつけられた」が22件だった。被害者の性別では、女性が99件(90.0%)。年代別では、20代が最も多い41件で、10代が24件だった。
 両者の関係は、交際相手(元交際相手を含む)が68件で6割を占めた。次いでネット上だけの関係の知人友人が14件だった。http://www.sankei.com/affairs/news/150402/afr1504020004-n1.html

| コメント (0)

取り調べの録音録画「拒否」で身柄移送、大阪地裁堺支部(2日)朝日

大阪府警が詐欺容疑などで逮捕した男の取り調べの録音・録画に応じなかったことを理由に、大阪地裁堺支部(長瀬敬昭裁判長)が男の勾留場所を警察署から大阪拘置所へ移す決定をしたことがわかった。こうした理由で容疑者の身柄を警察から引き離す措置は極めて異例だ。
 弁護人によると、20代の男は昨年10~12月、堺市の80代女性に虚偽の社債購入話を持ちかけた詐欺未遂や詐欺の疑いで逮捕・起訴され、公判中。逮捕後に勾留された南堺署で黙秘し、取調官から「死んだほうがいい」などと暴言を浴びせられたという。同12月10日付の地裁堺支部決定は、弁護側からの「違法な取り調べを受けている」という申し入れにもかかわらず、捜査側が取り調べの録音・録画を拒んだことを不当と判断した。
 警察署での勾留は、容疑者が24時間にわたり捜査機関の管理下に置かれるため、弁護士らから「自白強要の温床になる」との指摘があり、法務省が所管する拘置所への移送を弁護側が求めるケースがある。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASH414JM1H41PTIL018.html?iref=comtop_6_01

| コメント (0)

警視庁 ひき逃げ捜査に新システム導入(2日)NHK

ひき逃げ事件で現場に残されたタイヤの痕から車の絞り込みなどを速やかに行えるよう、警視庁は過去のひき逃げ事件などで蓄積されたタイヤの種類や、該当する車などをデータベース化した検索システムの運用を2日から始めました。
このシステムは、警視庁が全国で初めて開発したもので、過去のひき逃げ事件や交通事故で蓄積された500種類のタイヤの痕と、対応するタイヤを装着した2000台の車の画像、それに、捜査資料がデータベース化されています。
警視庁は、ひき逃げ事件の現場に残されたタイヤの痕から車を絞り込む際、これまで主に手作業で行っていましたが、この検索システムを使うと、タイヤの種類を絞り込む時間が大幅に短縮できるうえ、さらに車種を絞り込むのにこれまで10人の捜査員で40時間かかっていたのが、2人で1時間程度でできるということです。
また、警視庁は夜に起きたひき逃げの現場で証拠を収集しやすくするために、従来より早く現場を照らすことができる、新型のLED投光車も導入しました。
東京都内で去年起きた793件のひき逃げ事件のうち、検挙されたのは54%に当たる429件だったということで、警視庁はこうしたシステムなどを活用し、検挙率の上昇につなげたいとしています。

News_pic1_4http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010036421000.html

| コメント (0)

付箋に「好き」 元交際女性の職場の机に貼る (2日)TBS

元交際相手の女性の職場に押しかけ、「好き」などと書いた付箋を女性の机に密かに貼り付けるストーカー行為をしたとして、栃木県に住む26歳の無職の男が逮捕されました。
 ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは日光市に住む無職の荻原香大容疑者(26)で、先月27日ごろから30日ごろにかけて、かつて交際していた女性の職場に押しかけ、「好き」などと書いた付箋を女性の机に貼り付けた疑いが持たれています。
 荻原容疑者は、この女性の自宅に押しかけるなどストーカー行為を繰り返したなどとして、今年2月、県の公安委員会からストーカー行為の禁止命令を受けていました。
 警察の調べに対し、荻原容疑者は容疑を認めているということです。(02日13:56)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2459870.html

| コメント (0)

起立したのは卒業生たった2人…「国歌」着席のまま、曲だけ流す 国立奈良教育大付属中、入学・卒業式(2日)産経

国立大学法人・奈良教育大付属中学校(奈良市)の入学・卒業式で、国歌斉唱が行われていないことが1日、学校などへの取材で分かった。式典では生徒らを着席させた上で「君が代」の曲のみを流していた。国は平成11年に国旗国歌法を制定し、学習指導要領でも国旗掲揚と国歌斉唱の指導を明記しているが、同校は過去十数年間にわたり、入学・卒業式での国歌斉唱を実施していない。教員養成機関でもある教育大のあり方として議論を呼びそうだ。
   式は生徒が企画…
 学校側は産経新聞の取材に「式は生徒が企画、準備するものとして定着しており、開式後に座って(国歌を)聴く形で続いてきた」と説明。「今後はきちんとした形に改めたい」とし、8日の入学式では国歌斉唱を行う考えを示している。
 関係者によると、今年3月11日に行われた卒業式には約700人が出席。開式後に全員で起立、礼をして「着席」の号令で全員が席に座り、スピーカーを通じて君が代の曲が流された。その間、学校側は校長と副校長、教育大の学長と副学長のみが起立。生徒2人と保護者2人も、自主的に起立したという。
 同校によると、国旗国歌法の制定前は、式典で国歌を流すことさえなかった。国旗掲揚と国歌斉唱の適切な実施を求める文部科学省の通知などを受けて検討した結果、着席しながら曲を聴く形になったという。http://www.sankei.com/west/news/150402/wst1504020016-n1.html

| コメント (0)

特殊詐欺、総力で抑止 福岡県警に対策委・PT設置 (2日)日経

急増する「特殊詐欺」被害を防げ――。福岡県警は1日、吉田尚正本部長をトップとした特殊詐欺総合対策委員会と、実務を担う総合対策プロジェクトチーム(PT)を設置した。刑事部や生活安全部など各部が参加し、連携して取り締まりと被害抑止に当たる。捜査幹部は「戦略に基づいて実行するスキームに変え、県警の総合力を発揮する」としている。
 県内の被害額は2014年は12億9188万円に上り、同様の統計データのある04年以降の過去最悪を3年連続で更新した。さらに今年は3月24日までの被害件数が102件、被害額は6億2727万円といずれも昨年同期比で倍増の「危機的状況」(捜査幹部)。65歳以上の高齢者や女性の被害が目立っている。
 対策委は1日、今年の目標として(1)被害額10億円以下(2)摘発人数(14年は14人)倍増の30人以上(3)金融機関の声掛けなどによる阻止額6億円以上(前年比約1億円増)――などを設定。PTが各部門の連携や情報集約による犯行グループの摘発強化と、高齢者への呼び掛けや金融機関、宅配業者などと連携した被害防止を進める。
 対策委は警務や総務、地域、交通、警備を含む全部長らで構成。PTは「検挙対策班」と「抑止対策班」からなり、捜査2課や生活安全総務課を中心に、捜査1課やサイバー犯罪対策課、鉄道警察隊など幅広い部門が加わる。
 吉田本部長は県警本部で開かれたPT発足式で「被害額は極めて深刻。県警の総力を挙げて対策を推進する」と強調した。PTトップの山下英輔・刑事部統括参事官兼生活安全部統括参事官は「悪質卑劣な犯罪である特殊詐欺を絶対に許さないとの断固たる決意で職務にまい進する」と誓った。http://www.nikkei.com/article/DGXLASJC01H2A_R00C15A4ACYZ00/

| コメント (0)

女性だけの鑑識班発足、埼玉 性被害者の負担減へ(2日)共同

女性警察官だけで構成された機動鑑識班が1日、埼玉県警で発足した。性犯罪事件の発生直後に駆け付け、事情聴取などで被害者の精神的負担を減らすのが狙いで、全国初の試みという。
 班員は20~40代の巡査と巡査部長の6人。泊まりと明け勤務、休みの3交代24時間体制で、被害に遭った女性に付着したDNA採取や被害状況の聴取など、初動捜査に当たる。
 性犯罪事件では、男性警察官による捜査が被害女性の負担となるケースがあり、警察の課題の一つとなっていた。県警では非番の女性警察官を呼び出すこともあったという。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040101001817.html

| コメント (0)

ベランダから女性宅侵入、カッターナイフで脅す 強盗強姦未遂で22歳とび職の男を逮捕(2日)産経

女性から現金を奪い乱暴しようとしたとして、大阪府警捜査1課は1日、住居侵入と強盗強姦未遂の疑いで、堺市堺区協和町、自称とび職の男(22)を逮捕した。「身に覚えがありません」と供述し、容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は2月24日朝、府内のマンション2階の一室にベランダから侵入し、就寝中だった20代女性をカッターナイフで脅して現金約1万円を奪った上、乱暴しようとしたとしている。
 府警によると、現場で採取されたDNA型が男のものと一致した。http://www.sankei.com/west/news/150401/wst1504010082-n1.html

| コメント (0)

北朝鮮で抑留死869人名簿…露の公文書館保管(2日)読売 名簿あり

 【モスクワ=緒方賢一】第2次世界大戦後、旧ソ連が現在の北朝鮮に開いた「第53送還収容所」で死亡した日本人抑留者869人の名簿が、ロシアに残されていたことが分かった。
 名簿には死因のほか、遺体の埋葬日、埋葬場所などが記されている。ソ連政府が作成した北朝鮮抑留死亡者名簿が明らかになるのは初めて。朝鮮半島での抑留の実態や死者の最期を知る貴重な手がかりとなりそうだ。
 第53送還収容所は、ソ連が戦後、朝鮮半島北部の興南(現在の北朝鮮・咸興市興南地区)に設置、1947年4月にソ連領内のナホトカに移設された。死亡者名簿はソ連閣僚会議(政府)の送還業務全権代表部が作成し、ロシア連邦国立公文書館(モスクワ)が保管してきた。同公文書館はこのほど、46年11月20日から48年5月25日までの死亡者名簿や収容者の調書など167枚を、読売新聞に開示した。詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150402-OYT1T50005.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0)

25階建て高層住宅火災:3割、エレベーターで避難 東京(2日)毎日

◇「階段原則」伝わらず

 東京都千代田区西神田の高層区営住宅(25階建て)で3月2日に起きた火災を巡り、少なくとも20人以上の住民がエレベーター(EV)で避難していたことが自治会への取材で分かった。EVは停電で閉じ込められる危険性があるため、避難は階段が原則で、東京消防庁はEVを使わないよう指導している。消防隊が消火作業に使用し、同庁の審査を通れば高齢者や障害者だけに使用が認められる非常用EVも1基あったが、自治会はそもそもそうした指導内容を知らなかったという。【松本惇、神保圭作】
 同庁によると、火災は2日午前8時半ごろ発生。20階の一室約70平方メートルが焼け、この部屋に住む男(29)や別の部屋の住民2人が軽傷を負った。警視庁は30日、自宅居間のマットレスに放火したとして、この男を現住建造物等放火容疑で逮捕したが、消防隊は出火当時、最上階まで設置されている「連結送水管」で消火に当たり、約4時間半後には消し止めた。
 自治会は先月8日の住民懇談会で、出席者に火災時の避難状況についてのアンケートを実施。それによると回答した64人のうち、高層階の住民を中心に23人がEVで避難していた。区営住宅には火災当時、173世帯442人が入居し、うち約230人が戸外に避難したことが確認されており、実際はもっと多くの住民がEVで避難した可能性が高い。
 区営住宅のEVは常用の2基と非常用の1基の計3基が同じホールに向かい合う形で設置されていた。自治会によると、常用EVは火災報知機が鳴ると自動停止する仕組みだったがケーブルの不良で停止せず、消防隊が手動で止めたといい、その間にEVで避難した人は相当数いたとみられる。
 また、非常用EVについては、普段は常用と同様に生活手段として使われていることから、EVで避難したと回答した23人中に含まれるだけでなく、非常用EVを使って避難した住民はかなりいたとみられる。
 自治会長は毎日新聞の取材に対し「(避難時の非常用EVの使用対象が)障害者と高齢者に限られていることは知らなかった」。常用EVで避難したという70代の女性は「避難訓練でエレベーターは使えないと知っていたが、他の住民が乗り込んでいたので自分も続いてしまった」と話した。

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20150402k0000m040150000c.html

| コメント (0)

裁判員裁判の除外に 福岡地裁、工藤会系薬物事件の審理(2日)朝日

裁判員に危害が加えられる恐れがあるとして、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は、麻薬特例法違反(業としての譲渡)などの罪に問われた指定暴力団工藤会系組幹部ら2人の被告の審理を裁判員裁判の対象から外す決定をした。最高裁によると、裁判員裁判からの除外決定は同地裁小倉支部での工藤会系組幹部らの2件の公判に続き、全国で3例目。
 決定は3月31日付。対象となるのは、工藤会系組幹部の松尾大奨(だいすけ、34)、組員の森田和幸(28)の両被告が起訴された事件。起訴状などによると、両被告は2013年7月に東京都内で覚醒剤約1キロを930万円で買い取ったほか、12年11月~13年7月、国内で多数回にわたり、覚醒剤を密売するなどしたとされる。福岡地検が裁判員裁判からの除外を請求していた。
 決定は「工藤会による組織的犯行か否かについて、裁判員が判断を求められることが十分に予想される」とし、「審理状況や判決内容などによっては、工藤会が、裁判員らの生命や身体または財産に危害を加えるおそれがあると認められる」とした。
 裁判員法は、裁判員やその親族などに危害が加えられる恐れがある場合は、裁判官だけで審理できると規定している。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH414QWBH41TIPE026.html

| コメント (0)

海老名市の県道でひき逃げ、男性死亡 (2日)TBS

1日夜遅く、神奈川県海老名市の路上で、56歳の男性がひき逃げされ死亡しました。警察が逃げた車の行方を追っています。
 1日午後11時ごろ、海老名市中野にある県道の中央分離帯のそばで、男性が頭から血を流して倒れているのを車で通りがかった男性が見つけました。男性は、海老名市の会社員、阿部秀春さん(56)で、その場で死亡が確認されました。警察によりますと、現場は見通しのいい直線道路で、横断歩道はありませんでした。
 家族の話では、阿部さんはこの日、花見をしていて、帰宅途中だったとみられています。警察は、現場周辺の防犯カメラの映像を確認するなどして、死亡ひき逃げ事件として逃げた車の行方を追っています。(02日03:21)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2459676.html

| コメント (0)

すし店で口論…背中を包丁で刺す 男を逮捕(2日)テレビ朝日

山梨県のすし店で口論の末、男が男性の背中を刺したとして殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。
 1日午後5時20分ごろ、山梨県身延町で、「すし店の前で複数の男性が口論になっていて、うち1人が包丁を持っている」と110番通報がありました。警察が駆け付けると、43歳の男性が背中から血を流して倒れていて、ドクターヘリで甲府市内の病院に搬送されました。全治2~3週間のけがだということです。警察は、付近にいた無職の金昂容疑者(60)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。金容疑者は「やっていない」と容疑を否認しているということで、警察は当時の状況を詳しく調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000047592.html

| コメント (0)

「不倫相手が妊娠」息子装い現金詐取か 男逮捕(2日)テレビ朝日

「不倫相手が妊娠してしまった」と息子を装って嘘の電話を掛け、女性から200万円をだまし取ったとして33歳の男が逮捕されました。
  米井典幸容疑者は去年9月から翌月にかけ、東京都内の72歳の女性に「夫がいる女性が妊娠してしまい、示談金がいる」と息子を装って電話し、200万円をだまし取るなどした疑いが持たれています。米井容疑者はATMなどから金を引き出す役とみられ、警視庁は、他に3500万円近くの余罪があるとみて調べています。取り調べに対し、容疑を認めています。引き出す際、サングラスや帽子で顔を隠していましたが、防犯カメラの映像解析で関与が浮上しました。

2009_1229_211958annlogo1http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000047602.html

| コメント (0)

高齢の母死亡 殴った次男逮捕し捜査(2日)NHK

1日、東京・江戸川区のマンションで88歳の女性が意識の無い状態で見つかり、まもなく死亡が確認されました。警視庁は同居する52歳の次男が3月、女性を殴ったことを認めたことなどから、傷害の疑いで逮捕するとともに、死亡したいきさつについても調べています。
1日午前6時ごろ、江戸川区谷河内のマンションの部屋で、この部屋に住む長谷川ツルさん(88)が寝室のベッドの上で意識のない状態で見つかり、病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。
長谷川さんの顔にはあざがあったことなどから、警視庁が長谷川さんの次男で、同居している区立小学校の職員、隆裕容疑者(52)から事情を聴いたところ、3月上旬に長谷川さんを殴ったことを認めたため、傷害の疑いで逮捕しました。
これまでの調べで、長谷川さんは10年ほど前から隆裕容疑者と2人暮らしで、3月から体調を崩して寝たきりになったため、隆裕容疑者が介護していたということです。
調べに対し、「母親が約束を破るので、たびたび頭にきて殴った」などと供述しているということで、警視庁は、隆裕容疑者が寝たきりになった長谷川さんに暴行を繰り返していた疑いがあるとみて捜査するとともに、死亡したいきさつについても調べています。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010035801000.html

| コメント (0)

嘱託警察犬20頭に嘱託書の交付式 熊本(2日)NHK

熊本県で事件・事故の捜査などに協力する嘱託警察犬に今年度は20頭が選ばれ、1日に嘱託書の交付式が行われました。
嘱託警察犬は、ふだんは一般家庭や民間の訓練所で飼育され、警察から要請があったときに行方不明者の捜索や事件の捜査に出動します。
1日の交付式には、1月の審査会で合格した20頭のうち8頭が出席しました。そして、熊本県警察本部の池部正剛刑事部長から、訓練にあたっている7人の指導士に嘱託書が手渡されました。
池部刑事部長は「高齢化に伴って、行方不明者の捜索などが増えていて、嘱託警察犬への期待が高まっています」とあいさつをしました。警察によりますと、去年1年間で嘱託警察犬は14件出動し、お年寄りの捜索などに当たったということです。
相良村の指導士、開田宏さんは「1現場、1現場が勉強になるので、さらに精度を高められるよう、警察犬を育てていきたい」と話していました。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010035811000.html

| コメント (0)

« 2015年4月1日 | トップページ | 2015年4月3日 »