« 首都高ひき逃げ事件 男を逮捕(3日)NHK | トップページ | 両親殺人放火、長男に無罪 さいたま地裁「犯罪の証明なし」(4日)共同 »

2015年3月 4日 (水)

母の遺体を1年放置容疑 「年金もらえなくなると思い」(4日)朝日

母親の遺体を自宅に1年近く放置したとして、愛媛県警は3日、松山市上市2丁目、無職菅(かん)修一容疑者(58)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め、「届け出ると母の年金がもらえなくなると思った」と供述しているという。
 松山東署によると、菅容疑者は昨年3月25日ごろ、自宅アパートで同居する母の桂子さん(当時78)が死亡したことに気づきながら、遺体を放置した疑いがある。今月2日、家賃の滞納があったため合鍵で入室した不動産管理会社の社員が、こたつに足を入れた状態で白骨化した遺体を見つけた。司法解剖の結果、死因は不明で、死後半年から1年が経過していた。
 菅容疑者は桂子さんと2人暮らし。死亡後は、ホテルに泊まって、現金が尽きれば自宅に戻る生活を続けていたという。
 署は年金を不正受給した詐欺容疑でも調べる方針。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH335WMYH33PFIB00N.html

« 首都高ひき逃げ事件 男を逮捕(3日)NHK | トップページ | 両親殺人放火、長男に無罪 さいたま地裁「犯罪の証明なし」(4日)共同 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首都高ひき逃げ事件 男を逮捕(3日)NHK | トップページ | 両親殺人放火、長男に無罪 さいたま地裁「犯罪の証明なし」(4日)共同 »