« ズボンに隠し万引きしたクラブで従業員殴り逃走(27日)読売 | トップページ | 捜査装い少女情報を入手 警視庁元警部補を起訴 「年齢や居住地知りたかった」(27日)産経 »

2015年3月27日 (金)

加古川7人刺殺:上告審が結審(27日)毎日

兵庫県加古川市で2004年、親類と隣人計7人を刺殺したとして殺人罪などに問われ、1、2審で死刑を言い渡された藤城康孝被告(58)の上告審弁論が27日、最高裁第2小法廷(千葉勝美裁判長)であった。弁護側は「被告には妄想性障害があり、完全責任能力を認めた1、2審は誤り」と死刑回避を主張。検察側は上告棄却を求めて結審した。判決期日は後日指定される。

 1、2審判決によると、藤城被告は04年8月、隣家に住むおばの藤城とし子さん(当時80歳)宅に侵入。包丁でとし子さんら3人を刺殺、1人に重傷を負わせた。さらに隣人の藤城利彦さん(同64歳)宅でも4人を刺殺、逃走時に自宅に放火し全焼させた。【川名壮志】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150328k0000m040111000c.html

« ズボンに隠し万引きしたクラブで従業員殴り逃走(27日)読売 | トップページ | 捜査装い少女情報を入手 警視庁元警部補を起訴 「年齢や居住地知りたかった」(27日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ズボンに隠し万引きしたクラブで従業員殴り逃走(27日)読売 | トップページ | 捜査装い少女情報を入手 警視庁元警部補を起訴 「年齢や居住地知りたかった」(27日)産経 »