« 捜査ミスで無罪の男性、450万円で国と和解 大阪地裁(27日)朝日 | トップページ | 栃木、バス事故中学生24人搬送 北関東道、サッカー遠征(27日)共同 »

2015年3月27日 (金)

女性1割ストーカー被害…うち3割「命の危険」(27日)読売

内閣府は27日午前、「男女間における暴力に関する調査」の結果を発表した。
 女性の10人に1人が、特定の男性からつきまとい行為などのストーカー被害の経験があると回答。このうち、3割が命の危険を感じていた。
 2014年12月に全国の成人男女5000人を対象に行い、7割の3544人から回答を得た。調査は3年に1回行われているが、ストーカーに関する質問項目は、今回が初めて。
 ストーカー被害の経験があると回答したのは、女性が10・5%で、男性は4・0%。このうち命の危険を感じたのは女性が28・9%、男性が15・7%だった。
 加害者の内訳は、「交際相手・元交際相手」が38・5%と最も多く、次に「知人・友人」が21・2%、「職場・アルバイトの関係者」が20・0%となっており、顔見知りが約8割だった。
 ストーカー行為を受けたことで、「外出するのが怖くなった」(21・5%)、「心身に不調をきたした」(18・1%)、「夜、眠れなくなった」(16・2%)など日常生活に悪影響が出た例も多く見られた。

2015年03月27日 11時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 捜査ミスで無罪の男性、450万円で国と和解 大阪地裁(27日)朝日 | トップページ | 栃木、バス事故中学生24人搬送 北関東道、サッカー遠征(27日)共同 »

ストーカー事件・DV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 捜査ミスで無罪の男性、450万円で国と和解 大阪地裁(27日)朝日 | トップページ | 栃木、バス事故中学生24人搬送 北関東道、サッカー遠征(27日)共同 »