« 総連議長、訪朝見送りへ 最高人民会議に出席せず(28日)共同 | トップページ | パトカー追跡振り切ったミニバイクの少女死亡(28日)NHK »

2015年3月28日 (土)

作業船転覆事故 特殊救難隊が船内捜索(28日)NHK

北海道函館市の沖合で4人が乗った作業船が転覆した事故で、海上保安庁は船内に乗組員が取り残された可能性があるとして28日朝から特殊救難隊による船内の捜索を行っています。
27日、函館市の住吉漁港のおよそ1.5キロ沖合で、熊本県上天草市に本社がある船会社「パールライン」が所有する「第十八明祐」(19トン)が船の部品を乗せた台船をえい航していたところ転覆しました。
船には当時、4人が乗っていたということで、海上保安庁のヘリコプターや巡視船が捜索し、夕方乗組員とみられる男性1人を見つけましたが、病院で死亡が確認されました。
海上保安庁が身元の確認を急いでいます。転覆した船では、中から船体をたたくような音がしたということで、海上保安庁は乗組員が船内に取り残された可能性もあるとみて、27日夜、救難活動を専門に行う特殊救難隊を現地に向かわせましたが、波が高く風も強かったため、船内の捜索は断念しました。
しかし、28日朝早く特殊救難隊を現場に向かわせ、天候の状況を確認したところ、捜索が可能になったと判断したということで、午前5時半に船内の捜索を始めました。
海上保安庁によりますと、特殊救難隊のダイバー5人が船内を捜索し、行方が分からない乗組員の発見を急ぐことにしています。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150328/k10010030621000.html

« 総連議長、訪朝見送りへ 最高人民会議に出席せず(28日)共同 | トップページ | パトカー追跡振り切ったミニバイクの少女死亡(28日)NHK »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 総連議長、訪朝見送りへ 最高人民会議に出席せず(28日)共同 | トップページ | パトカー追跡振り切ったミニバイクの少女死亡(28日)NHK »