« 成田空港きょう検問廃止、カメラ中心のシステムに (30日)TBS | トップページ | さい銭箱物色の男に高1「おい」、硬貨戻させる(30日)読売 »

2015年3月30日 (月)

気象庁 ニューギニアの大地震で津波の影響調査(30日)NHK

ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の30日午前8時49分ごろ、南太平洋、パプアニューギニアのニューブリテン島付近でマグニチュード7.6の大きな地震がありました。
この地震で太平洋で津波が発生する可能性があり、気象庁は日本への津波の影響があるかどうか調べています。また、気象庁は太平洋沿岸の各国に北西太平洋津波情報を発表しました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150330/k10010032271000.html

アメリカの地質調査所によりますと、日本時間の30日午前8時49分ごろ、太平洋のパプアニューギニア付近で大きな地震がありました。震源はパプアニューギニアのニューブリテン島東部の沖合で、震源の深さはおよそ66キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.6と推定されています。
ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、この地震でパプアニューギニアの沿岸では高さ1メートルから3メートルの津波のおそれがあるということで、警戒を呼びかけています。また、日本やオーストラリア、フィリピン、インドネシアなどの沿岸部でも最大で高さ30センチの津波の可能性があるということです。

日本大使館「今のところ邦人被害なし」

パプアニューギニアの日本大使館によりますと震源に近いニューブリテン島周辺にはJICA=国際協力機構が現地で行っている事業に参加している人を中心に、日本人がおよそ20人ほどいますが、今のところ被害の情報は入っていないということです。大使館では現在、さらに情報収集を進めているということです。

震源に近い空港職員「目立った被害なし」

震源に近いパプアニューギニアのニューブリテン島にある町、ココポの空港の職員はNHKの取材に対し、「今のところ目立った被害はない」と話しています。また、同じココポの町の住民は「これまで経験したこともない大きな揺れだったが、家に被害が出るほどではなかった」と話していました。

« 成田空港きょう検問廃止、カメラ中心のシステムに (30日)TBS | トップページ | さい銭箱物色の男に高1「おい」、硬貨戻させる(30日)読売 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成田空港きょう検問廃止、カメラ中心のシステムに (30日)TBS | トップページ | さい銭箱物色の男に高1「おい」、硬貨戻させる(30日)読売 »