« 地下鉄サリン事件から20年 テロ対策の課題(20日)NHK | トップページ | 父親をサバイバルナイフで刺す 息子を逮捕、父親は死亡(20日)産経 »

2015年3月20日 (金)

チュニジア襲撃、9人逮捕=イスラム過激派関与-邦人犠牲は東京・埼玉の3人(20日)時事

 【チュニス時事】チュニジアの首都チュニスで日本人3人を含む多数の外国人が犠牲となった観光客襲撃テロ事件で、チュニジア大統領府は19日、治安部隊が容疑者9人を逮捕したと発表した。事件に直接関与したのは4人で、残りは犯行グループの関係者という。AFP通信が伝えた。現場で射殺された2人を含め、捜査当局は背後関係や動機解明に向けて全力を挙げている。カイドセブシ大統領はイスラム過激派の関与を指摘し、「容赦なくテロと戦う」と宣言した。〔写真特集〕チュニジアで観光客襲撃テロ~邦人も犠牲に~

 ロイター通信によると、事件の死者は4人増え、23人になった。うち20人が外国人。日本人では、埼玉県の宮崎チエミさん(49)、娘の遥さん(22)、60代の成沢マチヨさん=東京都=が死亡した。負傷者は結城法子さん(35)、天井健二さん=東京都=ら3人。天井さんは軽傷のもよう。
 犯行声明は出ていないが、カイドセブシ大統領は18日、フランスのテレビ局に対し、実行犯はリビア東部を拠点とするイスラム過激派組織「アンサール・シャリア」と関係していると指摘。同組織の摘発に着手したことを明らかにした。
 事件は18日に発生。武装した男らが国立バルドー博物館を訪れた観光客に銃を乱射した。多くの観光客はイタリアからクルーズ船に乗ってチュニスに入り、バスで博物館に到着した。チュニジア政府は24日までに博物館を再開すると発表した。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によれば、18日は博物館近くの国会議事堂でテロ対策法案が議論中だったが、事件との関連は不明。観光客が訪れる博物館が襲撃されたため、外国人を狙った犯行との見方も出ている。
 チュニジアは民主化要求運動「アラブの春」で民主化に成功したが、政治活動に対する締め付けが緩和されたため、イスラム過激派が勢力を拡大。過激派組織「イスラム国」に共鳴する若者ら数千人がシリアなどに渡航したとされる。事件と同組織を結び付ける直接的な証拠はないが、ニューヨーク・タイムズ紙によると、同組織支持者はインターネット上で襲撃テロを称賛している。(2015/03/20-00:15)

2015/03/20-00:15

« 地下鉄サリン事件から20年 テロ対策の課題(20日)NHK | トップページ | 父親をサバイバルナイフで刺す 息子を逮捕、父親は死亡(20日)産経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地下鉄サリン事件から20年 テロ対策の課題(20日)NHK | トップページ | 父親をサバイバルナイフで刺す 息子を逮捕、父親は死亡(20日)産経 »