« 連続児童殺傷加害者が遺族に手紙 「深く事件見つめている」と感想(23日)共同 | トップページ | 保護観察制度:負担大、保護司なり手なく 川崎の2人も(23日)毎日 »

2015年3月23日 (月)

80歳夫が搬送後死亡、顔殴った56歳妻を逮捕(23日)読売

夫(80)の顔を殴ったとして、京都府警下鴨署は22日、京都市左京区修学院千万田町、自称塾講師・曽我久子容疑者(56)を暴行の疑いで逮捕した。夫は病院搬送後に死亡が確認されており、同署は司法解剖して詳しい死因を調べる。
 発表によると、曽我容疑者は21日午後0時30分頃から同4時頃までの間に、自宅で夫の顔を素手でたたいた疑い。曽我容疑者は夫と二人暮らしで、夫の顔面や体には複数の打撲痕があった。調べに「着替えさせる時に手が当たっただけ」と容疑を否認しているという。
 夫は認知症を患っていたとみられ、今月12日には自宅近くで徘徊しているところを同署に保護されていた。顔面や頭部に擦り傷があったが、曽我容疑者が病院搬送を拒否したことから、同署は虐待の恐れがあるとして、市に情報提供していたという。

2015年03月22日 11時09分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 連続児童殺傷加害者が遺族に手紙 「深く事件見つめている」と感想(23日)共同 | トップページ | 保護観察制度:負担大、保護司なり手なく 川崎の2人も(23日)毎日 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連続児童殺傷加害者が遺族に手紙 「深く事件見つめている」と感想(23日)共同 | トップページ | 保護観察制度:負担大、保護司なり手なく 川崎の2人も(23日)毎日 »