« コンビニに“包丁男” 警察官切りつけ、現行犯逮捕 (20日)TBS | トップページ | 地下鉄サリン事件から20年 テロ対策の課題(20日)NHK »

2015年3月20日 (金)

チュニジア襲撃 「イスラム国」が関与認める音声か(20日)テレビ朝日

チュニジアの博物館で起きた襲撃事件で、過激派組織「イスラム国」の犯行声明とみられる音声メッセージが公開されました。首都チュニスから報告です。

 (荒木基記者報告)
 メッセージは、イスラム過激派組織がよく利用するインターネット上のサイトに掲載され、「カリフ制国家の2人の騎士がバルドー博物館を標的にした」などと話し、新たなテロ攻撃も示唆しています。これまでチュニジア政府は、チュニジアのイスラム過激派組織「アンサール・シャリーア」の犯行との見方を示していましたが、イスラム国の関与の疑いが出てきたのはこれが初めてのことでして、このメッセージの信ぴょう性が分析されています。これに対して、チュニジア政府は、新たに直接事件にかかわったとして4人の男、さらにはこの犯行グループに関連があった5人、合わせて9人の男を拘束したと明らかにしています。また、チュニジア保健省によりますと、事件ではこれまでに外国人観光客など23人が死亡、47人がけがをしたということです。このうち日本人は、これまでに3人が亡くなり、また4人がけがをしたということで、チュニス市内の病院に入院をしています。すでに事件から2回目の夜を迎えていますが、チュニジア政府は、軍を首都チュニスの要所に展開して新たなテロ攻撃への警戒を続けています。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000046729.html

« コンビニに“包丁男” 警察官切りつけ、現行犯逮捕 (20日)TBS | トップページ | 地下鉄サリン事件から20年 テロ対策の課題(20日)NHK »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンビニに“包丁男” 警察官切りつけ、現行犯逮捕 (20日)TBS | トップページ | 地下鉄サリン事件から20年 テロ対策の課題(20日)NHK »