« マイナンバー改正法案を閣議決定、来年1月から運用開始 (10日) | トップページ | 大阪府教育長パワハラ:「毅然とした対応」求める要望書(10日)毎日 »

2015年3月10日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
アイディアが勝負だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010680 治安のバロメーターのひとつに検挙率がある。その検挙率を引き下げて住民に不安を与えているのが窃盗事件。
 刑法犯認知件数の約8割を占めるが、この中でも最も多いのが自転車盗だ。
 この自転車盗が都内で多い区のひとつに江戸川区がある。ワーストを争うことから区を挙げて自転車盗防止策をこうじたら平成26年の自転車盗は激減したという。
 盗難被害に遭う自転車の約6割は無施錠。このため区では「鍵かけ」を呼びかけるのぼり旗400本をつくり自転車置き場に設置。子供たちによる「盗難自転車なくし隊」を結成して盗難防止を呼びかけたという=産経新聞
 防犯は警察だけではできない。地域住民の協力が不可欠である。同区は警察、行政、住民挙げて街を守ったことになる。
 警察庁によると今年に入って全国の自転車盗の認知件数は1万7499件で前年同期に比べて3358件の減少。都道府県別ではワースト1は東京の3857件。以下、大阪の2663件、埼玉の1480件、神奈川の1109件、千葉の983件と続く。相変わらず首都圏に集中している。
 検挙率は秋田の116.0%を筆頭に青森66.7%、北海道29.0%、香川18.8%、徳島18.1%など。最低の検挙率は鳥取の2.3%など多くの都府県は1桁台が多い。防止にはアイディアが必要のようだ。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« マイナンバー改正法案を閣議決定、来年1月から運用開始 (10日) | トップページ | 大阪府教育長パワハラ:「毅然とした対応」求める要望書(10日)毎日 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイナンバー改正法案を閣議決定、来年1月から運用開始 (10日) | トップページ | 大阪府教育長パワハラ:「毅然とした対応」求める要望書(10日)毎日 »