« 1400万円詐欺被害、80代女性 孫装う男らに「カバン盗まれた」(6日)産経 | トップページ | 群馬大病院で8人死亡、医師らの刑事告訴を検討 (6日)TBS »

2015年3月 6日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(6、7日単位・レベル)
水際作戦を強化せよ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010652 全国の税関が平成26年に偽ブランド品やキャラクターグッズの模倣品などで輸入を差し止めたケースは3万件を超えたという。このうち中国からの輸入品が92・2%を占め、5年連続で9割を超えたというから驚きである。
 偽物と言えば、近年、偽札の流通が増加している。警察庁によると平成26年中に発見した偽造1万円札は1581枚にのぼり、前年より994枚も増えており、過去3年で最悪の数字だ。
 5千円札も108枚で同34枚、千円札は545枚で同242枚とそれぞれ増加している。見ることが少ない2千円札も1枚見つかっている。
 偽札と言えば平成16年には1万円札が8828枚、千円札が1万6012枚も見つかるなど最悪の数字となったが現在は減少傾向にはあった。
 警察庁では偽札の増加の要因として高性能のコンピュータ、スキャナ、プリンタ等の普及により精巧に偽造できるからではないかと見ている。
 しかし、平成25年に中国・上海から偽1万円札約200枚を密輸入した愛知県の76歳の会社役員と新潟市の44歳の会社役員がこのほど大阪府警に逮捕されている。北朝鮮による偽ドル札事件を彷彿させた事件だが、国内での偽造に加えて国外からの流入もあるとすれば放置できない。訪日外国人も多くなっており、水際作戦の強化が必要だ。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 1400万円詐欺被害、80代女性 孫装う男らに「カバン盗まれた」(6日)産経 | トップページ | 群馬大病院で8人死亡、医師らの刑事告訴を検討 (6日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1400万円詐欺被害、80代女性 孫装う男らに「カバン盗まれた」(6日)産経 | トップページ | 群馬大病院で8人死亡、医師らの刑事告訴を検討 (6日)TBS »