« 水資源開発でうその出資勧誘 消費者庁が注意呼びかけ(30日)朝日 | トップページ | 浄水機販社社長ら在宅起訴=霊感商法で1億円脱税-東京地検(30日)時事 »

2015年3月30日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日単位・レベル)
治安は良い方向に向かっている
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010696 現在の日本の治安は「良い方向に向かっている」と思っている人が18.9%にのぼることが内閣府の調査で分かった。「良い方向に向かっている」の1位は「科学技術」で30.1%。以下、「医療・福祉」が26.7%。「防災」が21.3%。「治安」が4位で18.9%の順だった。平成27年1月の調査によるもので、11年前の平成16年1月調査で「治安」は「悪い方向に向かっている」の分野に入っており、悪い方向の3位で39.5%もあった。
 27年の調査で「治安」をあげた者の割合は男性が多く、なかでも60歳代で高くなっている。
 内閣府の調査はそれぞれ1月なので警察庁がまとめた数字をその前年で見てみると次のようになっている。
 平成15年の全国の刑法犯認知件数は279万0136件だったが、平成26年は半減して121万2163件だった。なかでも全認知件数の8割近くを占める窃盗事犯が223万5844件から89万7259件と激減していることだ。
 テロ情報もあり現在の体感治安は決して「良い」とは言えないが、数字治安は確かに内閣府の調査を裏付けている。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 水資源開発でうその出資勧誘 消費者庁が注意呼びかけ(30日)朝日 | トップページ | 浄水機販社社長ら在宅起訴=霊感商法で1億円脱税-東京地検(30日)時事 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水資源開発でうその出資勧誘 消費者庁が注意呼びかけ(30日)朝日 | トップページ | 浄水機販社社長ら在宅起訴=霊感商法で1億円脱税-東京地検(30日)時事 »