« 【地下鉄サリン20年】「2度と起きないよう万全期す」安倍首相が事件現場に献花(20日)産経 | トップページ | アレフ「ワラにもすがる思い」 松本死刑囚の教義受け継ぐ (20日)TBS »

2015年3月20日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)
事件は続いていた
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010673 パソコン事業に乗り出したオウムは、部品の海外からの輸入だけでなく国内でのソフト開発にも着手した。
 当時の極秘資料によると警視庁の車両管理システムの開発を受注したほか防衛庁、当時の文部省、同郵政省など官庁ばかりでなく日本原燃など原発関連、原子力事業に係わる企業からNTTのシステムまで開発したのである。
 このパソコン事業は当時の上祐・教団幹部の発案によるもの。公安調査庁が団体規制法に基づき「観察処分」のため教団の意見聴取を始めるやいなや、上祐はオウム真理教を殺戮集団のイメージから脱却するため3女を中心に切り離しを試みるが長女の反対に遭い難航。このため上祐は平成12年1月18日に自ら記者会見を行い、オウム真理教から「アレフ」へ改名を発表した。パソコン事業に乗り出したのはその財源だった。
 これまた極秘資料だが、各官庁のパソコン管理システムを開発したが、さらに驚くのは、オウムは日本国内での核物質の動きを把握していた。
 それは、各原発への核燃料の輸送の際のコースから輸送先施設、輸送車両の特徴、パトカーや護送車まで含めた車列まで詳細だった。サリン事件の後、何を狙っていたのか?
 上九の教団を摘発後、オウム真理教団名は消えたものの麻原の意思を引き継いでいたことは伺える。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 【地下鉄サリン20年】「2度と起きないよう万全期す」安倍首相が事件現場に献花(20日)産経 | トップページ | アレフ「ワラにもすがる思い」 松本死刑囚の教義受け継ぐ (20日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【地下鉄サリン20年】「2度と起きないよう万全期す」安倍首相が事件現場に献花(20日)産経 | トップページ | アレフ「ワラにもすがる思い」 松本死刑囚の教義受け継ぐ (20日)TBS »