« 死亡女性の預金引き出した男性、遺体で発見 川口の殺人(17日)朝日 | トップページ | 競輪選手が自転車で衝突事故、57歳女性が重体 (17日)TBS »

2015年3月17日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17,18日単位・レベル)
えっ世紀末
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010678 「あれから20年」-地下鉄サリン事件で思いだすのは、一人の警視庁幹部のひらめき。そのひらめきが現場に駆けつけた警察官や消防隊の命を救ったのだ。
 その人の名は寺尾正大・元捜査1課長。警察無線を聞き入る寺尾…「目がチカチカする」「瞳孔が収縮する」「涙が止まらない」「くしゃみをする」「呼吸が困難になる」-断片的な無線から寺尾がひらめいたのが「サリン」。
 そう判断した寺尾は無線で現場の全警察官に注意を呼びかけた。サリンは皮膚からも浸透することから被害者の扱いには十分注意する必要があるからだ。
 このため現場に駆けつけた警察官170人がサリン中毒になったが殉職者はいなかったのである。
 「サリン」は戦場で大量殺戮に使われる科学兵器。テロ集団「オウム真理教」は、それを製造して実行に移したというから、恐ろしい集団である。名こそ変えたが、そのテロ集団に今でも35歳以下の女性信者が多いという。
 そう言えば、ヤギを殺そうと小学校に侵入して検挙された中学3年生の供述は「イスラム国の処刑映像を見て人を殺そうと思い、その練習にヤギを殺そうとした」と供述しているという。
何を考えているのか理解しにくい若者たちが多くなっている。「辛さ」「怖さ」「痛さ」などを理解できない〝ゲーム感覚人間〟?
 ちとオーバーになるが麻原流で言えば「世紀末」なのだろうか?
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦しました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏             ポイント 19以下

« 死亡女性の預金引き出した男性、遺体で発見 川口の殺人(17日)朝日 | トップページ | 競輪選手が自転車で衝突事故、57歳女性が重体 (17日)TBS »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死亡女性の預金引き出した男性、遺体で発見 川口の殺人(17日)朝日 | トップページ | 競輪選手が自転車で衝突事故、57歳女性が重体 (17日)TBS »