« 長野で最大38万世帯停電 長野新幹線が運転見合わせ(2日)共同 | トップページ | 長野県内の大規模停電 すべて復旧(2日)NHK »

2015年3月 2日 (月)

開かずの踏切でまた事故 東京・足立、軽の男性が死亡(2日)日経

1日午前10時10分ごろ、東京都足立区の東武伊勢崎線(スカイツリーライン)竹ノ塚駅近くの踏切で、南栗橋発中央林間行き急行列車(10両編成)と軽自動車が衝突した。車を運転していた同区の会社員、市毛建人さん(25)が搬送先の病院で死亡した。列車の運転士や乗客約千人にけがはなかった。
 警視庁竹の塚署や東武鉄道によると、車は遮断機が下りた後で踏切内に進入したとみられる。踏切を監視していた警備員が非常ボタンを押し、列車が緊急停止したが、列車の側面に車がぶつかった。東武鉄道はスカイツリーラインの一部区間で約9時間にわたり運転を見合わせた。
 同踏切は「開かずの踏切」と呼ばれ、2005年には歩行者4人が列車にはねられ死傷する事故が発生。当時手動だった遮断機の操作を誤ったとして、元保安係が業務上過失致死傷罪で実刑判決を受けた。05年に踏切は自動化した。20年度の完成予定で高架化工事が進んでいる。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H1C_R00C15A3CC1000/

« 長野で最大38万世帯停電 長野新幹線が運転見合わせ(2日)共同 | トップページ | 長野県内の大規模停電 すべて復旧(2日)NHK »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長野で最大38万世帯停電 長野新幹線が運転見合わせ(2日)共同 | トップページ | 長野県内の大規模停電 すべて復旧(2日)NHK »