« 北海道トンネル単独事故2人死亡 愛別町、運転の男逮捕(26日)共同 | トップページ | インサイダー取引で男2人を起訴 東京地検特捜部(26日)テレビ朝日 »

2015年3月26日 (木)

ボイスレコーダーに解析可能な人の声や物音(26日)NHK

乗客乗員150人を乗せてフランス南東部に墜落したドイツの旅客機について、フランスの航空事故調査局はボイスレコーダーに人の声や物音が解析可能な状態で記録されていることを明らかにし、解析を急いで事故原因の解明につなげたいとしています。
24日、スペインのバルセロナからドイツのデュッセルドルフに向かう途中、フランス南東部で墜落したドイツのLCC=格安航空会社ジャーマンウィングスの旅客機には乗客乗員150人が乗っていました。
日本の外務省によりますと、搭乗者名簿の中にはいずれもデュッセルドルフ在住の永田敏さんと佐藤淳一さんが含まれています。
墜落原因を調べているフランスの航空事故調査局は25日、パリ郊外で会見を開きました。
そして、これまでに見つかったボイスレコーダーに人の声や物音が記録されていることを確認したとしたうえで、「ボイスレコーダーの音声ファイルは解析が可能な状態なので、事故原因の解明が進むとみている」と述べ、解析を急ぐ考えを示しました。
一方、オランド大統領が別の会見で、飛行中のデータを記録するフライトレコーダーを収める箱だけが見つかり、レコーダーそのものは見つかっていないと明らかにしたことに関して、航空事故調査局としてはそうした事実は確認していないと説明しました。
また、旅客機の機影がレーダーから消えたのが墜落現場のすぐ近くだったことや機体の細かい破片が比較的狭い範囲に散乱している状況から、機体が空中で爆発したことは考えにくいという見方を示しました。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150326/k10010028061000.html

« 北海道トンネル単独事故2人死亡 愛別町、運転の男逮捕(26日)共同 | トップページ | インサイダー取引で男2人を起訴 東京地検特捜部(26日)テレビ朝日 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北海道トンネル単独事故2人死亡 愛別町、運転の男逮捕(26日)共同 | トップページ | インサイダー取引で男2人を起訴 東京地検特捜部(26日)テレビ朝日 »