« 危険ドラッグ原料、密輸容疑=男逮捕、ビットコインで購入-警視庁(19日)時事 | トップページ | 2人死亡の工場火災、労働基準監督署も社長を書類送検 釧路市の健康食品製造会社(19日)産経 »

2015年3月19日 (木)

国際テロリズム緊急展開班の派遣検討…警察庁(19日)読売

チュニジアの襲撃事件を受け、警察庁は19日午前7時、国際テロリズム対策課長を長とする連絡室を設置、テロ実行犯に組織的な背景があるかどうかや邦人被害状況の確認などの情報収集を強化した。さらに、海外で邦人がテロ事件に巻き込まれた際の専門対応組織「TRT―2(国際テロリズム緊急展開班)」の派遣の検討も始めた。

2015年03月19日 12時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 危険ドラッグ原料、密輸容疑=男逮捕、ビットコインで購入-警視庁(19日)時事 | トップページ | 2人死亡の工場火災、労働基準監督署も社長を書類送検 釧路市の健康食品製造会社(19日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険ドラッグ原料、密輸容疑=男逮捕、ビットコインで購入-警視庁(19日)時事 | トップページ | 2人死亡の工場火災、労働基準監督署も社長を書類送検 釧路市の健康食品製造会社(19日)産経 »