« ハッカーが韓国の原発資料公開 朴槿恵氏と潘事務総長の通話も 「金が必要」と脅迫(13日)産経 | トップページ | 埼玉 死亡ひき逃げ事件で19歳少年逮捕(13日)NHK »

2015年3月13日 (金)

危害及ぶおそれの子ども 全国に400人(13日)NHK

川崎市で中学1年生の男子生徒が殺害された事件を受けて、文部科学省が行った緊急調査の結果がまとまり、学校を休んでいて連絡が取れなかったり、学校の外のグループから暴行を受けたりして、命や体に被害が及ぶおそれのある子どもは、全国で400人に上ることが分かりました。
この調査は、川崎市の事件を受けて同じようなトラブルに巻き込まれている子どもがいないか確認するため、文部科学省が教育委員会を通して全国すべての学校を対象に行いました。
13日、事件を検証する特別チームの会合で結果が報告され、先月27日時点で7日以上学校を休んでいて本人と連絡が取れない子どもは232人、学校の外の集団との関係で命や体に被害が及ぶおそれのある子どもは168人で、合わせて400人に上ることが分かりました。
具体的には、学校を休んでいて連絡が取れず、自宅に非行グループが出入りしているという情報がある生徒や、学校には来ているものの非行グループから暴行を受けたという生徒などがいるということです。
内訳を見ますと、小学生は74人、中学生は243人、高校生は75人、特別支援学校の児童生徒は8人となっています。また都道府県別では、最も多かったのが大阪府で65人、次いで静岡県が60人、東京都が36人でした。
一方で、12の県は「該当する子どもは1人もいない」と答えましたが、文部科学省は危険性の捉え方によって回答に差が出た可能性もあるとしています。文部科学省は今回把握した400人の子どもについて、安否確認を進めたり警察などと連携して、見守りの態勢を整えたりするよう教育委員会や学校に求めることにしていて、来月中旬までに改めて状況を調べることにしています。
文部科学省の内藤敏也児童生徒課長は、「不登校や非行とされている子どもたちが本当に安全かという視点を大切にし、学校はもちろん関係機関や地域が一体となって同じような事件を防いでいく必要がある」と話しています。

News_pic1_2
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150313/k10010013901000.html

« ハッカーが韓国の原発資料公開 朴槿恵氏と潘事務総長の通話も 「金が必要」と脅迫(13日)産経 | トップページ | 埼玉 死亡ひき逃げ事件で19歳少年逮捕(13日)NHK »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハッカーが韓国の原発資料公開 朴槿恵氏と潘事務総長の通話も 「金が必要」と脅迫(13日)産経 | トップページ | 埼玉 死亡ひき逃げ事件で19歳少年逮捕(13日)NHK »