« 2015年3月20日 | トップページ | 2015年3月22日 »

2015年3月21日

2015年3月21日 (土)

埼玉・上尾で自販機が燃える不審火3件相次ぐ (21日)TBS

21日未明、埼玉県上尾市で自動販売機が燃える不審火が3件相次ぎ、あわせて4台が焼けました。警察は、同一犯による犯行の可能性が高いとみて調べています。
 21日午前5時前、埼玉県上尾市畔吉で、近くを通りがかった女性から「炎が上がっている」と通報がありました。消防が駆けつけると、自動販売機1台が燃えていて、火はおよそ30分後に消し止められました。
 上尾市内では、この火事の前後20分ほどの間に、ほかにも自動販売機が3台焼ける不審火が2件相次ぎました。警察によりますと、これらの現場は半径1キロの範囲内にあり、いずれの自動販売機も前の部分が特に焼けているということです。
 警察は、同一犯による犯行の可能性が高いとみて、付近の防犯カメラを調べるなど捜査しています。(21日09:50)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2449901.html

| コメント (0)

別室の住人「蹴ったり踏みつけたりして」死なす(21日)読売

19日午後3時15分頃、大阪市西成区内の集合住宅で、管理人から「人が倒れている」と119番があった。救急隊員が駆けつけたところ、住人の職業不詳・木通宣博さん(65)が2階廊下で倒れており、病院に搬送されたが死亡した。
 現場にいた別室の住人の無職・平田浩二容疑者(39)が木通さんへの暴行を認めたため、大阪府警西成署は20日、暴行容疑で逮捕した。
 発表によると、司法解剖の結果、死因は出血性ショック。腹腔内から出血し、平田容疑者は「18日夜~19日朝に一緒に飲んでいたが、言葉に腹が立って蹴ったり踏みつけたりした」などと供述した。同署は、平田容疑者による暴行の結果、木通さんが死亡したとみて、容疑を傷害致死に切り替えて送検する方針。

2015年03月21日 15時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

路上に刃物刺さった女性遺体、県警が捜査 愛媛・今治(21日)朝日

21日午後2時ごろ、愛媛県今治市宮下町2丁目の路上で、近くに住む無職の女性(79)が胸に刃物の刺さった状態で倒れているのが見つかった。市内の病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。愛媛県警は事件の可能性もあるとみて捜査している。
 今治署によると、女性はうつぶせに倒れていた。胸の傷のほかは外傷はみられないという。着衣の乱れなどはなく、所持していた手提げかばんには財布などが残されていた。女性は一人暮らしという。
 現場はJR今治駅の北西約500メートルの住宅街。

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH3P5JXYH3PPFIB00G.html

| コメント (0)

公安調査庁、ネットに「インテリジェンス体験ゲーム」公開 イスラム国事件受け、新卒採用を強化(21日)産経

公安調査庁が、公式ホームページ(HP)でインテリジェンス(情報活動)体験ゲームを公開した。インターネット上で遊ぶことができ、インテリジェンス・オフィサーとしての適性を診断する。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の邦人殺害脅迫事件などを受け、公安庁はインテリジェンス機能の強化を目指している。5月から始まる新卒採用をターゲットにした新たな取り組みだ。
 公安庁が20日に行ったHPのリニューアルの一環で、ゲームを公開するのは初めて。テロ組織の拠点に潜入し、制限時間内にテロリストの狙いを暴くのがミッションだ。公安調査官が実際に受ける研修内容を反映した内容で、記憶力や分析力などインテリジェンス・オフィサーとして必要な能力を試すことができる。
 公安庁は一昨年から公式ツイッターを始め、昨年は漫画のキャラクターが登場する採用パンフレットを製作。“堅い”イメージを払拭し、若者への周知を進めている。こうした影響もあり、昨年の新卒採用活動時には、通常のほぼ倍にあたる約100人の希望者があったという。
 イスラム国事件の影響で、日本でも対外情報活動の必要性が高まっている。2020年の東京五輪開催を控え、テロ・治安対策の調査活動の強化は必須だ。このため、平成27年度予算案には公安庁の純増員(12人)が盛り込まれている。http://www.sankei.com/affairs/news/150321/afr1503210028-n1.html

| コメント (0)

サイト利用料の架空請求容疑で男4人を逮捕 警視庁(21日)産経

アダルトサイトの利用料金を架空請求するメールを送り、現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は21日、詐欺容疑で埼玉県熊谷市新島、職業不詳、松本高一(たかかず)容疑者(25)ら男4人を逮捕した。捜査2課によると、松本容疑者ら2人は容疑を否認、1人は容疑を認め、1人は黙秘しているという。
 逮捕容疑は3月、仙台市太白区の男性会社員(25)の携帯電話に「サイトの利用料金が未納で、退会手続きをしないと裁判になる」とメールを送り、現金約17万円を東京都新宿区の私書箱に送付させて詐取したとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/150321/afr1503210030-n1.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
サリン製造の目的は…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010694 地下鉄サリン事件は防げなかったのか-と指摘する声がある。
 警視庁は神奈川県内で発生した坂本弁護士一家殺人事件を捜査。さらに、サリン事件発生の20日前の仮谷さん拉致事件の捜査に入っており、サリン事件の前に上九施設を捜索していれば事件は防げたというのだ。
 坂本事件の極秘捜査は寺尾正大氏が小山金七刑事に命じて極秘に捜査したもの。それは警察庁が47都道府県警に指示した「あらゆる法令を駆使してオウム教団事件を立件せよ」の方針に沿ったものと言っても過言でない。
 その時、警視庁は港区新橋庁舎に「オウムセンター」を設置して着手に向けて情報収集を始めており、寺尾氏は坂本事件を突破口にする方針を固めていた。
 ところがその後、都内で仮谷事件が発生したことから寺尾氏はこの事件を突破口とすることに方針を変え、仮屋さんの身柄確保のため3月18日に都内の施設の家宅捜索を決めた。
 これに対して警察庁などは、強制捜査にサリンを使って反撃に出る恐れがあるため、サリンの製造工場とみられる上九の施設も同時捜索にすべきだとしたため機動隊や自衛隊の調整で時間がかかった。
 運が悪かったのはその情報がオウムに漏れていたのである。
 そもそもオウム教団の「サリン」の製造目的は別にあった。平成5年4月に高知市で開かれた説法で麻原は初めてサリンの製造に触れ、6年3月の仙台市での説法でその目的を語った。
 「オウム真理教団はハルマゲドンに対して準備をしておかなければならない。その準備は毒ガス攻撃を受けた時にどう防御したら良いか、どのような肉体的反応があるかの研究だ」
 では、「なんで20日だったのか」-警察が上九の施設に捜索に入るという事前情報を得たことから、警察の注目を上九から都心に向けさせるためサリンをばらまき、同時に上九の施設から幹部が一斉に逃げ出すことにし、麻原本人は施設の隠し部屋に隠れた。
 警察事象は全て結果論だ。失態と言えば情報の漏洩だろう。誰が教団に漏らしたのかが問題だ。
 その後、警察庁は平成11年になると住民とオウムの間のトラブルが続発しており、全国の警察に徹底取締を指示。長野県警を皮切りに1都2府11県の警察は教団支部や関連企業40カ所を捜索した。
 一方、当時の労働省や法務省など各省も「オウム対策会議」を設置。さらに公安調査庁は破壊活動防止法の改正。国税庁はパソコン関連企業に税務調査に入り、年間総売上金77億円といわれた資金源を遮断するなど壊滅に向け省庁あげた〝頂上作戦〟を展開した。そして今、信者が増えており、オウム事件は続いている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

陸自3佐を逮捕 酔って警官に暴行の疑い(21日)産経

酒に酔って警察官の胸ぐらをつかむなどの暴行を加えたとして、北海道警旭川中央署は21日、公務執行妨害の疑いで、陸上自衛隊第2師団司令部(旭川市)第3部総括班班長で3等陸佐、安藤健一容疑者(41)=旭川市=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は21日午前0時50分ごろ、旭川市春光のコンビニ駐車場で、旭川中央署の男性巡査部長(31)の胸ぐらをつかみ、揺さぶったり、押したりしたとしている。
 同署によると、タクシー運転手と乗客だった安藤容疑者がトラブルになり、通報で駆け付けた男性巡査部長に暴行したという。http://www.sankei.com/affairs/news/150321/afr1503210019-n1.html

| コメント (0)

不法残留6万人、22年ぶり増加 実習・ビザ免除影響か(21日)朝日

今年1月1日現在の外国人不法残留者は6万7人で、昨年より946人(1・6%)増えたことが法務省のまとめでわかった。1993年以来、22年ぶりに増加に転じた。取り締まりの強化による不法残留者の減少傾向は続いてきたが、技能実習制度で来日した外国人が実習先を抜けだして国内にとどまるケースなどが急増し、全体の数字を押し上げた。
 不法残留者とは、正規の在留資格を持って入国したのに、在留期間を過ぎても滞在している人を指す。在留資格別の不法残留者数で全体の7割近くを占める、観光などの「短期滞在」は前年比0・8%減った。一方、技能実習生は4679人と全体の8%ほどだが、前年より約1800人(65・3%)増えた。
 国籍・地域別では、韓国が1万3634人と最多で、次いで中国が8647人。タイが3番目に多い5277人で、前年比20・2%増だった。タイについては13年7月に旅行客のビザが免除になったことも増加の要因とみられる。
 不法残留者数は93年に29万8646人でピークとなって以降、入管当局の取り締まり強化などで減少が続いていた。(北沢拓也

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH3M5774H3MUTIL02V.html

| コメント (0)

元妻を待ち伏せ、首絞め手錠かけ車内監禁・暴行(21日)読売

静岡県警静岡中央署は20日、静岡市葵区古庄、土木作業員望月咲志容疑者(37)を逮捕監禁致傷と傷害の疑いで逮捕した。
 発表によると、望月容疑者は19日午後6時半頃、同市駿河区富士見台の駐車場で、アルバイトから戻る元妻の女性(23)を女性の軽乗用車の中で待ち伏せし、首などを絞めて手錠をかけ、車内に30分ほど監禁し、さらに暴行を加えて軽傷を負わせた疑い。望月容疑者は「首を絞めたり、連れ去ったりした」と容疑を認めているという。
 女性は、望月容疑者が車を止めて車外に出た隙に脱出し、静岡市内の交番に助けを求めたとされる。

2015年03月21日 13時58分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

神奈川・藤沢駅近くで男性が腹部撃たれ重傷 (21日)TBS

21日未明、神奈川県藤沢市の路上で、48歳の男性が何者かに拳銃のようなもので腹部を撃たれ、重傷を負いました。警察は、殺人未遂事件として逃げた容疑者の行方を追っています。
 21日午前1時ごろ、藤沢市内の病院の職員から、「拳銃のようなもので腹部を撃たれた男性が運ばれてきた」と藤沢警察署に通報がありました。病院に運ばれたのは水島秀章さん(48)で、腹部を撃たれていて重傷ですが、意識はあり、命に別状はないということです。
 警察によりますと、現場の近くで銃声を聞いた男性が水島さんを見つけ、車で病院に運んだということです。
 現場は、藤沢駅から100メートルほど離れた繁華街ということで、警察は、殺人未遂事件として逃げた容疑者の行方を追うとともに、駅周辺のパトロールなどを強化し、警戒しています。(21日11:06)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2449902.html

| コメント (0)

警視庁の一員として活躍…警察犬の慰霊祭(21日)日本テレビ

数々の事件の捜査で活躍してきた警察犬6頭の慰霊祭が行われました。
 東京家畜博愛院では21日、去年10月から今年2月までの間に死んだ警察犬「オラーフ号」や「ウイング号」など6頭の慰霊祭が行われました。
 警視庁・高田浩鑑識課長:「警視庁の一員ということで、様々な現場に出動して頂いた。本当にありがとう」
 オラーフ号は強盗事件で犯人の衣服を発見し、刑事部長賞を受賞しました。ウイング号も家宅捜索で薬物を見つけるなど捜査に貢献してきました。警察犬は厳しい訓練や真夜中の出動などで寿命が短く、施設には226頭がまつられています。

2010_0318_173406banner011_3
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000046820.html

| コメント (0)

イエメンのモスク2カ所で自爆テロ、142人死亡 「イスラム国」が犯行声明(21日)産経

【中東支局】イエメンの首都サヌアのイスラム教シーア派のモスク(礼拝所)2カ所で20日、自爆テロが相次いで起き、中東の衛星テレビ、アルアラビーヤは142人が死亡、351人以上が負傷したと伝えた。ロイター通信によると「イスラム国」が同日、「ツイッター」上で犯行声明を出したが、真偽は不明。
 標的となったのは、サヌア南部と北部のモスク。事件当時は金曜礼拝が行われており、政権掌握を宣言したシーア派の一派、ザイド派勢力のメンバーや支持者が集まっていたとされる。
 南部のモスクでは建物内で爆発があり、人々が逃げようとしたところ、入り口付近でも爆発が起きたという。同派を狙ったテロを仕掛けているスンニ派武装組織「アラビア半島のアルカーイダ(AQAP)」による犯行の可能性もある。
 イエメンでは2月の政変後、ザイド派と敵対勢力との衝突が激化し、内戦状態に陥る恐れが出ている。http://www.sankei.com/affairs/news/150321/afr1503210008-n1.html

| コメント (0)

逮捕の中国人がスパイ活動か 人民解放軍と定期連絡 日本の機械メーカー関係者にも接触(21日)産経

長男の外国人登録を虚偽申請したとする外国人登録法違反容疑などで大阪府警に逮捕された中国籍の貿易会社代表取締役の男(62)=大阪市=が、諜報部門を傘下に持つ中国人民解放軍総参謀部と定期的に連絡を取っていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。同時に、軍事転用が可能な技術を持つ機械工業メーカーなど複数の日本企業関係者とも接触していたという。
 警察当局は、男が情報収集活動に携わっていた可能性もあるとみて捜査。その中で、男が「総参謀部に在籍している機関員」との情報も得たという。
 平成24年に、スパイ活動の疑惑が持たれた在日中国大使館の1等書記官が、警視庁公安部から出頭を求められながら帰国してしまった事件など、合法的な身分を隠れみのに活動する機関員は摘発が難しく、活動実態は謎が多い。
 警察当局は男の自宅や会社などから押収した資料やパソコンを解析し、活動の実態解明に全力を挙げる。捜査関係者によると、男は中国内陸部の河南省洛陽にある解放軍系の外国語学院を1970年代に卒業した。専門家によると、この学院は人民解放軍直属で、男が在籍した70年代はスパイ養成学校の性格が強く、外国の軍事情勢を偵察する任務を負う人材を育成していたともされる。
 男は同学院を卒業した後の昭和51(1976)年に初来日し、大阪外国語大(現・大阪大外国語学部)で日本語を専攻。53年に卒業後、短期滞在で頻繁に来日していたという。平成5年以降は、在留資格(人文知識・国際業務)を得て、日本にある知人の会社で働き始め、16年6月、現在の貿易会社(大阪市)の代表取締役に就任した。

| コメント (0)

成田空港で新警備システム確認 検問廃止前にテロ訓練(21日)共同

成田空港で利用客らの身分証を確認する検問が近く廃止されるのを前に、成田国際空港会社(NAA)は20日、新しい警備システムの下でテロを想定した訓練を実施した。
 空港反対派などの影響で成田空港は1978年の開港以来検問を実施し、利用客の利便性を損なうとして見直しが進められてきた。新システムでは通行人の顔の認証や、車両のナンバーの記録ができるカメラを設置するなどして不審者の動きを把握する。
 訓練には、NAAや千葉県警など5機関の約110人が参加。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015032001002161.html

| コメント (0)

和歌山市の局長を逮捕=リュックにナイフ所持容疑-和歌山県警(21日)時事

リュックサックにナイフを入れて持ち歩いていたとして、和歌山県警和歌山東署は20日、銃刀法違反容疑で和歌山市危機管理局長の山田丘容疑者(59)=同市岩橋=を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。
 逮捕容疑は同日午後10時40分ごろ、自宅近くの路上で自分のリュック内に刃渡り約9センチの果物ナイフを入れて所持していた疑い。
 山田容疑者は酒に酔った状態で、現場でタクシーを降りたまま座り込んで動かないことから運転手が110番。署員が駆け付け、身元などを答えないためリュックを調べたところ、ナイフが見つかった。「持っていて悪いのか」などと話しており、同署は動機などを調べている。(2015/03/21-05:42)

| コメント (0)

チュニジア 容疑者は過激派組織に参加か(21日)NHK

北アフリカのチュニジアの博物館で武装した男たちが銃を乱射して日本人3人を含む外国人観光客など21人が殺害された事件で、容疑者の男は、宗教指導者の影響を受けて過激思想に触れ、去年12月に突然、姿を消し、隣国のリビアで過激派組織に参加していた可能性があることが親族の証言から明らかになりました。
この事件で治安部隊は武装した2人の男を殺害していて、チュニジア政府は2人が国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派組織「チュニジアのアンサール・シャリーア」とつながりがあったとしています。
この2人のうちのヤシン・ラビディ容疑者について、親族2人がチュニス市内にあるラビディ容疑者の自宅で20日、NHKの取材に応じました。
この親族によりますと、ラビディ容疑者は世俗的な中流家庭で、両親やきょうだいと暮らし、大学を中退したあと事件の日までバイクによる宅配便の仕事をしていたということで、過激派とのつながりは家族も親族も全く分からなかったということです。
叔父の男性は「彼は全く信心深くはなかったが、2年半前からお祈りをするようになった。今思えば、通っていたモスクで宗教指導者の影響を受けて過激思想に触れたのではないかと思う」と証言しました。
また、いとこの男性はラビディ容疑者が去年12月に1か月近く姿を消したことを明らかにしました。
そして、「外国からとみられる番号から電話してきた。そこで過激派組織に取り込まれたのではないか」と話し、隣国のリビアで過激派組織に参加していた可能性があると明らかにしました。
今回の事件について、チュニジア政府はイスラム過激派組織によるテロ事件と断定し、これまでに2人とつながりのある人物を拘束するなどして背後関係の捜査を進めています。

| コメント (0)

連続ひったくり事件か、犯行の瞬間映像公開(21日)TBS

News2449328_61ひったくり事件の犯行の瞬間です。
 女性の背後から近づく原付きバイク。次の瞬間、女性の右肘のカバンをひったくります。これは、先月25日、千葉県市川市の路上で起きたひったくり事件の映像で、被害者の女性(44)は現金およそ1万円などが入ったバッグを奪われ、転んだ際に軽いけがをしました。
 逃げた男は、年齢は若めで、グレーのフード付きのコートに黒いラインの入ったズボンをはいていたということです。
 現場近くでは原付きバイクに乗った同じ服装の男によるひったくり事件が他にも3件相次いでいて、警察は連続ひったくり事件として情報提供を求めています。

【情報提供】行徳警察署 047-397-0110
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2449328.html

| コメント (0)

1歳男児、祖母に刺され死亡 さいたま市(21日)日本テレビ

20日、さいたま市のマンションで、1歳3か月の孫の腹を刺したとして、65歳の祖母が逮捕された。孫はその後、死亡が確認された。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたさいたま市の田中美栄容疑者(65)は、20日午後、自宅マンションで、1歳3か月になる孫の木村映介ちゃんの腹を刺した疑いが持たれている。映介ちゃんは、その後、病院で死亡が確認された。
 当時、映介ちゃんの母親は外出中で、家には田中容疑者と2人きりだったという。
 田中容疑者は調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めており、警察は、容疑を殺人に切り替えて調べるとともに、犯行動機や当時の状況を調べている。

2010_0318_173406banner011_2
http://www.news24.jp/articles/2015/03/21/07271437.html

| コメント (0)

日本人の家族が現地へ チュニジア襲撃事件(21日)日本テレビ

日本人3人を含む21人が死亡したチュニジアの博物館銃撃事件で、被害にあった日本人の家族らが20日、現地に到着した。
 チュニジア・チュニスの空港に到着したのは、死亡した宮崎チエミさん、遥さんの遺族や、負傷者の家族ら計3人で、それぞれ病院を訪ねるなどした。現地では20日、3人の遺体を日本に移送するための準備が進められた。
 成沢万知代さんの遺体を確認した医師の話からは、犯行が無差別だった様子がうかがえた。
 遺体を確認した医師「(Q:遺体の状況は?)4~5か所、撃たれていました」
 3人の遺体は手続きが終わり次第、日本に帰国する見通し。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2015/03/21/10271438.html

| コメント (0)

« 2015年3月20日 | トップページ | 2015年3月22日 »