« 危険ドラッグ、小学校高学年7%「個人の自由」 「試した」児童も(30日)産経 | トップページ | 成田空港きょう検問廃止、カメラ中心のシステムに (30日)TBS »

2015年3月30日 (月)

警察庁長官銃撃から20年、幹部「無念さ薄れず」 (30日)日経

1995年の国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件から30日で発生20年。警察トップが銃撃され、瀕死(ひんし)の重傷を負うという前例のない事件は未解決のまま2010年に公訴時効となっている。警察幹部は「身内のトップを狙われたうえ、解決できなかった悔しさ、無念さが薄れることはない」と話す。
 事件は地下鉄サリン事件から10日後の95年3月30日午前8時半ごろ発生。東京都荒川区南千住の自宅マンション前で、…
詳細は以下をクリックdownwardleft

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO85025100Z20C15A3CR8000/

« 危険ドラッグ、小学校高学年7%「個人の自由」 「試した」児童も(30日)産経 | トップページ | 成田空港きょう検問廃止、カメラ中心のシステムに (30日)TBS »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危険ドラッグ、小学校高学年7%「個人の自由」 「試した」児童も(30日)産経 | トップページ | 成田空港きょう検問廃止、カメラ中心のシステムに (30日)TBS »