最近の記事

カテゴリー

« 2015年3月 7日 (土) | トップページ | 2015年3月 9日 (月) »

2015年3月 8日 (日)

2015年3月 8日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(8、9日単位・レベル)
泥棒の余罪
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1010662_2高級洋服店のガラス窓を割って侵入、ブランド品と現金を盗んだ男が愛知県警に逮捕された。なんと名古屋市内の33歳の飲食店経営者ら2人だった。名古屋市と愛知県尾張地方では昨年6月ごろから、同様の手口の窃盗事件が約280件起きており県警は関連を調べている。
 余罪280件を立件すれば大手柄になるが今の警察は余罪を出すのが困難だという。
 ここに警察庁がまとめた数字がある。平成16年と比較した25年の窃盗犯の余罪割合だ。
 平成16年の窃盗犯検挙件数は43万4344件。このうち余罪の検挙は25万2549件で余罪割合は58.1%を占めた。ところが平成26年になると検挙件数が24万6736件で、余罪は11万3418件と半数近く激減している。
 その要因は容疑者の否認の増加。窃盗犯捜査以外の事件捜査の増加。送致の書類作りの複雑化などがある。さらに調べ室の可視化も追い打ちをかけているようだ。
 もうひとつの調査は「警察捜査に対する意識調査」だ。国民が被害に遭うことで不安を感じる犯罪は何かを3件まで挙げさせた。その結果、空き巣など住宅へ侵入して物を盗む犯罪が45%と最も多かった。意外なのは殺人や強盗などの凶悪犯で39.2%。3位にパソコンやスマホに対してウイルスを送信するサイバー犯罪が29.3%と続いた。
 治安のバロメーターとなるのが検挙率。刑法犯の認知件数の8割近くを占める窃盗犯の余罪が出せないことは検挙率を下げることになる。国民の治安への不安は永久に続く。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2" »

« 2015年3月 7日 (土) | トップページ | 2015年3月 9日 (月) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ