« 木刀や竹刀100点押収 和歌山男児刺殺(9日)日本テレビ | トップページ | きょうからG20会議 テロ対策も議論の見込み(9日)テレビ朝日 »

2015年2月 9日 (月)

証拠の「足跡」持ち帰り、鮮明に変造した元警官(9日)読売

窃盗事件の証拠を変造したとして、証拠隠滅罪に問われた埼玉県警捜査3課の元警部補、埼玉県羽生市日野手新田、菅野浩被告(54)の初公判が6日、さいたま地裁(松岡幹生裁判官)で開かれた。
 菅野被告は「間違いありません」と起訴事実を認めた。検察側は「県民の信頼を根底から覆しかねない犯行だ」として懲役1年6月を求刑した。
 起訴状などによると、菅野被告は2014年8月、窃盗事件の容疑者のものとみられる足跡を自宅に持ち帰り、より鮮明に見えるように変造したとされる。
 県警監察官室が同年12月、証拠隠滅容疑でさいたま地検に書類送検。停職3か月の懲戒処分を受け、菅野被告は依願退職していた。
 弁護側は「社会的制裁を受け、深く反省している」などとして罰金刑を求めた。

2015年02月08日 23時35分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 木刀や竹刀100点押収 和歌山男児刺殺(9日)日本テレビ | トップページ | きょうからG20会議 テロ対策も議論の見込み(9日)テレビ朝日 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木刀や竹刀100点押収 和歌山男児刺殺(9日)日本テレビ | トップページ | きょうからG20会議 テロ対策も議論の見込み(9日)テレビ朝日 »