« 女子児童を自宅に連れ込み、わいせつ行為の疑い(3日)TBS | トップページ | 殺人事件に関心あらわ=自宅から関連書籍や薬品-名大生、逮捕から1週間(3日)時事 »

2015年2月 3日 (火)

拳銃所持「捜査員承認で預かる」(3日)NHK

大阪府警の捜査協力者とされる男が、自宅に拳銃などを隠し持っていたとして奈良県警に逮捕された事件の初公判が開かれ、男は「拳銃は捜査員の承認の下で預かったものだ」と述べ、無罪を主張しました。
一方、大阪府警の捜査員は「情報の提供は受けたが、拳銃を保管していることは知らなかった」と証言しました。

大阪市浪速区の職業不詳中西知已被告(52)は去年5月、自宅に拳銃3丁と実弾60発を隠し持っていたとして、奈良県警に逮捕され、銃刀法違反の罪に問われています。
中西被告は大阪府警の捜査協力者とされ、2日、奈良地方裁判所葛城支部で開かれた初公判で、「拳銃は大阪府警の捜査員の承認の下で預かったもので、罪の認識はない」と述べ、無罪を主張しました。
また、弁護士も「被告は、これまで、大阪府警の捜査協力者として120万円の報酬を受け取っていた。拳銃の所持も府警の承認があり、違法性はない」と主張しました。
これに対し、証人として出廷した大阪府警の捜査員は「被告から情報の提供を受けて現金を支払ったことはあり、これらの拳銃の取り引きについても情報の提供を受けた。しかし、その拳銃を保管していることは知らなかったし、承認もしていない」と証言しました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150202/k10015160251000.html

« 女子児童を自宅に連れ込み、わいせつ行為の疑い(3日)TBS | トップページ | 殺人事件に関心あらわ=自宅から関連書籍や薬品-名大生、逮捕から1週間(3日)時事 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女子児童を自宅に連れ込み、わいせつ行為の疑い(3日)TBS | トップページ | 殺人事件に関心あらわ=自宅から関連書籍や薬品-名大生、逮捕から1週間(3日)時事 »