« 訴因変更:暴行され死亡 遺族「暴行罪から傷害致死に」(6日)毎日 | トップページ | 死刑囚の個人情報漏えい、国に30万円賠償命令(6日)読売 »

2015年2月 6日 (金)

実習先を逃亡、難民申請…ブローカーが偽装指南(6日)読売

難民認定の偽装申請問題で、入管難民法違反(不法就労助長)容疑で摘発されたネパール人ブローカーの男(30)が偽装申請を指南したネパール人の中に、外国人技能実習制度で来日した実習生が多数含まれていたことが分かった。
 少なくとも約20人が男の仲介で実習先以外の工場で働いていた。昨年、難民申請した実習生は約400人で4年前の10倍近くに急増しており、入管当局は、高収入を求める実習生による偽装申請が広がっているとみている。
 難民認定制度は2010年に改正され、申請から6か月が経過すれば日本で就労が可能になった。外国人実習生が実習先以外で働くことは本来なら不法就労だが、この改正で、難民申請すれば実習先以外で合法的に就労できるようになった。

2015年02月06日 07時25分 Copyright © The Yomiuri Shimbun http://www.yomiuri.co.jp/national/20150206-OYT1T50000.html?from=ycont_top_txt

« 訴因変更:暴行され死亡 遺族「暴行罪から傷害致死に」(6日)毎日 | トップページ | 死刑囚の個人情報漏えい、国に30万円賠償命令(6日)読売 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 訴因変更:暴行され死亡 遺族「暴行罪から傷害致死に」(6日)毎日 | トップページ | 死刑囚の個人情報漏えい、国に30万円賠償命令(6日)読売 »