« ドラマ出演者に脅迫文、送付の疑いで会社員逮捕(3日)読売 | トップページ | 抱っこひも偽造品 強度が基準以下も(3日)NHK »

2015年2月 3日 (火)

京都の連続放火事件で家裁送致 殺人容疑適用せず(3日)共同

京都市伏見区で昨年8月、自営業北村正則さん(67)と妻富美子さん(65)が死亡した連続放火事件で、京都地検は3日、殺人容疑などで逮捕された同区の無職少年(17)=別の現住建造物等放火容疑などで家裁送致=を現住建造物等放火などの疑いで京都家裁に送致した。殺人容疑の適用は見送った。
 京都家裁は同日、2週間の観護措置と少年審判開始を決定。地検は殺人容疑の適用を見送った理由について「故意を認定する証拠収集に至らなかった」と説明した。
 送致容疑は8月1日午前4時20分ごろ、北村さん方1階の可燃物に火を付けた上、周辺の資材置き場などに放火した疑い。

2010_0123_11120247newslogo1_5http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020301002218.html

« ドラマ出演者に脅迫文、送付の疑いで会社員逮捕(3日)読売 | トップページ | 抱っこひも偽造品 強度が基準以下も(3日)NHK »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラマ出演者に脅迫文、送付の疑いで会社員逮捕(3日)読売 | トップページ | 抱っこひも偽造品 強度が基準以下も(3日)NHK »