« 警察官来て見て体験して 愛知県警、採用活動に熱(18日)朝日 | トップページ | 頼まれ同居、「面倒見きれず」いとこを殴り殺す(18日)読売 »

2015年2月18日 (水)

和歌山男児刺殺:23日から中村容疑者の精神鑑定へ(18日)毎日

和歌山県紀の川市で今月5日、市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)が刺殺された事件で、和歌山地検は23日から、殺人容疑で県警に逮捕された無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)の精神鑑定を実施する方針を固めた。捜査関係者への取材で17日分かった。地検は週内にも裁判所に鑑定留置を請求、事件当時の精神状態や刑事責任能力の有無を調べる。
 県警などによると、中村容疑者は当初、「男の子を知らない」などと供述していたが、最近になって「(私が)やりました。ずっとからかわれていた」などと容疑を認める供述を始めた。しかし、取り調べ中に会話がかみ合わなかったり、急に立ち上がったりするなど不自然な様子も見受けられていたという。
 このため地検は、事件当時の中村容疑者の精神状態について捜査段階で詳しく調べる必要があると判断したとみられる。鑑定留置が認められれば勾留は停止され、数カ月間、鑑定医が精神状態を調べる。【倉沢仁志、高橋祐貴】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20150218k0000m040163000c.html

« 警察官来て見て体験して 愛知県警、採用活動に熱(18日)朝日 | トップページ | 頼まれ同居、「面倒見きれず」いとこを殴り殺す(18日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警察官来て見て体験して 愛知県警、採用活動に熱(18日)朝日 | トップページ | 頼まれ同居、「面倒見きれず」いとこを殴り殺す(18日)読売 »