« 県警画像公開、容疑者は18歳 特殊詐欺の捜査(25日)朝日 | トップページ | 医師免許ないのに手術や注射、経営者ら詐欺容疑(25日)読売 »

2015年2月25日 (水)

川崎・中1刺殺:路地裏公園で証拠隠す 犯人に土地勘か(25日)毎日

川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)の刺殺体が見つかった事件で、上村さんのものとみられる衣類などが燃やされた公園は住宅街の目立たない場所にあることから、神奈川県警川崎署捜査本部は、事件に関与した人物に土地勘があった疑いを強めている。公園付近の環境を熟知する犯人が、遺棄現場から公園へ直行した可能性があるとみて、足取りを調べている。
 捜査関係者などによると、公園は遺棄現場から南へ約600メートルの距離。現場から公園へ行くには、京急大師線のガードをくぐり、途中で交通量が多い国道を横断しなければならない。また、公園周辺は20〜30メートルごとに細い道が交差し、住宅も密集しているため幹線道路からはほとんど見えない。だが捜査本部の調べでは、上村さんの衣類や靴は死亡推定時刻から約1時間程度で燃やされており、犯人は現場から真っすぐ向かった可能性がある。
 近所の住民によると、周囲は街灯が少ないため夜間の公園内は暗く、顔の判別もつきづらい。上村さんの自宅は公園の東約2キロ。
 一方、上村さんは今年1月、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取った同級生に「一緒に行動しているグループの年上男性らに『グループを抜けたい』と言ったら殴られた」などと明かしていたことも分かった。同級生が「早く抜けて一緒にバスケットをやろう」と応じると、上村さんからは「俺もそうしたい」と返信があった。上村さんとはその後、連絡が途絶えたという。【大場弘行、水戸健一、神保圭作】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000m040125000c.html

« 県警画像公開、容疑者は18歳 特殊詐欺の捜査(25日)朝日 | トップページ | 医師免許ないのに手術や注射、経営者ら詐欺容疑(25日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県警画像公開、容疑者は18歳 特殊詐欺の捜査(25日)朝日 | トップページ | 医師免許ないのに手術や注射、経営者ら詐欺容疑(25日)読売 »