« ネット不正:中国サーバー140業者「ハッキングOK」(10日)毎日 | トップページ | 男性「渡航の自由断ち切られた」法的措置も検討(10日)読売 »

2015年2月10日 (火)

府中信金職員刺殺:発生10年 事件6日前に不審な男浮上(10日)毎日

 東京都府中市の多摩中央信用金庫(現多摩信用金庫)府中支店で2005年2月、同支店営業課長の後藤博樹さん(当時39歳)が刺殺された事件で、事件の6日前、支店駐車場にいる不審な男が複数の職員に目撃されていたことが分かった。
 防犯カメラに映っていた犯人とみられる男と服装や体格が似ており、同一人物の可能性がある。事件は14日で発生10年となるが、警視庁府中署捜査本部は近く防犯カメラの画像を公開して情報収集を進める。
 捜査関係者によると05年2月8日午後10時ごろ、同支店職員3人が帰宅しようと通用口を出たところ、歩いて駐車場に入ってくる男を見かけた。職員の1人が「何をしているんですか」と声を掛けると男は無言で立ち去ったという。男はやせ形で帽子と黒っぽいジャンパーを着用していた。一方、事件直後に現場近くの防犯カメラに映っていた犯人とみられる男もやせ形で帽子に黒っぽいジャンパー姿だった。
 後藤さんは同14日午後11時50分ごろ、残業を終え通用口から同僚と2人で出てきたところを包丁で刺されて死亡した。捜査本部は犯人が事前に下見をし、現金を奪う目的で同支店に押し入ろうとしたものの、後藤さんの抵抗に遭い殺害したとみている。【松本惇、山崎征克、神保圭作】

Logo_mainichi_s1_2

« ネット不正:中国サーバー140業者「ハッキングOK」(10日)毎日 | トップページ | 男性「渡航の自由断ち切られた」法的措置も検討(10日)読売 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネット不正:中国サーバー140業者「ハッキングOK」(10日)毎日 | トップページ | 男性「渡航の自由断ち切られた」法的措置も検討(10日)読売 »