« 刃物男、4万円奪い逃走 伊勢神宮そばのコンビニ(14日)朝日 | トップページ | パトカーが衝突事故、後部座席の容疑者重傷(14日)読売 »

2015年2月14日 (土)

新日系フィリピン人:不法就労助長 ブローカーら9人逮捕(14日)毎日

日本人の父親とフィリピン人の母親の間に生まれた「新日系フィリピン人」(JFC)の母親らをパブで不法就労させたとされる事件で、岐阜県警は14日未明、自称コンサルタントの吉田幸司容疑者(57)=名古屋市中区=ら男女9人を入管法違反(不法就労助長)容疑で逮捕した。吉田容疑者は来日を仲介するブローカーで、「永住権が取れる」などと女性らを誘って短期在留資格で来日させていた。関係者によると約80人が来日していたとみられ、こうした女性をフィリピンパブなどで組織的に不法就労させていた疑いがあるとみて、県警は人身取引の可能性も視野に全容解明を急ぐ。
 岐阜県美濃加茂市、フィリピンパブ経営、山口君枝容疑者(64)ら、吉田容疑者側と連携していたパブ関係者も逮捕された。
 逮捕容疑は、JFCとその母2組を来日させ、就業する在留資格がないのを知りながら、美濃加茂市内の「寮」に住まわせてホステスとして働かせたとされる。1組は昨年4〜8月、別の1組は同6〜8月に働かせていたという。
 吉田容疑者は「不法就労を強いるためではない」、山口容疑者は「ホステスは派遣していない」などと、全員が容疑を否認しているという。
 県警生活環境課によると、吉田容疑者らは「国際財団」の看板を掲げ、「母子手当を申請してあげる」「永住できるようにする」「子供も日本の学校に通える」などと、フィリピンでJFCを誘っていた。女性が来日すると、「借金がある」などと言って誓約書にサインを強いた上、時給数百円でフィリピンパブなどで働かせていた。アパートを寮とし、6畳一間に2〜3組が生活する状態だった。
 昨年8月に寮から逃げ出した母子2組を県警が保護し、捜査していた。【梶原遊】

Logo_mainichi_s1http://mainichi.jp/select/news/20150214k0000e040176000c.html

« 刃物男、4万円奪い逃走 伊勢神宮そばのコンビニ(14日)朝日 | トップページ | パトカーが衝突事故、後部座席の容疑者重傷(14日)読売 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刃物男、4万円奪い逃走 伊勢神宮そばのコンビニ(14日)朝日 | トップページ | パトカーが衝突事故、後部座席の容疑者重傷(14日)読売 »