« 無許可店に上海ガニ譲渡=容疑で中国人2人書類送検-警視庁(20日)時事 | トップページ | 都内で急増のトラック事故、警視庁が安全運転呼びかけ (20日)TBS »

2015年2月20日 (金)

「出会い系」標的は高齢者 寂しくて…メール代1千万円(20日)朝日

 「出会い系」などの有料メール交換サイトを運営する業者が、悪質な脱税をしたとして告発される事件が相次いでいる。利益を生む背景には、お年寄りの利用者の増加があるようだ。メールの相手は業者が雇った「サクラ」が多いとみられ、お年寄りが詐欺的な手口の標的にされている。
 300万円あった貯金は底をつき、年金や火災保険も解約。借金を重ね、最後は自宅の電気代やガス代さえ払えなくなった――。
 東京都内で一人暮らしをしていた無職男性(76)は、昨秋までの3年間で九つの有料メール交換サイトに登録し、計1千万円以上を支払った。
 2011年秋。インターネット画面で「車をプレゼントします」という表示をクリックしたのが始まりだ。名前や連絡先を入力してメールを送ると、翌日から、見知らぬ女性からのメールが大量に届き始めた。
 「悩み相談に乗ってください」「会いたいです」

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH2K42RYH2KUTIL01R.html

« 無許可店に上海ガニ譲渡=容疑で中国人2人書類送検-警視庁(20日)時事 | トップページ | 都内で急増のトラック事故、警視庁が安全運転呼びかけ (20日)TBS »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無許可店に上海ガニ譲渡=容疑で中国人2人書類送検-警視庁(20日)時事 | トップページ | 都内で急増のトラック事故、警視庁が安全運転呼びかけ (20日)TBS »