« 静岡地裁判決:「おとり捜査」の元警察官有罪(19日)毎日 | トップページ | 「イスラム国」臓器売買で資金稼ぎか 国連が調査へ(19日)テレビ朝日 »

2015年2月19日 (木)

工藤会事務所の使用制限延長 福岡公安委 「指揮命令に使われる恐れあり」 (19日)産経

福岡県公安委員会は19日、改正暴力団対策法に基づき、集会を禁じるなどの使用制限命令を出していた特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の4事務所のうち、2事務所への命令を延長すると発表した。本部など残る2事務所も実質的に延長したほか、別の傘下組織の事務所1カ所に使用制限命令を出した。
 制限命令の延長期間は、20日から5月19日までの3カ月間。
 本部など2事務所は、責任者の工藤会幹部(61)が恐喝未遂罪などで起訴されているため、県警が、事前の意見聴取の必要がない「仮命令」を出した。制限内容は延長命令と変わらない。
 使用制限命令は事務所での組員の集会や謀議を禁じる措置。県警は延長の理由を「事務所が指揮命令や連絡に使われる恐れが解消されていない」と説明している。

関連ニュース

工藤会トップ宅を捜索 組員のひったくり容疑で

« 静岡地裁判決:「おとり捜査」の元警察官有罪(19日)毎日 | トップページ | 「イスラム国」臓器売買で資金稼ぎか 国連が調査へ(19日)テレビ朝日 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡地裁判決:「おとり捜査」の元警察官有罪(19日)毎日 | トップページ | 「イスラム国」臓器売買で資金稼ぎか 国連が調査へ(19日)テレビ朝日 »