« ナンペイ事件:粘着テープ指紋の持ち主 事件とどう関与?(19日)毎日 | トップページ | 「だまされたふり作戦」で検挙増 愛知県警プロジェクト (19日)日経 »

2015年2月19日 (木)

警察グッズそろう「名店」 防犯に警官人形買う人も(19日)朝日

As20150218003078_comml1りりしい表情に、かわいらしい体形をした身長1メートルほどの警察官マスコットが飾られた店が、さいたま市浦和区にある。警察関連のオリジナルグッズを扱う「明高堂」。約30年の販売実績があり、全国にお客がいる、知る人ぞ知る「名店」だ。
 県庁に近い浦和区仲町2丁目の通称「裏門通り」に、その店はある。店内に入ると、通路の棚には、文房具や人形などの警察グッズが所狭しと並んでいる。壁側にはトロフィーやカップがずらり。「元々はスポーツ少年団や県に盾などを販売していたのですが、県警が主催する剣道柔道大会のトロフィーや自転車運転教室の粗品など警察との取引も多く、警察グッズも販売するようになりました」。営業部長の増田啓二さん(64)は、店の歴史をそう語る。
 店先の警察官マスコットも、県警の相談を受けながら開発したものだ。女性警察官のキャラクターもあり、丸みのある顔からはレトロな雰囲気が感じられる。

Logo2http://www.asahi.com/articles/ASH1W6KRCH1WUTNB019.html

« ナンペイ事件:粘着テープ指紋の持ち主 事件とどう関与?(19日)毎日 | トップページ | 「だまされたふり作戦」で検挙増 愛知県警プロジェクト (19日)日経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナンペイ事件:粘着テープ指紋の持ち主 事件とどう関与?(19日)毎日 | トップページ | 「だまされたふり作戦」で検挙増 愛知県警プロジェクト (19日)日経 »