« 女性自衛官、本格増員へ…NATO視察し参考に(1日)読売 | トップページ | 禁止模型銃輸入疑いで県警が聴取 30代警察官自殺か (1日)共同 琉球新報 »

2015年2月 1日 (日)

女性殺害:名大生実家周辺 近隣で「ネコ5匹不思議な死」(1日)毎日

 名古屋市千種区の森外茂子(ともこ)さん(77)を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された名古屋大学の女子学生(19)の宮城県の実家周辺で2008〜11年、少なくとも5匹の猫の変死体が見つかっていたことが31日、近所の住人などへの取材で分かった。
 近所に住む60代の女性によると、11年ごろ、飼い猫が背中に白い薬品のようなものを付けて外から帰って来た。タオルで拭おうとしたが、取れなかったという。猫が背中をなめて薬品が口に入ると、嘔吐(おうと)を繰り返すようになった。動物病院に連れて行ったが、原因が分からないまま約10日後に死んだ。
 また近所の獣医師によると、同年5月には近くの公園で血だらけの猫が保護され、動物病院に運ばれた。猫は裂傷を負い、右前足を複雑骨折しており、その日のうちに死んだ。
 獣医師は毎日新聞の取材に対し、交通事故ではあまり見られない外傷だったと指摘。「刃物のような物で、人為的に傷つけられた可能生もある」と話した。
 また近所の男性(42)は08年ごろ、女子学生の自宅から約100メートル離れた道路沿いで、2匹の猫が口から血を流して死んでいるのを見つけた。いずれも外傷はなかったという。その1年後にも、猫1匹が近所で同じように口から血を流して死んでいるのを見つけた。「事故で死んだのではないだろうと思った。気味が悪かったので今でも覚えている。近所の人たちも怖がっていた」と話していた。
 中学時代の同級生によると、女子学生は中学生のとき、「自分で作った薬品をハムスターにかけた」と話したり、猫にハサミを突きつけ「中身を見てみたい」と話していたことが分かっている。【井口慎太郎、山本佳孝、大野友嘉子、三浦研吾】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150201k0000m040075000c.html

« 女性自衛官、本格増員へ…NATO視察し参考に(1日)読売 | トップページ | 禁止模型銃輸入疑いで県警が聴取 30代警察官自殺か (1日)共同 琉球新報 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性自衛官、本格増員へ…NATO視察し参考に(1日)読売 | トップページ | 禁止模型銃輸入疑いで県警が聴取 30代警察官自殺か (1日)共同 琉球新報 »