« 死刑囚の個人情報漏えい、国に30万円賠償命令(6日)読売 | トップページ | 100人態勢で行方追う=小5男児刺殺事件-和歌山県警(6日)時事 »

2015年2月 6日 (金)

存在知りつつ被害に…9割 県内、特殊詐欺アンケート (6日)共同

言葉巧みに現金をだまし取る特殊詐欺。県警が初めて行ったアンケートで昨年の県内の特殊詐欺被害者75人のうち約90%が特殊詐欺被害の存在を知りつつ現金を詐取されていたことが4日、明らかになった。「だまされていると思わなかった」被害者も約半数おり、巧妙な手口で心理的に揺さぶられ被害に遭う状況が浮き彫りとなった。
 アンケートの回答は昨年1年間の被害者84人のうち75人から得た。県警生活安全企画課によると、「特殊詐欺を知っていた」は回答者73人中67人(92%)。被害前の相談状況では「誰にも相談していない」が同65人中59人(91%)。相談しなかった理由は、同61人中39人(63%)が「だまされていると思わなかった」とし、巧妙な手口で言葉巧みに被害者を動揺させる犯行を裏付ける結果となった。
 昨年、県内の特殊詐欺被害認知件数は前年比31件増の84件で過去最悪。被害額は同微増の約4億2800万円で過去5年で2番目に多かった。今年1月末現在(暫定値)では既に4人が計1559万円を詐取されている。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150205_10

« 死刑囚の個人情報漏えい、国に30万円賠償命令(6日)読売 | トップページ | 100人態勢で行方追う=小5男児刺殺事件-和歌山県警(6日)時事 »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死刑囚の個人情報漏えい、国に30万円賠償命令(6日)読売 | トップページ | 100人態勢で行方追う=小5男児刺殺事件-和歌山県警(6日)時事 »