« 2015年2月19日 | トップページ | 2015年2月21日 »

2015年2月20日

2015年2月20日 (金)

覚醒剤密輸、14年174件摘発 過去2番目の多さ (20日)日経

財務省は20日、2014年に摘発した覚醒剤の密輸は174件で、過去2番目の多さだったと発表した。訪日旅客が覚醒剤を持ち込むケースが増加しており、中国やタイからの密輸が多い。政府は件数の増加などに対応するため、税関での水際対策の強化を急ぐ方針だ。
 覚醒剤のほか、大麻や向精神薬を含めた不正薬物全体の摘発件数は390件。押収量は630キロで、3年連続600キロを超えた。訪日外国人による不正薬物の持ち込みは171件で、13年(135件)から3割近く増えた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H6X_Q5A220C1CR8000/

| コメント (0)

いまだ6人逃亡中「超法規的措置」の爪痕、今も 新たなテロ拡散も(20日)産経

本赤軍の要求に応じて「超法規的措置」で釈放された活動家らは、城崎勉容疑者を含め11人に及ぶ。釈放後にテロを起こし逃走中の人物もおり、要求に屈した深い爪痕は今も残る。
 ダッカ日航機乗っ取り事件では、人質を盾に城崎容疑者らの釈放と600万ドルの身代金が要求された。福田赳夫首相(当時)は「人命は地球より重い」と要求を受け入れ、超法規的措置に踏み切った。
 ダッカ事件を起こしたメンバーには、1975(昭和50)年、マレーシア米大使館が占拠されるなどした事件で人質交換されたメンバーもいた。昭和47年の「あさま山荘事件」に関与した坂東国男容疑者(68)、49~50年に発生した「連続企業爆破事件」に関与した佐々木規夫容疑者(66)ら6人がいまだ逃亡中だ。
 警察庁官房長としてダッカ事件に対応した元警察庁長官の山田英雄氏は「超法規的措置は新たなテロを拡散させた。明らかな判断の誤り。これを教訓にテロに屈しない基本原則が確立された」と話す。

最新ニュース

事件政治国際経済コラム

| コメント (0)

日本に強制送還 城崎勉容疑者を逮捕(20日)日本テレビ

1986年に起きたインドネシア・ジャカルタの日本大使館襲撃事件で国際手配されていた日本赤軍のメンバー・城崎勉容疑者がアメリカから日本に強制送還され、警視庁公安部は20日、殺人未遂などの疑いで逮捕した。城崎容疑者は認否を明らかにしていない。

2010_0318_173406banner011_2
http://www.news24.jp/articles/2015/02/20/07269646.html

| コメント (0)

危険ドラッグ密造工場:実質経営者逮捕…営利目的所持容疑(20日)毎日

 埼玉県川口市のマンションで国内最大級の危険ドラッグ密造工場が摘発された事件で、神奈川県警は20日、工場の実質経営者とみられる東京都足立区梅島、自称無職、遠藤満春容疑者(37)を麻薬取締法違反(営利目的所持)容疑で逮捕した。「全く関係ない」と否認しているという。
 逮捕容疑は今年1月14日、マンション内で麻薬が含まれた植物片計約12キロを所持したとしている。県警によると、マンションから押収した携帯電話の通話履歴などから遠藤容疑者が浮上。昨年9〜11月だけで7000万円超の利益を得ていたとみて全容解明を目指す。【松浦吉剛】

Logo_mainichi_s1
http://mainichi.jp/select/news/20150221k0000m040093000c.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(20、21日単位・レベル)

今年も詐欺犯の増加が止まらない
【治安うんちく】
2009_1228_22521931

F1010625今年正月は国民を震撼させるような重大事件もなく穏やかに明けた。
 刑法犯の認知件数も昭和49年以来、最も低かった昨年の1月よりもさらに減少するなど数字治安は確実に回復している。しかし、今年に入って放火事件が目立ったいるのは気がかりだ。
 警察庁によると今年1月の刑法犯認知件数は8万3288件で検挙件数は2万3741件。認知件数で前年同期より1万2136件少ない。一方、検挙率は今年は28.5%で前年の26.7%より1.8ポイント改善された。
 刑法犯全体では殺人などの凶悪犯は460件で69件、暴行などの粗暴犯も4539件で224件、窃盗犯も6万1909件で1万0193件とそれぞれ減っている。
 しかし、今年に入った広島県神石高原町や宮城県石巻市など各地で放火事件が連続しているのと金庫破りが205件で20件も増えていることが懸念される。
 昨年から知能犯が増えているが中でも詐欺事犯は2996件で前年同期を151件も増えるなど増加傾向を示している。官民挙げての抑止策が急務だ。

 【事件】21日未明、東京・港区の中国料理店に男が押し入り、女性店長に刃物を突きつけて中国語で「金を出せ」などと脅し、顔を殴ったり、両腕をひもで縛るなどして現金数百万円を奪って逃走する事件があった。
 首都東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル3"

| コメント (0)

ネット違法配信で一斉摘発 40人を検挙(20日)NHK

ファイル交換ソフトを使ってインターネット上に映画や音楽などを違法に流出させたなどとして全国の警察が一斉摘発に乗り出し、合わせて40人が著作権法違反の疑いで検挙されました。一斉摘発での検挙者としてはこれまでで最も多くなりました。

警察庁によりますと、ファイル交換ソフトを使って映画や音楽などをインターネット上に違法に流出させ、誰でも閲覧できる状態にしたとして、19日までの3日間、全国の警察が一斉摘発に乗り出し、合わせて40人を著作権法違反の疑いで検挙しました。6年前から毎年のように行われている一斉摘発での検挙者としてはこれまでで最も多くなりました。このうち広島県では竹原市の課長が逮捕されたほか、大阪では21歳の大学生が書類送検されました。年齢別では、40代が14人と最も多く、次いで20代と30代がそれぞれ8人、50代が7人などとなっています。
また、悪用されたファイル交換ソフトの種類では、40人のうち31人までが「Share」を使っていました。
警察庁は、ファイル交換ソフトを使った違法なアップロードが依然として安易に行われているとみて、全国の警察でさらに摘発を進めることにしています。

News_pic1_4
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150220/n68402310000.html

| コメント (0)

振り込め詐欺防止、銀行と園児が呼びかけ (20日)TBS

東京・中央区の信託銀行で高齢者が振り込め詐欺にだまされ現金を引き出しに来たとの想定で、警視庁と地元の金融機関が被害防止に向けた訓練を行いました。
 一方、豊島区の幼稚園では園児が祖父や祖母に絵をプレゼントしながら、振り込め詐欺への注意を呼びかけました。
 東京都内では去年1年間の振り込め詐欺の被害額が80億円を超えていて、警視庁は警戒を強めています。(20日18:03)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2425772.html

| コメント (0)

都内で急増のトラック事故、警視庁が安全運転呼びかけ (20日)TBS

東京都内で急増するトラックによる重大事故を防止しようと、警視庁がドライバーに安全運転を呼びかけました。
 「貨物自動車の事故が増えてますんで、安全運転をお願いします」(警視庁 廣田耕一交通部長)
 都内でトラックによる死亡事故が相次いでいることを受け、警視庁は20日午前、江戸川区などにある4つのトラックターミナルで、ドライバーに安全運転を呼びかけました。
 警視庁によりますと、都内では今月に入り14件の交通死亡事故が起きていて、このうち8件がトラックが絡む事故だということです。トラックは、車体が大きいことから死角ができやすく、気づかないうちに歩行者などを巻き込み事故を起こすケースが多いということで、警視庁は「右折や左折をする際は十分に安全を確認し、焦らず減速することを心がけてほしい」としています。(20日14:05)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2425572.html

| コメント (0)

「出会い系」標的は高齢者 寂しくて…メール代1千万円(20日)朝日

 「出会い系」などの有料メール交換サイトを運営する業者が、悪質な脱税をしたとして告発される事件が相次いでいる。利益を生む背景には、お年寄りの利用者の増加があるようだ。メールの相手は業者が雇った「サクラ」が多いとみられ、お年寄りが詐欺的な手口の標的にされている。
 300万円あった貯金は底をつき、年金や火災保険も解約。借金を重ね、最後は自宅の電気代やガス代さえ払えなくなった――。
 東京都内で一人暮らしをしていた無職男性(76)は、昨秋までの3年間で九つの有料メール交換サイトに登録し、計1千万円以上を支払った。
 2011年秋。インターネット画面で「車をプレゼントします」という表示をクリックしたのが始まりだ。名前や連絡先を入力してメールを送ると、翌日から、見知らぬ女性からのメールが大量に届き始めた。
 「悩み相談に乗ってください」「会いたいです」

Logo2_2
http://www.asahi.com/articles/ASH2K42RYH2KUTIL01R.html

| コメント (0)

無許可店に上海ガニ譲渡=容疑で中国人2人書類送検-警視庁(20日)時事

特定外来生物「上海ガニ」の飼育許可を持たない東京・上野の中国食材店に、上海ガニを生きたまま譲渡したなどとして、警視庁生活環境課は20日、特定外来生物法違反容疑で、ともに中国籍の農水産物輸入業「申江貿易」(東京都台東区)の営業担当社員の男(35)と、中国食材店運営会社「ハイユー」(同)の実質経営者の男(39)、法人としての両社を書類送検した。
 同課によると、2人は容疑を認めている。ハイユーの男は「他の店も売っていたので大丈夫だと思った」などと話しているという。
 送検容疑は1月12日、申江貿易側が飼育許可を持たないハイユー側に対し、上海ガニ109匹(約20キログラム)を7万2000円で譲渡。ハイユー側が同14日、店舗で販売目的で陳列し、飼養した疑い。(2015/02/20-12:25)

2015/02/20-12:25

| コメント (0)

多摩川河川敷に全裸の男性遺体 死体遺棄事件で捜査 神奈川県警(20日)産経

20日午前6時15分ごろ、川崎市川崎区港町の多摩川の河川敷で、若い男性が倒れているのを通りかかった女性が見つけ、近くにいた別の男性が110番通報した。駆け付けた神奈川県警川崎署員らが、現場で男性の死亡を確認した。
 同署などによると、男性は30代程度とみられ、全裸で倒れていた。遺体は既に死後硬直が始まっていたが、腐敗はしていなかったという。同署は、死体遺棄事件の可能性もあるとみて、男性の身元確認を急いでいる。http://www.sankei.com/affairs/news/150220/afr1502200015-n1.html

| コメント (0)

三鷹 女子高校生殺害 検察が上告断念(20日)NHK

おととし、東京・三鷹市で女子高校生を殺害したとして殺人の罪などに問われた元交際相手の被告に対し、1審をやり直すよう命じた2審の判決について、東京高等検察庁は上告を断念しました。
この結果、1審の裁判員裁判が再び開かれる見通しになりました。

おととし、東京・三鷹市で高校3年生の女子生徒が殺害された事件で元交際相手の池永チャールストーマス被告(22)が殺人などの罪に問われ、1審の裁判員裁判は去年8月、懲役22年を言い渡しました。
しかし、2審の東京高等裁判所は今月6日、「起訴されていない被害者の画像をインターネット上に流した行為について実質的に名誉毀損の罪で処罰する趣旨で刑の重さを判断した疑いがある」と判断して1審を取り消し、もう一度裁判をやり直すよう命じました。
これについて、東京高等検察庁は最高裁判所に上告するかどうかを検討していましたが、上告を断念し、1審の裁判員裁判が再び開かれる見通しとなりました。
東京高検の堺徹次席検事は「判決内容を慎重に検討したが適法な上告の理由が見いだせず上告を断念せざるを得ないとの結論に達した」というコメントを出しました。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150220/k10015608671000.html

| コメント (0)

多摩川河川敷に男性の変死体 川崎、体の一部に傷(20日)朝日速報

20日午前6時15分ごろ、川崎市川崎区港町の多摩川の河川敷で、男性が倒れているのを通行人が発見し、110番通報した。神奈川県警川崎署によると、男性は死亡しており、体の一部に傷があったという。県警は事件性があるとみて捜査を始めた。http://www.asahi.com/articles/ASH2N3DKLH2NULOB002.html

Logo2

| コメント (0)

川に転落の女子大生、脚立架けて引き上げた男性(20日読売)

川に転落した20歳代の女子大学生を救出したとして新潟県警長岡署は18日、長岡市雨池町、会社員の男性(39)に感謝状を贈った。男性は「川に落ちた人を引き上げなければという気持ちだけだった」と振り返った。
 男性は昨年12月27日午後6時頃、自宅近くの川(幅約3メートル、水深約0・5メートル)に女性が落ちているのを発見。自宅から運び出した脚立を約2・8メートル下の川底まで架け、女性を引き上げた。男性の妻(39)も「もう少し我慢してね」などと声をかけて励ましたという。女性にけがはなく、男性が自宅まで車で送り届けた。
 女性は帰省のため、高速バスの停留所を目指して歩いていたが、救出される約30分前に誤って転落したとみられる。
 女性は大きな声で助けを求めていたが、人通りが少なく、男性が発見するまで誰も気がつかなかったという。男性は、「(女性は)ビショビショにぬれて泣いていた。とにかく早く帰してあげたかった」と、当時の状況を説明した。
 感謝状を贈呈した長岡署の磯貝康成署長は、「迅速かつ勇敢な行動に感謝します」とたたえた。

2015年02月20日 11時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

「育てる自信なくなった」中1長男の首絞め殺害図った母逮捕 新潟(20日)産経

新潟県警新発田署は20日、中学1年の長男(12)の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、同県新発田市宮古木、母親の無職、高松加代子容疑者(48)を現行犯逮捕した。
 新発田署によると「育てる自信がなくなった」と容疑を認めている。長男は意識があり、命に別条はない。
 逮捕容疑は20日午前5時ごろ、自宅2階の寝室で、寝ていた長男の首をひもで絞めて殺害しようとした疑い。
 長男は両親と祖父母との5人暮らし。事件当時、父親は仕事で不在だった。祖母が物音に気付き、119番した。http://www.sankei.com/affairs/news/150220/afr1502200010-n1.html

| コメント (0)

指紋酷似の男性にアリバイか 八王子の女性3人射殺事件(20日)共同

1995年7月に東京都八王子市のスーパー「ナンペイ大和田店」(当時)で起きた女性3人射殺事件で、現場に残された粘着テープから採取された指紋が酷似しているとされた男性は、事件が起きた時間帯に別の場所にいたとみられることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、男性は運送業に従事しており、約10年前に死亡。当時の勤務先の記録や、親族から採取したDNA型の鑑定などから、実行犯ではないとの見方が強まった。一方で、警視庁八王子署捜査本部は、男性が触れたテープを、周辺の人物が使用した可能性もあるとみて慎重に調べている。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021901002120.html

| コメント (0)

宇都宮で1千万円の詐欺被害 社債購入めぐり「名義を貸したので逮捕する」と脅す(20日)産経

宇都宮東署は19日、宇都宮市に住む無職の男性(89)が、商社社員や警察官を名乗る男らから現金1千万円をだまし取られたと発表した。詐欺事件として調べている。
 署によると、昨年9~同10月、男性宅に総合商社の社員を名乗る男から「社債購入の名義を貸してほしい」と電話があった。男性が承諾すると、警察官や弁護士をかたる男らから電話があり、「名義を貸したので逮捕する」「和解のために1千万円を送ってほしい」などといわれた。
 男性は、指定された東京都内の住所に宅配便で現金を3回に分けて送った。知人に相談し被害に気付いた。http://www.sankei.com/affairs/news/150219/afr1502190052-n1.html

| コメント (0)

徐々に大きくなる謎の石像…河川敷に見物客続々(20日)読売

長野県上田市の千曲川河川敷に謎の石像が現れ、話題を呼んでいる。
 人の胸像とみられ、徐々に大きくなっており、週末には見物客も訪れるようになった。国土交通省千曲川河川事務所は「無許可設置は河川法違反」として撤去を考えている。
 像は、石やセメントででき、高さが2メートルを超え、顔の直径は1・2メートルに及ぶ。河川事務所が最初に気づいたのは2011年4月。以来、週2回の日中パトロールと月1回の夜間パトロールの際に監視が行われ、13年12月からは像の周りに看板を設け、制作者に撤去を求めた。
 しかし、像には人知れず手が加えられ続け、今月12日には像正面の石段の隙間にセメントが流し込まれているのが確認された。
 15日の日曜の昼には家族連れの見物客が切れ間なく車で来ていた。「(河川で造るのは)だめなことだろうが、なかなか良い出来栄え」と記念写真を撮る人も。人気漫画「ドラゴンボール」の主人公「孫悟空」や、同じく人気漫画シリーズ「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する宿敵「ディオ」に似ているとの声が聞かれた。
 河川事務所は「洪水などで流されれば、橋など川の施設に被害を及ぼす可能性がある」などと説明する。当面は、制作者が名乗り出て撤去するのを待つ。

2015年02月20日 07時38分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

“振り込め”防げ!金融機関職員がワザ競う(20日)日本テレビ

振り込め詐欺などお年寄りが現金をだまし取られる被害が深刻な中、金融機関の職員が、だまされて窓口に来たお年寄りに声をかける技を競い合うイベントが東京都内で開かれた。
 これは、東京東信用金庫と向島警察署など4つの警察署が合同で行ったもの。お年寄りが犯罪に巻き込まれるのを事前に防ぐのが狙いで、信用金庫のすべての支店の中から勝ち抜いた職員が、だまされて窓口に来たお年寄りに声をかけたりする技を競い合った。
 警視庁によると、去年、都内での振り込め詐欺など特殊詐欺の被害は、約80億円にのぼる一方で、金融機関の通報により約50億円の被害を防止できたという。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2015/02/20/07269615.html

| コメント (0)

射撃場でライフル暴発、持ち主の男性が死亡 (20日)TBS

19日、埼玉県長瀞町にある射撃場でライフル銃が暴発し、男性が死亡しました。
 19日午後2時前、長瀞町にある「埼玉県長瀞射撃場」で、この射撃場の会員で、自営業の尻枝裕美さん(57)が胸から血を流して死亡しているのが見つかりました。
 警察が射撃場の監視カメラを分析したところ、尻枝さんは、自分が所有する長さおよそ95センチ、口径およそ8ミリのライフル銃を立てかけてワイヤーで固定していました。その後、この銃が倒れそうになり、尻枝さんが受け止めたところ暴発して、弾が胸に当たったということです。
 警察はさらに映像を分析するとともに、射撃場の関係者に話を聞くなどして事故の状況を詳しく調べています。(20日00:59)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2424937.html

| コメント (0)

米、城崎容疑者を移送=20日にも帰国-警視庁、ジャカルタ事件で逮捕へ(20日)時事

1986年に在インドネシア・ジャカルタの日米両大使館に迫撃弾が撃ち込まれた「ジャカルタ事件」で、日本赤軍メンバー城崎勉容疑者(67)=国際手配中=の身柄について、米当局が移送を開始し、20日(日本時間)にも帰国する見通しとなった。関係者が明らかにした。
 警視庁公安部は、日本に到着次第、日本大使館への迫撃弾発射に関与したとして、現住建造物等放火未遂容疑で逮捕する。
 城崎容疑者は、ジャカルタ事件の証拠隠滅のために、迫撃弾が発射されたホテルに放火しようとした疑いが持たれている。
 城崎容疑者は96年に潜伏中のネパールで身柄を拘束され、米に移送。米大使館に対する攻撃事件で殺人未遂罪などに問われ、禁錮30年の刑を言い渡され服役。今年1月に連邦刑務所から出所した。(2015/02/20-00:44)

2015/02/20-00:44

| コメント (0)

車内でウオッカ 引火し車全焼か(20日)NHK

19日未明、名古屋市でワゴン車が全焼する火事があり、男女2人がやけどをしました。
警察は、車内でウオッカを飲みながら、たばこに火をつけようとしたところ、気化したアルコールに引火したとみて調べています。

19日午前3時前、名古屋市守山区の庄内川の堤防の道路でワゴン車が全焼する火事があり、乗っていた男女2人のうち、名古屋市の20代の女性が顔などに大やけどをし、愛知県春日井市の30代の男性も腕にやけどをしました。
警察によりますと、2人は車を止めて、女性が助手席でウオッカを飲んでいて、たばこに火をつけようとしたところ、突然、火がついて燃え広がったということです。
女性が飲んでいたのは、アルコール度数が90%以上あるポーランド産のウオッカだということです。
警察は、車内で気化したアルコールに引火したとみて、詳しい状況を調べています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150219/k10015597841000.html

| コメント (0)

マンション火災 2人死亡 5人けが(20日)NHK

20日未明、東京・江東区のマンションで火事があり、住人とみられる20代の男性2人が死亡したほか、男女5人がけがをしました。

20日午前1時ごろ、江東区東陽で「マンションが燃えている」と消防に通報がありました。
東京消防庁から消防車など41台が出動し、火はおよそ3時間後に消し止められましたが、5階建てのマンションのうち、2階から5階まで合わせておよそ220平方メートルが焼けました。
警視庁や東京消防庁によりますと、この火事で、4階と5階から逃げ遅れた男性3人が救助されましたが、このうち、4階の住人とみられる20代の2人が死亡しました。
また、もう1人の男性を含む20代から60代までの男女5人が煙を吸って、のどにやけどを負うなどけがをし、このうち4人が重傷だということです。
警視庁によりますと、出火当時、現場近くを通りかかった男性から「マンションの2階の部屋が燃えている」と連絡があったということで、警視庁と東京消防庁が火が出た原因について調べています。
現場は東京メトロ東西線の木場駅からおよそ500メートル離れた住宅や商店が建ち並ぶ一角です。

News_pic1
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150220/t10015602361000.html

| コメント (0)

新幹線運転士、財布取りに戻り発車8分遅れ(20日)共同

JR東北新幹線仙台駅で14日、50代男性運転士が勤務中に仙台市内の自宅に財布を取りに戻り、午後8時30分発東京行きはやぶさ・こまち36号の発車予定時刻に間に合わなかったことが19日、分かった。仙台駅を8分遅れで発車し、約400人に影響した。JR東日本仙台支社は「遅れた時間が短かった」として内容を公表していなかった。
 仙台支社によると、運転士は14日午後7時37分に仙台駅に到着したはやて115号の乗務を終え、駅から約15分の自宅に帰宅。「次の運転まで、まだ時間がある」と思い込み、所属する仙台新幹線運輸区に戻ったのは発車予定時刻ごろだった。
 はやぶさ・こまち36号に仙台駅まで乗務した運転士が新幹線運行本部に「乗り継ぎの運転士がいない」と連絡。運行本部が運輸区に伝え、運転士がホームに向かった。駅のアナウンスは遅れについて「発車の準備をしている」と説明していた。
 一般的に、運転士は次の乗務まで時間が空いている時に食事などで持ち場を離れることがある。
 仙台支社広報室は「私的な理由で列車の運行を遅らせ、お客さまに大変申し訳ない。声掛けを徹底し、再発防止に努める」と釈明している。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201502/20150220_13015.html

| コメント (0)

« 2015年2月19日 | トップページ | 2015年2月21日 »