« 2015年2月10日 | トップページ | 2015年2月12日 »

2015年2月11日

2015年2月11日 (水)

八ケ岳遭難の2人、遺体で発見 学習院大山岳部員(11日)共同

長野県警は11日、茅野市と原村にまたがる八ケ岳連峰・阿弥陀岳(2805メートル)の南側斜面で、9日から行方不明になっていた学習院大山岳部員2人の遺体を発見した。
 県警によると、死亡したのは4年生で山岳部主将の吉田周平さん(22)=東京都杉並区=と、1年生の土山莉里香さん(19)=千葉県松戸市。  2人の発見場所は標高約2560メートル地点の急斜面の雪だまりで、一般的な登山ルートから外れていた。2人はロープで体をつないだ状態で、上に約1・5メートルの雪が積もっていた。県警は滑落した後、雪崩に遭った可能性もあるとみている。

2010_0123_11120247newslogo1_2http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021101001172.html

| コメント (0)

韓国・仁川空港近くで多重事故、日本人1人負傷 (11日)日経

【ソウル=共同】韓国西部、仁川国際空港近くの永宗大橋で11日午前9時40分ごろ(日本時間同)、車やバスが絡む多重衝突事故が起きた。韓国警察によると、100台前後が巻き込まれたもようで、2人が死亡、42人が負傷した。在韓国日本大使館によると、日本人男性1人が軽傷を負った。
 負傷者のうち13人は外国人。確認された死者はいずれも韓国人とみられるという。
 現場は空港からソウルへ向かう幹線道路。ソウル市内と空港を結び観光客が多く利用する直通バスも数台巻き込まれた。事故当時、現場は濃い霧で視界が悪く、計3カ所で次々と多重衝突が起きたという。http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040006_R10C15A2000000/

| コメント (0)

殺人、遺棄容疑で17歳少女逮捕=乳児遺体事件-福井県警(11日)時事

福井市で4日、生後間もない女児の遺体が見つかった事件で、福井県警福井署などは11日、殺人と死体遺棄の疑いで、母親で同市内に住む少女(17)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は4日未明、自宅トイレで出産した女児を殺害し、遺体を同市灯明寺の馬渡川の土手に遺棄した疑い。
 同署によると、少女は女児の遺体を遺棄した後、体調不良で病院に搬送され入院。11日に退院したのを待って逮捕した。同居の家族は少女の妊娠に気付いていなかったという。(2015/02/11-19:31)

2015/02/11-19:31

| コメント (0)

スーパーに車突っ込み炎上 79歳男性死亡(11日)日本テレビ

11日午前、和歌山県白浜町のスーパーに車が突っ込み炎上する事故があり、運転していた79歳の男性が死亡した。
 現場は白浜町の「スーパーVショップ桟橋店」で、11日午前10時40分頃、従業員から「店舗に車が突っ込んだ」と110番通報があった。警察によると、車は交差点を通過した後、そのまま正面から店に突っ込み炎上、店内も一部燃えたが、1時間ほどで消防によって消し止められた。
 この事故で、運転していた近くに住む鴨井徹雄さんが死亡、店内にいた客や従業員計6人にケガはなかった。
 現場にはブレーキの跡がなかったということで、警察が詳しい事故の原因を調べている。

2010_0318_173406banner011_2http://www.news24.jp/articles/2015/02/11/07269054.html

| コメント (0)

介護用ロボ購入を勧め700万円詐取、容疑の男逮捕(11日)TBS

「インサイダー取引を解決する」などとウソを言い現金をだまし取ったとして、埼玉県三郷市の無職・鎌田宏樹容疑者(29)が警視庁に逮捕されました。
 鎌田容疑者らは、去年7月、群馬県の女性(60)の自宅に、介護用ロボットの購入を勧めるパンフレットを送りつけたうえで電話をかけ、「ロボット購入の注文があった」「このままではインサイダー取引になる」などとウソを言って、解決するための費用として現金700万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、鎌田容疑者は犯行に使う携帯電話や、だまし役を集める役割で、他にも700万円以上をだまし取っていたとみて、余罪を追及しています。(11日17:14)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2417044.html

| コメント (0)

振分親方と琴欧州親方 振り込め詐欺根絶を訴え…(11日)テレビ朝日

大相撲の元高見盛の振分親方と琴欧州親方が、振り込め詐欺の根絶を訴えました。
 11日、東京・墨田区の両国国技館前で行われた振り込め詐欺根絶のイベントに、大相撲の元高見盛の振分親方と琴欧州親方が登場しました。2人は集まった大勢の人たちにチラシを配り、振り込め詐欺の根絶を訴えました。東京都内では、去年1年間の振り込め詐欺を含む特殊詐欺の被害額が約80億円に上り、被害者の9割が60歳以上です。http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000044292.html

2009_1229_211958annlogo1

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日単位・レベル)
学問ではなく実践で会得するものだ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010614 文科省は小中学校に「道徳」を正式な教科とすることを決め、指導要領も改正するという。案には、「いじめ」に関する記述が入れられたほか、「よりよく生きる」「公正、公平」といった文言も盛り込まれている。
 今、子供達に何が必要か?何が問題になっているのかを表す数字がある。
 警察庁によると平成25年の「いじめ」による検挙・補導人員は小学生が88人、中学生が527人、高校生が109人で、いずれも過去10年間で最悪の数字となった。
 様々な考えがあるが、昔もイジメはあった。しかし、「ガキ大将」がいて統率がとれていた部分もある。そのガキ大将が悪ければ、弱い者が結束して対峙したものだ。
 そうした環境の中で「世の中の辛さ」や「厳しさ」を会得していた。それが今は、「いじめ」が陰湿になったのか、自殺にまで発展する。だから、集団の中で「喰うか喰われるか」などの厳しさがなくなり、身体だけが大人になるから、大人になり仕事の厳しさを教えようとすると「パワハラ」と大騒ぎする。
 どうも、社会の荒波に揉まれても生き抜くという強靱な精神力に欠けているような気がしてならない。それは学問で教えるものでなく、鍛錬ではないのだろうか…
 一時、少年犯罪が懸念された時があった。昭和の時代だが58年には刑法犯検挙人員が19万人を超えたが平成25年は5万6469人と3分の1に減少している。
 しかし、刑法犯少年の人口に占める割合は平成25年で成人の2.0に対して少年は7.8で約4倍になっている。
 今回の指導要領の改正では、「節度、節制」「親切、思いやり」「国や郷土を愛する態度」「生命の尊さ」などを上げているようだが、犯罪を起こせば、罪は「一生ついてまわる」という、「罪悪感」を如何に持たせるかが大事だ。
 逮捕されてほっぺをふくらせたり、ガッツポーズをしたり、カメラを睨みつけたり、笑顔になったり…罪の意識を感じない若者が多すぎる。昔は、コートをかぶるなどして隠したものだった。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

逮捕社長らから風俗店で飲酒接待に歳暮 警視に訓戒処分 宮崎(11日)産経

宮崎県警本部に勤務する男性警視が、後に逮捕され、有罪となった会社社長の経営する店で接待を受けたほか、詐欺容疑で逮捕された産業廃棄物処理会社の元役員からは贈答品を受けるなど不適切な交際を続けたとして、本部長訓戒処分を受けたことが11日、県警などへの取材で分かった。処分は1月15日付。
 県警監察課などによると、警視は平成24年11月下旬、会社社長から風俗営業店で飲酒接待を受けた。この社長も同席していたが、社長は24年、国の助成金をめぐる詐欺事件に絡み、強要容疑などで逮捕され、有罪判決を受けた。
 21~25年の間には、廃棄物処理会社の元役員から中元や歳暮を受け取っていた。この元役員は、霧島連山・新燃岳の噴火で出た火山灰の収集運搬業務で灰の量を水増しし、同県都城市から委託料をだまし取ったとして、26年に詐欺容疑で逮捕された。http://www.sankei.com/affairs/news/150211/afr1502110012-n1.html

| コメント (0)

架空取引で3億円詐取の疑い 元銀行員ら逮捕(11日)NHK

東京の大手IT関連会社の元幹部や岐阜市に本店がある「十六銀行」の元行員らが、架空の取り引きでIT関連会社から3億円余りをだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されました。
警視庁は、元幹部や元行員らが架空取引を繰り返し8億円近い資金を流用していたとみて捜査する方針です。

逮捕されたのは、東京・千代田区の大手IT関連会社「ネットワンシステムズ」の元幹部社員、森浩幸容疑者(54)や、十六銀行でシステム開発を担当していた元行員の兼松英作容疑者(50)ら3人です。
警視庁の調べによりますと、森容疑者らは、十六銀行の通信システムの開発を請け負っていたネットワンシステムズから、外部の業者にコンサルタント費用を支払ったように装って、ネットワンシステムズから3億円余りをだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。
森容疑者は15年前までは十六銀行の行員で、退職してネットワンシステムズに入社しましたが、銀行員だった当時は兼松容疑者と同じ部署で勤務していました。
元の後輩の兼松容疑者と、3年前までの7年間に架空取引を50回以上繰り返し、7億8000万円余りを引き出し山分けしていたということで、2人は内部調査で不正を認め、懲戒解雇されています。警視庁は、流用した金の使いみちなどを捜査する方針です。

News_pic1_3
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/t10015381561000.html

| コメント (0)

医療支援ヘリ“存続危機”理由は風化 復興への日々 (11日)TBS

「復興への日々」です。東日本大震災の発生から、3年と11か月。宮城県気仙沼市では、被災地での医療の支援を目指すNPOの活動が、ある理由で存続の岐路に立たされています。
 気仙沼市の格納庫にたたずむNPOのヘリコプター。このNPOでは、被災地の医療をヘリコプターによる患者搬送などを通して支援しようと、おととし、活動を始めました。
 「(高度な医療機関のある仙台まで)ヘリコプターなら30分で運ぶことができる。時間がかかることで助からなかった命をヘリコプターで助けたい」(NPO法人オールラウンドへリコプター 渡部圭介事務局長)
 活動開始後、知名度も徐々に上がり、ひと月に2~3回の出動要請を受けるようになりました。中には、速やかな搬送で命をとりとめた人もいます。ところが現在、ある事情によりヘリコプターは隔週での運航を余儀なくされているのです。
 「(運休中も)依頼はきている。それに応えられないのでは活動の意味があるのか考えてしまう」(NPO法人オールラウンドへリコプター 渡部圭介事務局長)
 その理由は、ヘリコプターの運航費用を提供している東京の支援組織への寄付金が大幅に減っているためです。毎月寄せられる寄付金は、今では全盛期の50分の1になってしまいました。
 「時間の経過とともに(震災への)社会的な関心が薄れてきているのが大きな要因の一つ」(公益社団法人 シビックフォース 小野寺幸恵さん)
 この事態に急病患者の搬送を依頼する医師も気をもんでいます。
 「(NPOのヘリコプターは)僻地の急患の方にとっては重要なもの。可能であれば存続を期待したい」(気仙沼市立本吉病院 齊藤稔哲院長)
 こうした中、石巻市内で開かれた医療支援ヘリコプターの勉強会では、九州で民間のドクターヘリの運用に力を注いでいる医師も駆けつけました。
 「地域から始める地域のツールとして取り組むのは非常にユニークで、ニーズは出てくる。日本のパイロットケース(=先行事例)になる。頑張ってほしい」(民間ドクターヘリ運用をすすめる冨岡譲二医師)
 NPOでも、災害時に医療機関などの被害状況が空から一目でわかるようなシートの販売を計画するなど、存続に向け模索を続けています。
 「医療過疎地域でもあるので、今後復興が進んでいってもこのヘリコプターは必ず続けていきたい」(NPO法人オールラウンドへリコプター 渡部圭介事務局長)
 復興に欠かせない医療を陰で支えるNPOは、僻地医療の厳しい現実だけでなく、震災の風化とも闘っています。(11日11:45)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416827.html

| コメント (0)

国会内衛視に武器携行 衆院がテロ対策検討(11日)産経

衆院が国会敷地内でのテロや不審者侵入などに対する警備態勢を強化するため、国会内の警備にあたる衛視に武器の携帯・使用を認める検討に入ったことが10日、分かった。イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」に絡む連続テロ事件を受けて町村信孝衆院議長が林幹雄議院運営委員長らに早期に対策を検討するよう指示していた。

 自民、公明両党の衆院議運委理事は10日、国会内で会合を開き、衆院警務部や国会周辺を警備する警察の担当者らから警備態勢の現状についてヒアリングした。
 会合では、国会議事堂に昨年10月、不審者が侵入した事件を踏まえ、理事から「不審者が武器を持っていなかったからよかったが、衛視は丸腰だ。装備も検討すべきだ」との意見が出され、今後検討することを決めた。各門にいる衛視には防護用の盾や相手の動きを封じ込める「さすまた」が用意されている。また、衛視は規定により捕縄や警笛を所持している。しかし、警察官が持っているような警棒や拳銃などの武器は身につけていない。
 カナダの首都オタワで昨年10月、連邦議事堂での銃乱射事件が発生したほか、「イスラム国」も日本をテロの標的に名指ししており、日本国内のテロ対策強化は急務となっている。
 国会法により、国会議事堂周辺は警察官が、敷地内を衛視が警備に当たっている。警察官が敷地内に入る場合、議長や事務総長らの許可が必要で、警察との連携も引き続き検討課題となっている。http://www.sankei.com/affairs/news/150211/afr1502110004-n1.html

| コメント (0)

日本人レイプの容疑者特定 インド警察、20代の男(11日)産経

 インド西部ジャイプール近郊で旅行中の日本人女性がレイプ被害に遭った事件で、警察当局は10日、逃走中の容疑者を地元の20代の男と特定したと発表した。男の逃走を助けた容疑で親類ら7人を逮捕した。
 警察によると、女性は8日、観光ガイドを装った男とジャイプールで知り合った後、宿泊先のホテルに送ると言われて別の場所に連れて行かれ、被害に遭った。(共同)
関連ニュース

【関西の議論】親族から「性的虐待」3割超…相談は「ワンストップ」被害女性をサポート

| コメント (0)

“振り込め”根絶訴え 商店街でパレード(11日)日本テレビ

東京・品川区の商店街で10日、警視庁の音楽隊などが、地元の住民ら約300人とパレードをして、振り込め詐欺など特殊詐欺の根絶を訴えた。
 去年の全国での特殊詐欺の被害額は過去最悪の約560億円に上っていて、警視庁は、摘発を進めるとともに、住民に注意を呼びかけることで被害を減らしたいとしている。

2010_0318_173406banner011
http://www.news24.jp/articles/2015/02/11/07269008.html

| コメント (0)

振り込め詐欺防止、タクシー事業者に協力呼びかけ (11日)TBS

振り込め詐欺の被害を防ぐため、東京・池袋で警視庁がタクシーの事業者に対し乗務員2000人分の声かけマニュアルを手渡し、協力を呼びかけました。
 振り込め詐欺の被害者の多くを占める高齢者は、足が不自由などの理由からタクシーを利用して受け渡しの現場や銀行を訪れるケースが多いということで、警視庁は「不審に思ったら積極的に声をかけ、被害の防止に努めて欲しい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416373.html

| コメント (0)

中2女子不明から11か月、両親が朝霞市長に協力要請(11日)TBS

埼玉県朝霞市に住む14歳の女子中学生が行方不明になって来月で1年になるのを前に、両親が朝霞市長に改めて女子中学生の発見に向けて協力を要請しました。
 中学2年生の齋藤杏花さん(14)は、去年3月10日から行方がわからなくなっています。両親はこれまでに朝霞市に杏花さんの行方を探す協力を依頼していて、その感謝を伝えるとともに改めて今後の協力を要請しました。
 朝霞市は今月下旬から来月10日までを杏花さんを探す強化期間とし、看板を設置するなど再度情報提供を呼びかけるとしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2416544.html

| コメント (0)

生活実態のない仮設住宅 200戸以上(11日)NHK

東日本大震災からまもなく4年となり、被災地で住宅再建が本格化するなか、岩手県で生活の実態がないのに退去の手続きが取られないままになっている仮設住宅が、200戸以上に上ることがNHKの取材で分かりました。県は仮設住宅の集約化を進める計画ですが、計画に支障が出るおそれがあるとして、12日、各自治体に実態の把握を要請することにしています。

岩手県では、被災者の住宅再建にあわせて仮設住宅の一部を撤去して集約化する方針で、一部の自治体では、来年度から本格的に仮設住宅の撤去を始めることにしています。
各自治体では、仮設住宅から別の場所に移る住民に対し退去手続きを行っていますが、NHKが岩手県内の各自治体に取材したところ、生活の実態がないのに、退去の手続きが取られていない仮設住宅が、大船渡市でおよそ70戸、大槌町で53戸、山田町で44戸、宮古市と釜石市でそれぞれ35戸と、合わせて230戸を超えることが分かりました。中には、入居者と全く連絡が取れない仮設住宅もおよそ80戸に上るということです。
このうち大船渡市では、手続きを忘れているケースのほか、新居に移ったものの倉庫代わりに使ったり、地元に戻った際の宿泊場所として使用したりしているケースもあるとみています。
市では、小中学校の校庭にある仮設住宅を来年9月までにすべて撤去する計画ですが、連絡がつかず、住民の同意が得られなければ、計画に遅れが出かねないとの懸念も出てきています。こうした問題を受けて、岩手県では12日、各市町村の担当者の会議を開き、仮設住宅の実態を把握するよう要請することにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/k10015375071000.html

| コメント (0)

イスラム国に拘束の米国人女性 死亡確認(11日)NHK

イスラム過激派組織「イスラム国」がヨルダン軍の空爆によって死亡したと主張しているアメリカ人女性について、オバマ大統領は死亡を確認し、女性を拘束していた「イスラム国」を強く非難しました。

「イスラム国」は、ヨルダン軍がパイロット殺害の報復としてシリアで空爆を実施したあとの今月6日、この空爆によって、拘束していたアメリカ人女性ケイラ・ミューラーさんが死亡したとする声明を発表しました。
これについて、アメリカのオバマ大統領は10日、声明を発表し、シリア難民の人道支援活動などにあたっていたミューラーさんが死亡したことを確認し、哀悼の意を示しました。
そのうえで、「『イスラム国』はミューラーさんのような人々の精神とは全く対照的な行動を取る憎むべきテロ組織だ」として強く非難しました。そして、「どんなに長くかかってもアメリカはミューラーさんの拘束と死に責任のあるテロリストを見つけ出し、裁きにかける」と強調しました。
このあと、ホワイトハウスのアーネスト報道官は記者会見で、ミューラーさんの両親が「イスラム国」から数日前にメッセージを受け取り、情報機関がその内容を分析した結果、ミューラーさんが死亡したと結論づけたことを明らかにしました。一方で、「ミューラーさんが死亡した原因や日時について結論は得られなかった」と説明しました。
ただ、「ヨルダン軍が空爆を実施した場所に一般市民がいたという証拠はない」として、空爆で死亡したとする「イスラム国」の主張を疑問視するとともに「原因にかかわらず、拘束していた『イスラム国』に責任がある」と強調しました。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150211/t10015375721000.html

| コメント (0)

「老化予防」に根拠なし=ジュエリーマキの飲料水-消費者庁(11日)時事

 「ジュエリーマキ」などの宝飾品店を全国展開する三貴(東京都台東区、民事再生手続き中)が、販売する清涼飲料水「プラチナビューティーウォーター」について、根拠がないままがんや老化の予防効果を広告表示したとして、消費者庁は10日、同社に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。
 同庁によると、同社は2014年2~4月、全国の日刊紙に折り込んだ広告計約275万枚に「すべての病気や老化の原因である活性酸素を除去する」などと表示した。同庁は表示の根拠を提示するよう求めたが、臨床結果など、効果を裏付けるような資料は提出されなかったという。
 三貴の話 厳粛に受け止め、コンプライアンス(法令順守)や再発防止に努める。(2015/02/10-21:43)

2015/02/10-21:43

| コメント (0)

三重の中学でも遺体画像見せる 人質事件、修整せず(11日)共同

三重県大紀町教育委員会は10日、町立中学校の50代の男性教諭が、過激派組織「イスラム国」が殺害したとする日本人人質の遺体が写った画像を、授業で生徒に見せていたことを明らかにした。
 町教委によると、教諭は1月26日、1、2年生の社会科の授業で、インターネットからダウンロードした湯川遥菜さんとみられる遺体が写った画像を教室内のスクリーンで見せた。モザイクなど修整はなかった。
 画像を見たのは計3クラスの72人だが、体調不良を訴えた生徒はいなかったという。
 教諭は「テロ行為の卑劣さを強調したかった。国際情勢に目を向けてほしかった」と説明しているという。

2010_0123_11120247newslogo1http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015021101000671.html

| コメント (0)

97度熱湯の上で男児抱え、足滑らせ落とした男(11日)読売

知人男性の長男を熱湯が入った浴槽に落として死亡させたとして、傷害致死罪に問われた愛知県稲沢市、会社員森和徳被告(43)の裁判員裁判で、名古屋地裁は10日、森被告に懲役4年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。
 山田耕司裁判長は「度を超えた悪ふざけの結果、被害者を死亡させた」などと述べた。
 判決によると、森被告は2012年12月、自宅の浴室で、知人の長男(当時10歳)を脅かそうと、97度の熱湯が入った浴槽上で抱きかかえ、湯に近づけるなどした際、足を滑らせて浴槽内に落とし、全身やけどで死亡させた。
 山田裁判長は「滑りやすい浴室内で、飲酒してふらついた状態で被害者を抱え上げて熱湯にさらした行為は、危険で悪質な暴行にあたる」と認定。「暴行の意図はなかった」として重過失致死罪の適用を求めた被告側の主張を退けた。

2015年02月11日 07時12分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

歌舞伎町の雑居ビル、外壁タイル落下 現場は一時騒然(11日)朝日

10日午後10時10分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の9階建て雑居ビルで、外壁タイルがはがれて路上に落下した。けが人はなかった。壁面にははがれかけた外壁タイルが残り、東京消防庁がはしご車で撤去した。
 同庁によると、落下したのは7階付近の外壁タイルで、大きさは縦約50センチ、横約30センチ。現場はJR新宿駅の北東約200メートルの繁華街の一角で、付近は人や車の通行が規制され、集まった若者たちで騒然とした。
 落下を目撃したアルバイト男性(22)は「ほこりみたいなものが落ち、上を向いたら『ドーン』という音とともに壁が落ちた。落ちたのは、通行人まであと1メートルという場所だった。悲鳴も聞こえた」と話した。http://www.asahi.com/articles/ASH2B7QWFH2BUTIL053.html

Logo2

| コメント (0)

« 2015年2月10日 | トップページ | 2015年2月12日 »