« 蛍光ベストで児童見守る 和歌山の住民、小5殺害受け (23日)日経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2015年2月23日 (月)

「殺されるかも…」友人に相談も 多摩川中1殺害(23日)テレビ朝日

川崎市の河川敷で中学1年の少年が殺害された事件は、遺体発見から4日目です。少年は事件前、周囲に「殺されるかもしれない」と相談していたということです。

 (社会部・石塚翔記者報告)
 殺害された上村遼太君(13)は、よく遊んでいたグループへの悩みを事件前に友人に相談していました。
 友人:「(上村君から)やばい、殺されるみたいな。殴られたっていうことが4~5回続いて」
 遺体が見つかった場所は草が生い茂る場所で、人が通る遊歩道からは死角になっています。また、大量の血痕やカッターナイフの刃が見つかった場所からは数十m離れていて、事件発覚を遅らせるため、犯人が殺害後に遺体を移動させた可能性もあります。また、現場近くの防犯カメラには上村君とみられる少年が他の3人と河川敷の方向に歩く姿が映っていましたが、その後、来た道を戻る際には上村君の姿は映っていませんでした。警察は、上村君が普段から遊んでいたグループなど交友関係を中心に捜査を進めています。

2009_1229_211958annlogo1_2
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000045046.html

« 蛍光ベストで児童見守る 和歌山の住民、小5殺害受け (23日)日経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蛍光ベストで児童見守る 和歌山の住民、小5殺害受け (23日)日経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »