« 2015年2月6日 | トップページ | 2015年2月8日 »

2015年2月7日

2015年2月 7日 (土)

県警「相談記録なく、不審人物として把握せず」(7日)読売

和歌山県紀の川市後田の空き地で5日夕、近所に住む市立名手小5年・森田都史君(11)が殺害された事件で、県警は7日午前3時から、岩出署で記者会見した。
 同署の楠俊樹署長は集まった約80人の報道陣を前に、「被疑者を本日、逮捕した」と淡々とした口調で発表。決め手となった逮捕理由については、県警の森昇治捜査1課長が「目撃者の供述による」とだけ述べた。
 森田君と中村容疑者の接点については、「(何らかの関係があったとは)認識していない」と説明。中村容疑者が子供を追いかけ回すなどしていたとされることについては、「これまで相談などを受けた記録はなく、中村容疑者を不審人物としては把握していなかった」と述べた。
 約1時間の会見中、森課長は、事件現場を含む周辺道路などで、複数の足跡が確認されていることを明らかにしたが、その他の物証があるかどうかは、「今後の捜査があるので(公表を)控える。否認しており、押収物の鑑定もまだ。捜査は始まったばかりだ」と厳しい表情で語り、詳細な説明を避けた。

2015年02月07日 16時39分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

客含む19人賭博容疑 福岡、バカラ店摘発(7日)産経

福岡県警は7日、バカラ賭博を開いたとして賭博開帳図利の疑いで、住所不詳、自称無職矢島恩容疑者(41)ら16人を逮捕した。また賭博の疑いで客の自称無職宮本寛容疑者(30)=福岡県久留米市=ら3人を現行犯逮捕した。
 県警は店から現金約300万円とバカラ台などを押収。矢島容疑者を店の経営者とみており、資金が暴力団に流れた可能性もあるとして調べる。
 矢島容疑者ら16人の逮捕容疑は昨年12月から今年1月、福岡市博多区の雑居ビルで、トランプを使ったバカラ賭博をさせ手数料名目で客から現金を受け取った疑い。宮本容疑者らは2月7日午前3時ごろ、この雑居ビルでバカラ賭博をした疑い。http://www.sankei.com/affairs/news/150207/afr1502070025-n1.html

| コメント (0)

逃走の男、けがか タクシー内に多数の血痕 山口(7日)朝日

山口県下関市で、県警が家宅捜索しようとした住宅に住む男が包丁を振り回して逃げた事件で、男が逃走に使ったタクシーの車内に多数の血痕があったことが県警の調べでわかった。県警は、男が包丁でけがを負った可能性があるとみて、7日も下関市内のパトロールを強化し、逃げた男の行方を追っている。
 県警によると、逃げているのは、職業不詳の文健二(ぶんけんじ)容疑者(56)。文容疑者は6日午前8時過ぎ、県警の捜査員が麻薬特例法違反容疑で自宅に捜索に入ろうとしたところ、包丁を振り回して逃走。近くで客待ちをしていたタクシーを奪って逃げた。約1時間後、乗り捨てられたタクシーが自宅から約1・5キロ離れた駐車場で発見され、振り回したとみられる包丁もタクシーの近くで見つかった。
 その後の県警の調べで、タクシーの車内に多数の血痕があったことが判明。県警は、文容疑者が包丁を振り回した際にけがを負ったものとみている。また、タクシーを乗り捨てた後に徒歩以外の方法で逃げた可能性もあるとみて、文容疑者の交友関係先なども捜査し、行方を追っている。
 県警によると、文容疑者は身長172センチで、黒髪のオールバック。逃走時には黒っぽい上着を着ていたという。

Logo2_2http://www.asahi.com/articles/ASH2754VSH27TZNB00C.html

| コメント (0)

渋谷の立てこもり 捜査員突入 男を逮捕(7日)NHK

7日午後、東京・渋谷区のマンションの14階の部屋で、男1人がベランダから植木鉢などを投げ落としながら立てこもっていましたが、8時間近くたった午後9時前、捜査員が部屋に突入し、男を公務執行妨害の疑いで逮捕しました。
男は拳銃のようなものを持っていて、警視庁は身柄を警察署に移し、詳しいいきさつを調べることにしています。

7日午後1時すぎ、渋谷区神南にある15階建てのマンションの14階の部屋に男1人が立てこもり、訳の分からないことを叫びながら植木鉢やプリンターなどをベランダから下に向けて投げているのを警察官が見つけました。
人質やけが人はいないということですが、男は拳銃のようなものを持っていて、警視庁は現場周辺に規制線を張り、立ち入りを制限して警戒に当たるとともに、防弾チョッキを身に着けた捜査員らが、部屋から出てくるよう男の説得を続けていました。
その結果、8時間近くたった午後9時前、捜査員が部屋に突入し、ベランダから捜査員に向かって物を投げるなどしたとして公務執行妨害の疑いで逮捕しました。
警視庁によりますと、けが人はいないということです。
これまでの調べで、男は隣のビルに事務所がある47歳の探偵事務所の元代表で、現場の部屋に住んでいるということです。
警視庁は男の身柄を渋谷警察署に移し、詳しいいきさつを調べることにしています。

News_pic1_2http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150207/t10015296531000.html

| コメント (0)

同居男性の遺体放置、81歳女逮捕 大分市(7日)日本テレビ

同居する男性の遺体を大分市内の自宅に放置した疑いで、81歳の女が7日、逮捕された。
 警察によると、大分市の職員が5日、この家を訪問した際に、男性の遺体を発見した。逮捕された大分市永興の無職・出先聖子容疑者は、同居する79歳の男性の遺体を自宅に放置した死体遺棄の疑いが持たれている。警察は7日、出先容疑者の自宅を家宅捜索し、男性が死亡した経緯などを調べている。司法解剖の結果から、男性は去年の11月下旬から12月初め頃に死亡したとみられているが、死因は分かっていない。
 出先容疑者は「男性が室内で亡くなっている認識はあった」などと話しているという。

2010_0318_173406banner011_2
http://www.news24.jp/articles/2015/02/07/07268820.html

| コメント (0)

19歳少年、パン袋破る動画投稿の疑いで再逮捕 (7日)TBS

万引きを装った動画を投稿する目的でコンビニエンスストアに侵入したとして、19歳の少年が逮捕された事件で、警視庁は、スーパーで菓子パンの袋を破るなどの動画を投稿した疑いで、少年を再逮捕しました。
 偽計業務妨害の疑いで再逮捕されたのは、東京・三鷹市の無職の少年(19)で、先月、武蔵野市のスーパーで、菓子パンの袋を破り、商品棚に戻す様子を撮影した動画をYouTubeに投稿し、スーパーの業務を妨害した疑いがもたれています。
 少年が動画の撮影に使用した菓子パンは、直前にこの店で購入したもので、取り調べに対し、少年は容疑を認めた上で、「自分が買ったパンでやれば、偽計業務妨害にはあたらないと思った」と供述しているということです。
 警視庁は今後、少年が投稿したスナック菓子の容器につまようじを突き刺す動画についても立件する方針です。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2413932.html

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日単位・レベル)
使い勝手のいい法律に
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212F1010609 政府は、開会中の通常国会に個人情報保護法の改正案を提出する。個人を特定できる内容の削除といった一定条件を満たせば、本人の同意がなくても企業などが収集・保有する個人情報を本来とは別の目的でも利用できるようにするというものだ。
 この個人情報保護法もそうだが、通信傍受に関する法律も、国民の生命と財産を守る重要な法律だ。だが、いずれも執行次第では悪法に変身する。
 JR福知山線の脱線事故では自治体が被害者氏名の問い合わせに、JRは同法を理由に拒否。地域がん登録制度を実施しようと自治体が病院にデータの提供を求めたが拒否。地震や豪雨のための行方者の情報の非公開。また平成24年には同法が壁になり生活保障の係と福祉係の間で情報の非公開があり2人の姉妹が孤立死するという痛ましい事犯やお年寄り情報が得られず事件に結ぶつく事犯も多い。実に馬鹿げた話しである。
 
 一方、通信傍受法は、スポット傍受でなく全体傍受にすべきである。外来テロリストが日本でのテロを計画する危険性が極めて高いなかで、国民の生命を守る手段として極めて重要だからだ。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0)

容疑者は依然逃走、山口・下関 県警捜索(7日)東京

山口県下関市で6日、県警が家宅捜索しようとした住宅の男が刃物のようなものを振り回し、逃走した事件で、県警は7日も行方を捜した。男の足取りは依然分かっていない。
 逃走しているのは下関市竹崎町の職業不詳文健二容疑者(56)。県警が麻薬特例法違反容疑で家宅捜索しようとした際、刃物のようなものを手に、客待ちしていたタクシーを奪い逃走した。
 約1時間後、約2キロ離れた同市彦島本村町でタクシーが乗り捨てられているのが見つかった。付近には文容疑者が持ち出したと見られる包丁が落ちていた。http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015020701001348.html

| コメント (0)

容疑者宅から「凶器収納箱」 小5男児殺害(7日)日本テレビ

和歌山県紀の川市で5日、小学5年生の男の子が殺害された事件で近所に住む22歳の男が殺人の疑いで逮捕された。男の身柄がある岩出警察署から中村宇宙記者が中継。
 逮捕された男は現在、こちらの和歌山県岩出警察署で取り調べを受けている。男は殺害された森田都史くんの家の近くをうろうろする姿が近所の人に目撃されていた。
 現場近くに住む中村桜洲容疑者は5日、紀の川市後田の空き地で小学5年生・森田都史くんの胸を刃物で突き刺すなどして殺害した疑いがもたれている。警察によると事件直後から不審人物として中村容疑者が浮かび、目撃者の証言などから逮捕に踏み切ったという。
 警察は6日夜、中村容疑者の自宅を捜索し刃物数点を押収した。「凶器収納箱」と書かれた箱も運び出された。押収した刃物が犯行に使われたものかどうかはまだわからないが、裏付け捜査を進めている。調べに対し中村容疑者は「私は男の子を殺していない。その男の子を見たこともない」と容疑を否認している。
 一方で都史くんの中学生の兄が先月、傘を持った中村容疑者に追いかけられたり、都史くんの家をのぞき込む中村容疑者の姿が目撃されており、警察は2人に接点がなかったかなど詳しく調べる方針。

2010_0318_173406banner011http://www.news24.jp/articles/2015/02/07/07268798.html

| コメント (0)

渋谷のマンションに男立てこもる 拳銃所持か(7日)朝日

7日午後1時ごろ、東京都渋谷区神南1丁目のマンション14階の一室で男が暴れていると、110番通報があった。警視庁によると、男は部屋の窓から外に物を投げたり、拳銃のようなものをちらつかせたりしているという。人質はいない模様。警視庁が周辺に規制線を張って警戒している。
 この日午前11時ごろには、このマンションの隣のビルで「男がなたを持って暴れている」と110番通報があった。渋谷署によると、男が暴れていたとみられるのは探偵事務所で、署員が行くと、男はおらず、なたが放置されていた。
 この探偵事務所の経営者が、男が立てこもっているマンションに住んでおり、署が同一人物か調べている。
 現場は渋谷区役所から東に約250メートル。

Logo2
http://www.asahi.com/articles/ASH274VH9H27UTIL00J.html?iref=comtop_6_02

| コメント (0)

京都府警官、飲酒後に運転…家族が110番(7日)読売

京都府警

向日

町署は7日、下鴨署警務課の巡査部長・向山聡容疑者(56)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕した。
 「ビールをたくさん飲んだ。運転していたことは覚えていない」と供述している。
 発表では、向山容疑者は6日午後10時10分頃、同府向日市寺戸町の路上で、酒気を帯びた状態でマイカーを運転した疑い。
 同日夜、向山容疑者の家族が「飲酒して帰ってきたのに、車で出て行った」と110番。帰宅してきた同容疑者を向日町署に任意同行し、呼気検査で基準値を超えるアルコール分が検出された。
 下鴨署の盛岡富夫副署長は「誠に遺憾。再発防止に努める」とコメントした。

2015年02月07日 13時40分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

【和歌山小5殺害】容疑の男、「奇妙な行動目立った」 大声、棒振り回す(7日)産経

高校中退、引きこもりがち?

 発生から1日が過ぎた7日未明、事件は急展開した。和歌山県紀の川市の市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)が刺殺された事件で、近くに住む中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)が事件に関わった疑いが強まり、県警は殺人容疑で逮捕した。奇妙な行動が目撃されていた中村容疑者の自宅は、森田君宅から至近距離の場所。「こんな近くにいたのか」。近所の住民らに衝撃が走った。
 県警岩出署捜査本部が殺人容疑で逮捕した中村容疑者は、自宅で大声を上げながら木の棒を振るなどの風変わりな行動が周囲にも知られていた。近所の住民らによると、両親と同居し、工業高校を中退後、家に引きこもりがちだったとみられる。
 中村容疑者の向かいに住む女性(54)は「剣道をやっていたはず。ゴーグルを着けて家の前で竹刀を振っていた」と振り返った。「暴力的な印象は全くなかった」と語る住民も。近くに住む若い男性は「小さいころよくボール遊びをしてくれた。最後に言葉を交わしたのがいつか覚えていないが、まさかこんな事件に関わったなんて」と絶句した。

| コメント (0)

【和歌山小5殺害】中村容疑者 事件後に髪型を変える 「殺していません」と否認 和歌山県警 7日未明に逮捕会見(7日)産経

和歌山県紀の川市で、市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)が刺殺された事件で、和歌山県警は7日午前3時、県警岩出署捜査本部で記者会見。殺人容疑で逮捕した同市後田(しれだ)に住む無職、中村桜洲(おうしゅう)容疑者(22)が「男の子を殺していません。見たこともありません」と容疑を否認していることを明らかにした。
 会見には岩出署の楠(くす)俊樹署長と森昇治捜査1課長が出席。捜査本部によると、中村容疑者は事件後、髪形を変えていたという。
 逮捕容疑は5日午後4時15分ごろ、紀の川市後田の空き地で、森田君の頭や右胸、両腕を切りつけたり、突き刺したりし、午後7時5分ごろ、心臓への刺し傷が原因で失血死させたとしている。捜査本部は中村容疑者の自宅の家宅捜索で、刃物を数点押収した。犯行に使われた凶器かどうか鑑定を急ぐ。http://www.sankei.com/west/news/150207/wst1502070017-n1.html

| コメント (0)

和歌山小5男児殺害 近所の22歳男を逮捕(7日)テレビ朝日

000044003_6401和歌山県紀の川市で小学5年生の男の子が刃物で殺害された事件で、警察は7日未明、現場近くに住む22歳の無職の男を殺人容疑で逮捕しました。

 (高橋大作アナウンサー報告)
 不可解な表情を浮かべ、岩出警察署に移送されてきた中村桜洲容疑者。逮捕の決め手となったのは、数々の不可解な行動でした。殺人の疑いで逮捕されたのは、紀の川市後田に住む無職の中村容疑者です。中村容疑者は5日午後、自宅近くの空き地で、近所に住む小学5年生の森田都史君(11)の胸や頭など10カ所を刃物で突き刺すなどし、殺害した疑いが持たれています。森田君の胸の傷は心臓を貫通していました。事件当日、犯人を目撃していた近所の男性は「中村容疑者と似ている」と証言。さらに、中村容疑者は先月、森田君の兄を傘を持って追い掛けたり、森田君の自宅を立ち止まってのぞき込むなど、以前から不審な行動が目撃されていました。
 近くに住む人:「(Q.ゴーグルして竹刀振っていた?)はい。おかしいなと思っていた」「表情のない、暗い感じ」
 こうした不審な行動の数々から、中村容疑者が捜査線に浮上。警察は午前1時半ごろ、中村容疑者を殺人容疑で逮捕しました。警察は、6日午後11時すぎに中村容疑者の自宅を家宅捜索し、複数の刃物を押収したということです。警察は、犯行に使った凶器だとは断定していませんが、「傷口と矛盾はない」としています。中村容疑者は、警察の調べに対して「私は男の子を殺していない。見たこともない」と容疑を否認しているということです。

2009_1229_211958annlogo1
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000044003.html

| コメント (0)

「異常なテンション」絶えなかった薬物の噂 逮捕された小向美奈子「間違いありません」(7日)産経

セクシー女優、小向美奈子容疑者(29)が6日朝、自宅で覚醒剤を所持していたとして覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで厚労省関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。同法違反での逮捕は通算3度目で、「間違いありません」と容疑を認めている。前日は深夜まで仕事をこなしていたが、やはり“クスリ断ち”は難しかったのか…。(サンケイスポーツ)

 逮捕容疑は6日午前7時ごろ、東京・渋谷区の自宅マンションで覚醒剤約0・1グラムを所持した疑い。ストローやガラス瓶など吸引器具も見つかり、麻薬取締部は使用の疑いもあるとみて入手経路も含めて調べる。
 麻薬取締部は数カ月前から小向容疑者を内偵していた。この日朝に帰宅したところで取締官が声を掛け、室内で見つかった粉末が簡易検査で陽性反応が出たため、現行犯逮捕となった。

AV業界では「異常なテンションの時がある」と噂が…

| コメント (0)

下着見ようとベランダ侵入…福岡市職員、停職(7日)読売

福岡市は6日、西区役所の男性職員(24)が自宅マンションで隣室のベランダに侵入したとして、停職3か月の懲戒処分にした。
 市の発表によると、職員は昨年11月21日午前1時50分頃、マンション2階の自宅ベランダから隣のベランダをのぞき、干してあった下着などをそばで見ようと、外壁を伝って隣家のベランダに侵入した。スマートフォンのライトをつけた際、部屋に女性がいることに気づき、自宅ベランダに戻った。職員と女性に面識はなかった。
 職員は明け方になって近くの交番に出頭。女性は被害届を出しておらず、刑事事件にはなっていない。
 職員は前日、同僚らと飲酒していた。同市では、飲酒による職員の不祥事防止に取り組んでいるが、上司が適切な指導をしていなかったとして、市は上司2人を厳重注意した。

2015年02月07日 07時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

ナンバープレートのカバー、全面禁止へ…国交省(7日)読売

国土交通省は6日、汚れ防止や装飾用として市販されている自動車のナンバープレートのカバーについて、装着を全面的に禁止する方針を決めた。
 バイクも対象に含まれる見通しで、道路運送車両法の改正を経て、来年度中にも実施する。
 カバーは主に樹脂製。警察の取り締まり時などにナンバーが見づらいとの弊害が指摘されていた。国交省の有識者検討会が同日、装着の全面禁止などを盛り込んだ報告書を公表し、同省もこれを受け、禁止を決めた。またフレームやボルトカバーについても、数字や文字が見にくくなるものは禁止し、シールや装飾品をナンバープレートに貼り付けることも禁止する。
 現行の道路運送車両法では、ナンバーは「見やすいように表示する」とされているが、明確な基準がなく、個々の事例が合法かどうかの判断が難しかった。

2015年02月07日 00時03分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| コメント (0)

日本人学校の警備強化 外務省が邦人安全策(7日)共同

外務省は6日、過激派「イスラム国」による邦人人質事件を踏まえ、当面の在外邦人の安全強化策を発表した。日本人学校の警備員増や監視カメラ設置に対する支援を充実し、テロ攻撃など緊急事態に対処するマニュアル作りに、外務省の警備専門官が協力する。携帯電話を活用した安否確認システムも導入する。
 イスラム国が今後も日本人を標的にすると予告している点を重視し、対策に万全を期す狙いだ。
 安倍晋三首相は6日の参院決算委員会で「大切なのは日本人の命と平和な暮らしを断固として守り抜く決意を忘れないことだ」と、邦人保護に取り組む姿勢を強調した。
 日本人学校は世界に88校ある。

2010_0123_11120247newslogo1
http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020601001716.html

| コメント (0)

家庭に3兆円「埋蔵金」=使わない貴金属、女性8割保有-業者調べ(7日)時事

田中貴金属工業は、金の指輪やネックレスなど使われないまま家庭に保管されている貴金属の宝飾品の総額が約3兆円に上る、との調査結果を7日までに発表した。実質所得の減少に苦しむ家計だが、日本の家庭には巨額の「埋蔵金」が眠っているとも言えそうだ。
 調査は1月10~12日、全国の20~60代の女性500人を対象にインターネットで実施。この結果に、成人女性の人口と貴金属価格などを掛け合わせて推計した。
 それによると、使用していない金、銀、プラチナ製品を持っている女性が82%おり、国内の保有数は推定2億6700万個。金額に換算すると2兆9500億円に達した。内訳を見ると、金のネックレスが1兆円超で最も多く、プラチナのネックレス、金の指輪と続いた。
 また、保有者のうち「10年以上使用していない」女性が39%に上り、多くの貴金属が長期間眠ったままになっている。
 一方、宝石店などによる買い取りサービスの利用希望者は22%。希望通り売却されれば、金だけでも推計3500億円の新たな消費を生み出すと同社は試算している。(2015/02/07-05:07)

| コメント (0)

アパートで男性死亡 暴行受けたか 神奈川(7日)NHK

4日、神奈川県厚木市のアパートの部屋で、この部屋に住む46歳の男性が死亡しているのが見つかり、警察は遺体の状況などから、男性が暴行を受けて死亡した疑いがあるとみて捜査しています。

4日午後5時ごろ、厚木市下依知のアパートの部屋で、この部屋に住むリフォーム業の早坂秀明さん(46)が倒れて死亡しているのを、訪ねてきた兄が見つけました。
遺体の胸や腕などに複数のあざがあったことから、警察が詳しく調べた結果、死因は外傷性ショックで、死亡推定時刻は遺体が見つかる数時間前とみられることが分かったということです。
警察によりますと、早坂さんは家族などと3人で暮らしていましたが、遺体が見つかるまで2人は外出していて、電話がつながらないことを心配した兄が部屋を訪れたということです。
部屋の玄関や窓には鍵がかかっていて、室内に荒らされたような跡はなかったということですが、警察は遺体の状況などから暴行を受けて死亡した疑いがあるとみて捜査しています。
現場は圏央道の圏央厚木インターチェンジに近い住宅地の一角です。

News_pic1http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150206/k10015283751000.html

| コメント (0)

炎上した車に遺体、茨城・かすみがうら市の林道 (7日)TBS

6日午後、茨城県かすみがうら市で軽乗用車1台が炎上し、車内から1人の遺体が見つかりました。警察は自殺と事件の両面で、捜査しています。
 6日午後2時半ごろ、かすみがうら市雪入で、「爆発音がして見たら車から黒煙がでている」と近所に住む男性から119番通報がありました。消防が駆けつけ、火はまもなく消し止められましたが、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、現場は一番近くの民家から100メートルほど離れていて昼間の人通りもほとんどなく、軽乗用車は林道の中央に停車していたということです。
 警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに、自殺と事件の両面で、出火の原因などを詳しく調べています。(07日01:24)http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2413825.html

| コメント (0)

【和歌山小5殺害】近所の22歳男を殺人容疑で逮捕(7日)産経

和歌山県紀の川市の市立名手(なて)小5年、森田都史(とし)君(11)が刺殺された事件で、県警岩出署捜査本部は7日未明、近所に住む中村桜洲(なかむら・おうしゅう)容疑者(22)を殺人の疑いで逮捕した。
 中村容疑者の自宅は、殺害現場の空き地から北西に70メートル、森田君の自宅からも110メートルほどしか離れていなかった。
 事件は5日午後4時20分ごろ発生した。和歌山県紀の川市後田(しれだ)の空き地で、森田君があおむけで血を流して倒れているのが見つかった。
 司法解剖の結果、死因は心臓を刺されたことによる失血死で、傷は右胸から斜めに入り、心臓を貫通していた。ほぼ即死だったとみられる。頭頂部のやや右には筋状の傷が並行するように2本あり、頭の骨が割れていた。両腕にも複数の傷があり、全体の傷の数は約10カ所に上った。傷の状況から凶器は複数で、おのやなたのような鋭利で重い刃物が使われたとみられる。
 捜査本部は6日夕、自宅にいた中村容疑者に任意同行を求め、調べを続けてきた。また、6日午後11時すぎから中村容疑者の自宅の家宅捜索を行った。
 森田君は5日午後2時半ごろに下校した。自宅にランドセルをおいて外出した後で、事件に巻き込まれたとみられる。

| コメント (0)

« 2015年2月6日 | トップページ | 2015年2月8日 »