« 女性の口元に“唾液” 暴行容疑で16歳少年逮捕(26日)TBS | トップページ | 不法就労:中国実習生への助長容疑 支店長代理ら2人逮捕(26日)毎日 »

2015年1月26日 (月)

「女子生徒から依頼受け殺害」36歳被告が主張(26日)読売

東京都八王子市で昨年2月、神奈川県立高校2年の女子生徒(当時17歳)が交際相手に刺殺された事件で、殺人罪などに問われた住所不定、無職中田義雄被告(36)の裁判員裁判の初公判が26日、東京地裁立川支部(倉沢千巌裁判長)であった。
 中田被告は罪状認否で「殺害したのは事実だが、(女子生徒から)依頼を受けて殺害した」と述べ、弁護側は殺人罪ではなく、嘱託殺人罪の成立を主張した。
 検察側は冒頭陳述で、進学を希望するなど、女子生徒に将来の計画があったことを挙げ、「(殺害を)依頼したことはない」と指摘。「隠していた借金が女子生徒にばれて愛想を尽かされると思い殺害に及んだ」と主張した。
 弁護側は「女子生徒は両親に交際を反対されたことや友人関係、進路の悩みなどを抱えており、被告に殺すよう依頼した。中田被告は女子生徒を殺害後に死のうとしたが、怖くなって交番に出頭した」と述べた。

2015年01月26日 19時57分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 女性の口元に“唾液” 暴行容疑で16歳少年逮捕(26日)TBS | トップページ | 不法就労:中国実習生への助長容疑 支店長代理ら2人逮捕(26日)毎日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性の口元に“唾液” 暴行容疑で16歳少年逮捕(26日)TBS | トップページ | 不法就労:中国実習生への助長容疑 支店長代理ら2人逮捕(26日)毎日 »