« ネコ数千匹、食用に中国から密輸か ベトナムで摘発(31日)朝日 | トップページ | 土砂崩れ橋落下、2人心肺停止 浜松・天竜の国道473号(31日)共同 »

2015年1月31日 (土)

「事件処理が面倒」野焼き見逃した警官書類送検(31日)読売

解体業者が廃材を野焼きした事件を見逃したうえ、上司に虚偽報告したとして、兵庫県警は30日、神戸西署の男性巡査部長(56)を犯人隠避、証拠隠滅両容疑で書類送検し、停職1か月の懲戒処分とした。巡査部長は「早く帰宅したかったので、ウソをついた」などと容疑を認めているという。
 発表では、巡査部長は昨年6月21日、住民からの「廃材を燃やしている」との通報で到着した神戸市西区の資材置き場で、解体業者が約2・4トンを野焼きしているのを発見。事件対応しなければならないのに、上司に「枯れ木を焼いていた」と虚偽報告した。さらに、落ちていた枝に火をつけ、同行していた男性巡査(28)に撮影させて現場写真を捏造した疑い。
 この巡査が上司に報告して発覚。巡査部長は「事件処理が面倒だった。枯れ木なら警告で済むと思った」と説明、この日、依願退職した。県警は、解体業者も廃棄物処理法違反(焼却禁止)容疑で書類送検した。

2015年01月31日 12時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
 

« ネコ数千匹、食用に中国から密輸か ベトナムで摘発(31日)朝日 | トップページ | 土砂崩れ橋落下、2人心肺停止 浜松・天竜の国道473号(31日)共同 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネコ数千匹、食用に中国から密輸か ベトナムで摘発(31日)朝日 | トップページ | 土砂崩れ橋落下、2人心肺停止 浜松・天竜の国道473号(31日)共同 »