« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 飲酒ひき逃げ事件:危険運転致死傷適用でも悲しみ減らない(24日)毎日 »

2015年1月24日 (土)

人質事件配慮?テレ朝音楽番組で曲目や歌詞変更(24日)読売

テレビ朝日系で23日夜に放送された音楽番組「ミュージックステーション」で、二組のアーティストが曲目や歌詞の一部を変えて演奏していたことが分かった。「イスラム国」の関与が疑われる日本人人質事件に配慮したと見られる。
 男性グループ「KAT―TUN」が、新曲「Dead or Alive」を「WHITE LOVERS」に変更。ロックバンド「凛として時雨は」、「Who What Who What」の歌詞「血だらけの自由」を「幻の自由」に「諸刃のナイフ」を「諸刃のフェイク」に変えた。
 テレビ朝日広報部は「アーティスト側と昨今の状況を鑑み、協議した結果」としている。2015年01月24日 20時33分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 飲酒ひき逃げ事件:危険運転致死傷適用でも悲しみ減らない(24日)毎日 »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 飲酒ひき逃げ事件:危険運転致死傷適用でも悲しみ減らない(24日)毎日 »