« 長崎では菓子パンから針 業務妨害容疑で捜査(20日)産経 | トップページ | 万引き動画26本 すべてが偽装か…逮捕の19歳少年(20日)テレビ朝日 »

2015年1月20日 (火)

愛知県警、窃盗団壊滅へ捜査班 ワースト返上へ本腰 (20日)日経

侵入盗、自動車盗とも全国ワースト1の愛知県。組織的な窃盗グループに対処するため、県警は今月、約220人の捜査チームを発足させた。窃盗事件を担当する刑事部だけでなく、交通や防犯などを担う部門からも捜査員を投入。それぞれの得意分野を生かしながら捜査に当たり、窃盗団の壊滅を目指す。
 県警は14日、安城市内の建設会社の資材置き場から油圧ショベル1台(約775万円相当)を盗んだなどとして、ベトナム国籍の男3人を窃盗容疑で逮捕。盗難車は解体され、横浜港からベトナムに輸出されていたという。今月発足した「組織窃盗グループ壊滅プロジェクト」による摘発第1号だ。
 プロジェクトチームは窃盗事件を担当する刑事部の捜査3課のほか、暴力団捜査を手掛ける捜査4課、生活安全部や交通部、組織犯罪対策局などから捜査員を招集。40人規模だった窃盗団の捜査チームの人員を約220人に拡大させた。
 県内には、窃盗団が10グループほどあるとみられ、チーム発足により「それぞれに捜査班を割り当てることができ、実態解明を進められる」(捜査幹部)という。
 捜査体制を強化した背景には、愛知の窃盗事件が全国最悪の水準で推移していることがある。住宅を狙った侵入盗の認知件数は昨年1年間で9085件(暫定値)と8年連続でワースト1。被害額は42億円(同)と全国の16%を占めた。自動車盗の認知件数も2724件(同)と2年ぶりに全国ワースト1を記録した。
 愛知県の被害が多い理由について、ある捜査幹部は「東京や大阪などに比べて防犯カメラが比較的少ないうえ、道路が広く車両で逃走しやすいため」と分析する。
 窃盗の犯人像も変化。これまで単独犯が多かったが、近年は組織化が進む。「見張り役と実行役に分かれるなど複数人で役割分担して短時間で犯行を終えるうえ、盗難車を使うため足が付きにくい」と別の捜査幹部は明かす。
 昨年6月までに愛知県警が逮捕したグループは、20~50代の計13人で組織され、高級住宅狙いの盗みを2年間でおよそ600件繰り返していた。この事件では、捜査の開始から終結まで2年ほどかかった。「どこかのグループを摘発しても、また新たな組織が生まれてくる」(幹部)という。
 発足式で木岡保雅本部長は「組織窃盗グループを検挙していくことが喫緊の課題だ。愛知県警察の総力をあげ、捜査を推進する」と述べた。http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD13H3M_Z10C15A1CN8000/

« 長崎では菓子パンから針 業務妨害容疑で捜査(20日)産経 | トップページ | 万引き動画26本 すべてが偽装か…逮捕の19歳少年(20日)テレビ朝日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎では菓子パンから針 業務妨害容疑で捜査(20日)産経 | トップページ | 万引き動画26本 すべてが偽装か…逮捕の19歳少年(20日)テレビ朝日 »