« オウム高橋被告:裁判員6人を選任 辞退相次ぐ(8日)毎日 | トップページ | 危険ドラッグ対策に3億円=補正予算に計上へ-財務省・税関(8日)時事 »

2015年1月 8日 (木)

山口組組長らを損賠提訴、みかじめ料返還など(8日)読売

山口組系暴力団に長年にわたって多額のみかじめ料を支払わされたとして、愛知県豊橋市内で飲食店を経営していた男性が8日、山口組の篠田建市組長(72)や傘下の組長ら3人を相手取り、計約3220万円の損害賠償を求める訴訟を名古屋地裁豊橋支部に起こした。
 2008年の暴力団対策法改正でみかじめ料徴収や恐喝で指定暴力団トップに賠償責任を負わせる規定が設けられた。弁護団によると、みかじめ料徴収を巡って指定暴力団トップの使用者責任を問う訴訟は、名古屋市の元飲食店経営者の女性が13年7月、篠田組長らを相手取り名古屋地裁に提訴(係争中)して以来、2例目という。
 訴状では、原告男性は08年1月~12年12月に計約2420万円のみかじめ料を支払ったとして、返還と慰謝料などを求めている。
 弁護団によると、男性は豊橋市を拠点とする山口組系暴力団に、10年以上前からみかじめ料の支払いを強要されたとしている。提訴された被告の1人は、男性から12年12月に50万円のみかじめ料を脅し取ったとして、愛知県警に恐喝容疑で逮捕され、有罪判決が確定したという。

2015年01月08日 20時02分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

« オウム高橋被告:裁判員6人を選任 辞退相次ぐ(8日)毎日 | トップページ | 危険ドラッグ対策に3億円=補正予算に計上へ-財務省・税関(8日)時事 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オウム高橋被告:裁判員6人を選任 辞退相次ぐ(8日)毎日 | トップページ | 危険ドラッグ対策に3億円=補正予算に計上へ-財務省・税関(8日)時事 »