« 女児2人が自爆か ナイジェリアで2日連続 (12日)日経 | トップページ | パトカー衝突:パチンコ店外壁、追跡中曲がりきれず 岐阜(12日)毎日 »

2015年1月12日 (月)

犠牲の警官はイスラム教徒 対テロ、連帯の機運と憎悪と(12日)朝日

 イスラム過激派のテロに揺れたフランスの首都パリに11日、連帯を掲げて各国首脳らと多くの市民が集まった。仏社会では、言論の自由を守って凶弾に倒れた警官や、ユダヤ系食材スーパーで客を助けた店員もイスラム教徒だったことに、注目が集まっている。テロの憎悪と暴力を乗り越えることはできるのか――。

 12人が殺害され、連続テロの最初となった仏週刊紙「シャルリー・エブド」への襲撃事件で、容疑者が逃走しようとした際に射殺された警察官、アフメド・メラベさん(40)を、言論の自由を守った英雄として称賛する声が広がっている。
 勤務していたパリ11区の警察署前では、献花に訪れる人が後を絶たない。週刊紙への連帯を表明するスローガン「私はシャルリー」に対比させ、ツイッターなどで「私はアフメド」と掲げる人も相次いでいる。

« 女児2人が自爆か ナイジェリアで2日連続 (12日)日経 | トップページ | パトカー衝突:パチンコ店外壁、追跡中曲がりきれず 岐阜(12日)毎日 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女児2人が自爆か ナイジェリアで2日連続 (12日)日経 | トップページ | パトカー衝突:パチンコ店外壁、追跡中曲がりきれず 岐阜(12日)毎日 »