« 警察庁の金高新長官 「テロに断固たる措置」(23日)NHK | トップページ | 転倒したバイクを後続車ひき逃げ、男性死亡 (23日)TBS »

2015年1月23日 (金)

「賭博店賃料は犯罪収益」 全国初の摘発(23日)NHK

新宿・歌舞伎町のビルの1室を賭博店と知りながら貸し、犯罪収益の一部を賃料として受け取ったとして、ビルの所有者が組織犯罪処罰法違反の疑いで警視庁に逮捕されました。
賭博店の部屋の賃料が、犯罪収益に当たるとしてビルの所有者が摘発されたのは全国で初めてです。

逮捕されたのは、新宿区の不動産会社の実質的経営者、櫻井哲人容疑者(38)ら2人です。
警視庁の調べによりますと、2人は会社が所有するビルの3階の1室を去年10月までの6か月の間、賭博店と知りながら貸し、犯罪収益の一部およそ370万円を賃料として受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反の疑いが持たれています。
この部屋には、ロボットがディーラー役をして「バカラ賭博」を行う「アトム」という店が入り、警視庁が去年11月に摘発しましたが、櫻井容疑者らが賭博店と知りながら、部屋を貸していた疑いが強まったということです。
警視庁は賭博店の疑いがあるとして契約を解除するよう、おととし、警告していましたが、そのまま放置されていたということで、調べに対し、2人は容疑を認めているということです。
賭博店が入る部屋の賃料が、犯罪収益に当たるとしてビルの所有者が摘発されたのは全国で初めてです。

News_pic1_3http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150123/k10014911261000.html

« 警察庁の金高新長官 「テロに断固たる措置」(23日)NHK | トップページ | 転倒したバイクを後続車ひき逃げ、男性死亡 (23日)TBS »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 警察庁の金高新長官 「テロに断固たる措置」(23日)NHK | トップページ | 転倒したバイクを後続車ひき逃げ、男性死亡 (23日)TBS »